• 当世具足
  • 江戸時代

てつくろうるしぬりむなどりぐのめがしらおけがわにまいどうぐそく

鉄黒漆塗り胸取り互の目頭桶側二枚胴具足

本甲冑(鎧兜)の兜は、鉄錆地六十二間筋兜(てつさびじろくじゅうにけんすじかぶと)です。
奈良菊の毛彫(けぼり:金属板に線を彫る技法)を多用した鍬形台(くわがただい)と眉庇(まびさし)の梶の葉の象嵌(ぞうがん)は、格調が高く、吹返(ふきかえし)は、正平革(しょうへいがわ)や菖蒲革(しょうぶがわ)といった染め革を用いた蛇腹伏せ(じゃばらぶせ:縁の縫い方のひとつ)になっています。
また、胴本体の一部には、本小札(ほんこざね)も用いられており、いわゆる「揃いの三具」と言われる、籠手(こて)、臑当(すねあて)、佩楯(はいだて)といった小具足類には、欠点が見当たりません。そして、甲冑(鎧兜)を収納しておく鎧櫃(よろいびつ)は、江戸時代前期に制作された物であることが窺えます。

鉄黒漆塗り胸取り互の目頭桶側二枚胴具足

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
- 推定制作時代 推定制作時代 江戸時代
甲冑種別 甲冑種別 当世具足 展示施設 展示施設 刀剣コレクションルーム
名古屋・丸の内
(東建本社)
伝来 伝来 -
推定制作時代 推定制作時代 江戸時代
甲冑種別 甲冑種別 当世具足
展示施設 展示施設 刀剣コレクションルーム名古屋・丸の内(東建本社)

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真検索」の詳細ページです。こちらでは、「鉄黒漆塗り胸取り互の目頭桶側二枚胴具足」についてご紹介。甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真検索」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る