• 当世具足
  • 江戸時代

てつくろうるしぬりむなとりおけがわいろいろおどしにまいどうぐそく

鉄黒漆塗胸取桶側色々縅二枚胴具足

本甲冑(鎧兜)のに見られる紋柄縅(もんがらおどし:紋様を形作った縅)は桃山時代に始まり、江戸初期に開花した芸術性の高い装飾です。

しかし複雑な意匠の紋は高度な技術が必要であり、作られることが稀でした。そのため、この桔梗紋(ききょうもん)は労作であると言えます。

一方、錣(しころ)に見る敷目縅(しきめおどし:市松模様に構成した縅)は平安期の戦を伝える絵巻物の中にすでに見ることができ、各時代の粋と有職の意識を感じさせる当世具足です。

鉄黒漆塗胸取桶側色々縅二枚胴具足

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
展示施設 展示施設
刀剣コレクション
名古屋・丸の内
(東建本社)

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真」の詳細ページです。
こちらでは、「鉄黒漆塗胸取桶側色々縅二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る