• 当世具足
  • 江戸時代

こううのはなきんこざねたがいおどしおおそでぐそく

紅卯の花金小札違縅大袖具足

当鎧の筋兜は、南北朝~室町時代に用いられた形式です。
各筋は金覆輪(きんぷくりん)で作られ、前立(まえだて)は龍を用いた豪華な大名兜であり、吹返には桑名藩本多家の「立葵紋」が入っています。
鎧の各部には「卯の花(黄みがかった白)」「小桜(淡紅色)」の縅糸が使用され、小札は金色に統一。華麗で防御力が高い当大袖鎧は上級大名の着用鎧としての風格を備えています。

紅卯の花金小札違縅大袖具足

詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
本多家伝来 推定制作時代 推定制作時代 江戸時代
甲冑種別 甲冑種別 当世具足 展示施設 展示施設 刀剣コレクションルーム名古屋・丸の内
伝来 伝来 本多家伝来
推定制作時代 推定制作時代 江戸時代
甲冑種別 甲冑種別 当世具足
展示施設 展示施設 刀剣コレクションルーム名古屋・丸の内

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑検索」の詳細ページです。こちらでは、「紅卯の花金小札違縅大袖具足」についてご紹介。甲冑の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑がありましたら、「甲冑検索」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る