• 当世具足
  • 江戸時代

なんばんどうぐそく

南蛮胴具足

当具足は袖や兜の吹返(ふきかえし)に小笠原氏の家紋である「三階菱」があしらわれています。
兜の前立には「八幡大菩薩」の文字、庇には龍の打出しが施された重厚なつくりです。南蛮胴はその珍しさから徳川家康なども愛用しましたが重量が重く高価であったため、希少です。
この具足は明珍派の技術を結集して作られた明珍派を代表する最上作です。

南蛮胴具足

甲冑詳細情報

代表的な所蔵・伝来 代表的な
所蔵・伝来
小笠原家伝来
推定制作時代 推定制作
時代
江戸時代
甲冑種別 甲冑種別
当世具足
展示施設 展示施設
刀剣コレクションルーム
名古屋・丸の内
(東建本社)

南蛮胴具足の動画

南蛮胴具足

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「甲冑(鎧兜)写真」の詳細ページです。
こちらでは、「南蛮胴具足」についてご紹介。
甲冑(鎧兜)の特徴の他にも、制作された時代や代表的な所蔵・伝来といった詳細情報、写真・動画もご覧頂けます。あなたが知らない情報は手に入れられましたか?他にも気になる甲冑(鎧兜)がありましたら、「甲冑(鎧兜)写真」をご活用下さい。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る