• 重要文化資料
  • 室町時代

あいかわおどしむねはくこうはくいとおどしはらまき

藍韋威胸白紅白糸威腹巻

藍韋威胸白紅白糸威腹巻

「藍韋威胸白紅白糸威腹巻」(あいかわおどしむねはくこうはくいとおどしはらまき)は、室町時代中期に制作されました。

この「腹巻」とは南北朝時代頃から流行し、動きやすく軽量なことから徒歩戦などに適した鎧です。足元の躍動感を考慮し、草摺(くさずり)の枚数がそれ以前までの5間から7間へ定着。本甲冑(鎧兜)も7間となっています。

本甲冑(鎧兜)にある「藍韋威」は、の腹回りを覆う長側(なががわ)3段と草摺2段の配色のことです。さらに経年により色は分かりにくくなっていますが、胴の胸部にあたる「立挙」(たてあげ)が上から「白・紅・白」の配色で「胸白紅白糸威」となっています。

そして、胴の上部を装飾する金属板である八双金物(はっそうかなもの)は、「魚子地唐草」の毛彫(金属面に毛のような細線を彫ること)がされています。

室町時代当時の鎧は大変利便性が高く流行したと伝わりますが、その殆どが現代に至るまでに消失してしまいました。そのため、本甲冑(鎧兜)のように現存品があるのは非常に稀なことです。

甲冑詳細情報

鑑定区分 鑑定区分
重要文化資料
推定制作時代 推定制作
時代
室町時代
甲冑種別 甲冑種別
腹巻
代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
展示施設 展示施設
-

刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真/画像」の詳細ページです。
こちらでは、「藍韋威胸白紅白糸威腹巻」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真/画像」をご活用下さい。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、刀剣にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。刀剣に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード