• 未鑑定
  • 江戸時代 初期

てつくろうるしぬりかざおりえぼしなりかぶと

鉄黒漆塗風折烏帽子形兜 - 刀剣ワールド

鉄黒漆塗風折烏帽子形兜

「鉄黒漆塗風折烏帽子形兜」(てつくろうるしぬりかざおりえぼしなりかぶと)は、男性の被り物である烏帽子(えぼし)をかたどった烏帽子形兜(えぼしなりかぶと)の一種、風折烏帽子形兜(かざおりえぼしなりかぶと)。

鉄板を鋲(びょう)で留め合わせた兜鉢(かぶとのはち)の左側には横一筋の段差が入り、左折りの風折烏帽子が表わされます。烏帽子形兜において、頂部の立ち上がる引立烏帽子形兜(ひきたてえぼしなりかぶと)が一般的ななかでは珍しい様式です。

風折烏帽子は、立烏帽子の頂部が折れた様子が形式化した物。正面向かって左に倒れた右折りは上皇のみが使用でき、折りの向きが身分で異なりました。

烏帽子形兜は室町時代末期に登場し、上杉謙信所用の風折烏帽子形兜(上杉神社蔵)がその初期例。安土桃山時代には、加藤清正所用の長烏帽子形兜(徳川美術館蔵)や前田利家所用の熨斗烏帽子形兜(前田育徳会蔵)など、特に大型の烏帽子形兜が数多の武将の間で流行しました。

戦乱が激しくなった時期の兜には、需要にこたえるため量産しやすい構造と、敵の攻撃に対する防御性に加えて、集団内で自分の存在を主張しようと目立ったデザインも盛り込まれました。

関ヶ原の戦い」や「大坂の陣」などの実戦が行われていた時期に近い、江戸時代初期に作られた本兜は、それらをバランス良く備えた作品です。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
未鑑定
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 初期
甲冑種別 甲冑種別
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔東建コーポレーション〕
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗風折烏帽子形兜」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード