• 当世具足
  • 江戸時代 中期

きんきりつけざねくれないいとおどしだんがえにまいどうぐそく

金切付札紅糸縅段替二枚胴具足

本甲冑(鎧兜)は、全体を金小札紅糸毛引縅(きんこざねくれないいとけびきおどし)とした華やかな甲冑(鎧兜)です。仕立ても丁寧であるため上級武士が着用した甲冑(鎧兜)と考えられます。また草摺裾板(くさずりすそいた)の猪目透(いのめすかし:猪の目を模した透し)や縄目覆輪(なわめふくりん:鑢目[やすりめ]が深い縁取り)の手法から加賀地方で製作された可能性があります。
は鉄錆地六十二間筋兜(てつさびじろくじゅうにけんすじかぶと)に金箔押切付小札紅糸縅五段の錣(きんぱくおしきりつけこざねくれないいとおどしごだんのしころ)が付いており、吹返の金物には「丸に軍配紋」が入っています。

金切付札紅糸縅段替二枚胴具足

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
-
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代 中期
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
展示施設 展示施設
刀剣コレクション
名古屋・丸の内
(東建本社)

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真」の詳細ページです。
こちらでは、「金切付札紅糸縅段替二枚胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る