バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の「現代に残る武士の風習」では、明治時代に身分が廃止されたにもかかわらず、現代に息づく武士の風習についてご紹介。武道や言葉、建築、マナーなどに、武士がどのように関係しているかを解説しています。

武士の風習と日本文化のルーツ

日本の文化は「侘び寂びの文化」などと称されて、世界中から注目されています。そんな日本の文化のルーツはどこにあるのか、武士の風習という観点から探ってみましょう。

平安時代の武将である源為朝、剣豪の宮本武蔵、新撰組隊士の斉藤一など、左利きだと言われている歴史的人物は何人もいますが、武家社会において左利きであることはご法度でした。なぜ、左利きは敬遠されたのでしょうか。左利きの武士を右利きに矯正するほど厳しい、武士の習慣についてご紹介します。
詳細はこちら
切腹とは、自らの腹を切るという武士の自害方法のこと。室町時代には、切腹という行為のなかに美学や忠義、誇りといった気高い精神を見出していたのです。実際に、切腹することで後世に名を残した歴史的人物は何人もいました。外国人には理解されない切腹について、ご紹介致します。
詳細はこちら
昔、包丁は刀工によって製造されていました。刀工が日本刀(刀剣)作りのノウハウを包丁作りに活かしたことにより、包丁の切れ味は洗練されていきます。そして現在、包丁は「日本刀より切れるのではないか」と言われるほどになりました。そんな包丁の歴史や、和包丁と西洋包丁の比較などをご紹介します。
詳細はこちら
武士の仕事と聞いて何を思い浮かべますか?日本刀(刀剣)を振るう武士は、合戦の主役と呼べる存在でした。しかし、江戸時代になり合戦がなくなったとき、武士はどのような仕事をしていたのでしょうか。また、仕事は忙しかったのでしょうか?江戸時代の武士の仕事について解説します。
詳細はこちら
結婚式で行なわれる三三九度。新郎新婦がそれぞれ、盃に注がれたお神酒を計9回、口にする儀式です。新郎新婦は儀式を通じて、先祖に感謝したり、夫婦の絆を固めたり、子孫繁栄を願ったりします。そんな三三九度のルーツや、今と昔の違いをご覧下さい。
詳細はこちら

武道に見る武士の文化

剣道や弓道、相撲、居合道など、日本から発祥したスポーツ・武道があります。こうしたスポーツ・武道の「起源」や「ルールの一部」から、武士の文化のかかわりをご紹介します。

武士の嗜みであった剣術を競技化した剣道。剣道の防具は、武士が身に付けていた甲冑(鎧兜)、籠手、草摺(くさずり:大腿部を守るための防具)から着想を得て、考案されました。そのため、剣道の防具である面、甲手、胴、垂を身に着けた競技者と甲冑(鎧兜)などの武具を装備した武士は、たたずまいが似ているのです。そんな剣道の防具にまつわる話をご紹介します。
詳細はこちら
剣道では竹刀に敬意を持つことが大事とされ、敬意を払わない行為は試合で反則となります。試合中に竹刀を手から落とすことも反則行為のひとつ。武士道では日本刀(刀剣)を自らの魂と同等の物としていたので、日本刀(刀剣)の代わりである竹刀を落とすことは、日本刀(刀剣)、つまり武士の魂に対しても失礼にあたるのです。そんな敬意を重んじる剣道についてご紹介します。
詳細はこちら
目上の人から話を聞くときや精神統一をするときなど、気持ちを引き締めるときの最適な座り方「正座」。江戸時代、武士が将軍に拝謁する際も座り方は正座でした。武士は正座をすることにより、忠誠心を示したのです。そんな正座の由来と、武士と正座の関係などについてご紹介します。
詳細はこちら
大相撲の起源と武士

大相撲の起源と武士

近日公開
弓を使う2つの競技、弓道とアーチェリー。どちらも矢を放って的を射るという共通点はあるものの、方向性がそれぞれ異なるのはご存知でしたか?実は、弓道は矢を平常心で射ることで精神力を養う武道として、アーチェリーは的を正確に射抜く技術を競うスポーツとして、発展しているのです。こちらでは弓道の起源についてご紹介します。
詳細はこちら
日本の伝統的な2つの武道、流鏑馬(やぶさめ)と居合道。流鏑馬とは、疾走する馬の上から矢を的に射る武道のことで、居合道とは、抜刀する技術を磨く武道のことです。どちらも武士の嗜みとして盛んに行なわれていました。そんな流鏑馬と居合道の成り立ちについてご紹介します。
詳細はこちら
  • 高校剣道日本一を決定する「玉竜旗高校剣道大会」について紹介します。
    高校剣道日本一を決定する「玉竜旗高校剣道大会」について紹介します。
  • 柔道チャンネル
    大会速報、選手紹介、柔道の歴史、豆知識など、柔道の情報を発信しています。

武士に関する言葉の語源

ことわざ・四字熟語のなかには、武士の風習が語源になっているものも少なくありません。例えば「大盤振舞」という言葉には、武士の風習が関係しているのです。武士に関することわざ、語源をご紹介します。

痩せ我慢を意味することわざ「武士は食わねど高楊枝」。その由来は、「誇り高い武士はどんなに貧しくても、腹いっぱい食べたかのように楊枝を使って見栄を張らなければいけなかった」ことにあります。このように、武士に関連することわざのなかには、武士の苦労話を由来にしているものが少なくないのです。そんな武士が含まれることわざについてご紹介します。
詳細はこちら
気前よくご馳走したり、高価な物を与えたりするという意味の「大盤振舞」。実はもともと「椀飯振舞」という語源から生まれたのはご存知でしたか?「椀飯」とは、ご飯と副食物にお酒を添えた簡単な食事のことや、御家人が太刀や馬を献上して将軍をもてなすことを指します。どのような歴史を経て、椀飯振舞が大盤振舞となったのか。大盤振舞という言葉について、掘り下げていきます。
詳細はこちら
戦国武将が残した名言は、現在でも人々の胸を打ちます。例えば、「人は城、人は石垣、人は掘り、情けは味方、仇は敵なり」という武田信玄の名言。これは「民こそ国の宝である」という武田信玄の思想をよく表した言葉です。そんな戦国武将の残した数々の名言と、名言から読み取れる武将達の思想をご紹介します。
詳細はこちら
丸坊主にすることを「頭を丸める」と言います。現在、頭を丸めるという言い回しには、丸坊主にして反省の意を示すという意味が含まれていますが、昔は違いました。頭を丸めるとは、剃髪して出家することを指していたのです。頭を丸めるという言い回しに込められた複数の意味を解説します。
詳細はこちら
室町時代、「御伽草子」と呼ばれる短編物語の数々が流行しました。例えば、源頼光の鬼退治を描いた「酒呑童子」や藤原秀郷の武勇伝「俵藤太物語」などです。啓蒙的な物語を含む御伽草子は、武士を教育する役割を持っていました。そんな御伽草子をはじめとした昔の文学についてご紹介していきます。
詳細はこちら

武家屋敷と日本の建築文化

長い歴史のなかで寝殿造りや数奇屋造りなど、日本独特の建築文化が確立されました。日本の建築文化と関係する武士の風習をご紹介します。

室町時代、武士は書院造の屋敷に住むようになりました。書院造とは、床の間、違棚(ちがいだな)などの座敷飾りを備えた住宅様式のこと。書院造の建物として有名なのは、徳川家康が築いた京都の「二条城二の丸御殿」です。大名は豪勢な書院造の建物を築いて権勢を示しました。そんな武士と大名が愛した書院造についてご紹介します。
詳細はこちら
和の文化を象徴する畳。日本人にはお馴染みの畳ですが、実は並び方によって部屋の意味が変わるのはご存知でしたか?例えば、「卍敷き」と呼ばれる並び方があります。この敷き方は「武士が切腹する部屋」という意味になるのです。並び方で変わる部屋の縁起や畳部屋のはじまりについてご紹介していきます。
詳細はこちら
部屋の仕切りとしての役割を持つ「襖障子」。実は武士にとって、権力の象徴としての役割も持っていたのはご存知でしたか?織田信長や徳川家康などの武将は、城の襖障子に豪華な装飾を施して、権勢を示していたのです。そんな権力の象徴であった襖障子の歴史や描かれていた障壁画についてご紹介していきます。
詳細はこちら
床より一段高くなっている和室の一角「床の間」。一般的には、花瓶や掛け軸を飾る場所ですが、武士の間では、格の高い者が座る場所とされていました。そんな床の間の今と昔の違いや武家との関係を、床の間の歴史と共にご紹介していきます。
詳細はこちら
元々日本の建物には、天井がありませんでした(仏堂などの例外は除く)。天井を張る文化が発祥したのは、武士達に書院造の屋敷が普及した室町時代です。それから長いときを経た現在、天井は日本人の生活には欠かせない家屋の一部となりました。そんな天井の歴史を武士とのかかわりと合わせてご紹介していきます。
詳細はこちら

武士と日本のマナー

「出社前に髭を剃る」など、日常生活のなかには、様々なマナーがあります。こうしたマナーに関係の深い武士の風習をご紹介します。

武家茶道の所作一覧

武家茶道の所作一覧

近日公開
客人として招かれた際、座布団は家の人に勧められてから座るのがマナーなのはご存知でしたか。勧められる前に座ってしまうと、「家の人よりも自分の方が格上」という意志表示になり失礼にあたるためです。そんな座布団のマナーの根底にあるのが、格を重んじる武士道の精神。ここでは座布団と武士の関係性についてご紹介していきます。
詳細はこちら
畳の長辺に縫い込まれた布の部分を「縁」(へり)と言います。畳の上を歩くとき、縁を踏むことは昔から御法度とされてきました。「縁を踏むと畳が傷みやすい」というのも理由のひとつですが、実は他にも様々な理由があるのです。なぜ畳の縁を踏んではいけないのか、畳のマナーについて解説していきます。
詳細はこちら
家紋とは、家の格式や権威を表す印のことです。武士が合戦に使った甲冑(鎧兜)や日本刀(刀剣)、幟(のぼり)などに刻印されていました。徳川家の「三つ葉葵」や真田家の「六文銭」は、歴史好きにとってお馴染みの家紋なのではないでしょうか。そんな家紋の起源や「10大家紋」についてご紹介していきます。
詳細はこちら
戦国時代、髭は勇猛さの象徴とされ、戦国武将はこぞって立派な髭を蓄えました。しかし、現代では髭を剃ることがマナーとされています。髭は時代の流れと共に良い物とされたり、悪い物とされたり立場を変えてきたのです。そんな髭にまつわる文化がどのような変遷をたどってきたのか、また現代社会の髭事情なども解説しています。
詳細はこちら
五月人形・鯉のぼり

五月人形・鯉のぼり

近日公開
元服(武家男子の成人式)

元服(武家男子の成人式)

近日公開
現在の日本では変化しつつある「年長者が偉い」という年功序列の文化。昔から日本人は上下関係を重んじており、江戸時代には、武士が最も身分が高い士農工商の身分制度がありました。上下関係を重んじる日本人の意識は、なぜ普及したのでしょうか。昔の身分制度の話題を交えて解説していきます。
詳細はこちら
海外の一般的な挨拶は「握手」ですが、日本の一般的な挨拶は「お辞儀」です。日本に握手の文化が入ってきたのは幕末から明治にかけてと言われていますが、なぜ日本では握手が定着していないのでしょうか?握手の歴史や現代で握手を行なうケースなどを解説し、握手の文化と日本の関係性について掘り下げていきます。
詳細はこちら

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「現代に残る武士の風習」のページです。
武士の社会にも、当然ながら風習がありました。武士という身分が廃止された明治時代から100年以上のときを経た現在、武士の風習がどのような形で残っているかをご紹介します。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る