• 当世具足
  • 江戸時代 初期

てつしゅうるしぬりほんこざねにまいどうぐそく

鉄朱漆塗本小札二枚胴具足

本甲冑(鎧兜)は尾張徳川家の附家老(つけがろう)を務めた初代犬山城主の成瀬正成(なるせまさなり)所用と伝わる甲冑(鎧兜)です。
春田勝定(はるたかつさだ)在銘作である鉄黒漆六十二間小星兜(鉄黒漆ろくじゅうにけんこぼしかぶと)には酢漿草紋(かたばみもん)が入った前立と朱漆塗りの長大な脇立が付いており、迫力があります。
祇園守紋(ぎおんまもりもん)の金銅(こんどう:銅や青銅に金めっきした物)裾紋(すそもん)が随所に配され、酢漿草紋を彫った鞐(こばせ:爪形の留め具)が付いています。本甲冑(鎧兜)の漆の仕立てには目を見張るものがあります。

鉄朱漆塗本小札二枚胴具足

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
成瀬正成
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 初期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
展示施設 展示施設
-

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄朱漆塗本小札二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る