一覧に戻る
  • 胴丸
  • 江戸時代 中期

むらさきいとすそこんおどしどうまる

紫糸裾紺威胴丸

紫糸裾紺威胴丸

当具足は常陸国牛久藩(ひたちのくにうしくはん)山口家に伝来した鎧です。山口家は戦国時代に西国最強と言われた大内家の系統で大内義弘(おおうちよしひろ)の次男・大内持盛(おおうちもちもり)を祖とします。
当具足は江戸時代の復古調の胴丸鎧で、丁寧に制作されています。やや目の細かい黒漆塗り革本小札(かわほんこざね)を用いて制作され、兜・鎧・袖を紫糸で威し、裾板のみ紺糸で威しています。要所に大内菱紋の裾文金具(すそもんかなぐ)が配置されています。

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
牛久藩山口家伝来
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
胴丸
展示施設 展示施設
-

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真」の詳細ページです。
こちらでは、「紫糸裾紺威胴丸」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る