• 未鑑定
  • 江戸時代 後期

てつえびちゃうるしぬりつばくろぼお

鉄海老茶漆塗燕頬

鉄海老茶漆塗燕頬

面頬は、丁寧な仕立ての「燕頬」(つばくろぼお)です。燕頬とは、顎(あご)から両頬を覆う形状の半頬(はんぼお:顎から頬を覆う面頬)で、燕(つばめ)が飛んでいる姿に似ていることから名付けられました。

頬には、緒便り(おだより:頬や顎下にあり、兜の緒を締めて固定するときに使う部分)の折釘(おりくぎ:L字状に折れた形状の釘)を打ち、顎下には鋲(びょう)を1点打っています。面の裏は朱漆塗(しゅうるしぬり)。

(たれ:首元を防護する部分)は鉄黒漆塗切付小札四段(てつくろうるしぬりきりつけこざねよんだん)を紺糸毛引威紺糸一段菱綴(こんいとけびきおどしこんいといちだんひしとじ)とした構造。

状態が良く、垂の大きさも十分な存在感のある半頬と言えます。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 後期
甲冑種別 甲冑種別
面頬
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄海老茶漆塗燕頬」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード