刀の歴史は大変古く、日本神話に出てくる三種の神器のひとつ「草薙劒」や、1300年余り続く伊勢神宮最大のお祭り「式年遷宮」の儀式で大御神に捧げる神宝「御太刀」など、日本人にとって刀は、いにしえの時代から非常に神聖な存在でした。刀剣にまつわる神事・文化・しきたりでは、現代に受け継がれている、しきたり・風習、神事や祭礼、地域の伝統芸能などの中から、日本刀(刀剣)が深く関係しているものを幅広くご紹介。日本刀(刀剣)が人々にとってどういう存在であったのか、その歴史についても解説しています。

現代のしきたり・風習

日本刀(刀剣)の制作には「たたら製鉄」による玉鋼が用いられており、「ふいご」や「踏鞴」(たたら)は製鉄の際に欠かせない仕事道具です。現代でも刀匠や鋳物業者などが行なう「ふいご祭り」をはじめ、祀られる神や伏見稲荷の「火焚祭」(ひたきさい)、たたら製鉄などにも触れていきます。
詳細はこちら
現代においても「関の刃物はよく切れる」と評判であり、刀匠達の刃物づくりが受け継がれる関市。関市での刀鍛冶の歴史などを伝える関鍛冶伝承館で毎年正月に行なわれる「古式日本刀鍛錬打ち初め式・刀剣研磨外装技術仕事始め式」について、また関鍛冶ゆかりの春日神社についてもご紹介します。
詳細はこちら
三種の神器のひとつ、「草薙劒」(くさなぎのつるぎ)が祀られている熱田神宮。そのご神前で、毎年7月に「刀剣鍛錬奉納」、そして8月には「刀剣研磨等技術奉納」が行なわれています。日本刀(刀剣)制作や熱田神宮での日本刀(刀剣)にまつわる行事、そして熱田神宮についても触れていきます。
詳細はこちら
皇室では、子どもが生まれると天皇陛下から「守り刀」が贈られる皇室行事があります。その行事は「賜剣の儀」(しけんのぎ)と呼ばれ、贈られる日本刀(刀剣)を制作することは刀匠にとっても名誉なことです。守り刀の風習を中心に、源義経の守り刀の言い伝えもご紹介します。
詳細はこちら
端午の節句における兜・太刀

端午の節句における兜・太刀

近日公開
大相撲と刀剣

大相撲と刀剣

近日公開

現代の神事・祭礼・伝統芸能

伊勢神宮は20年ごとに式年遷宮が行なわれており、その際は社殿だけでなく御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)も新しくしています。納められる神宝の中には太刀も含まれ、それぞれ特徴ある物となっています。伊勢神宮や式年遷宮、神宝の太刀の中でも代表的な御太刀(おんたち)についてご紹介します。
詳細はこちら
全国各地で開催される神事では八岐大蛇(やまたのおろち)伝説がモチーフとされることも多く、安乗神社(あのりじんじゃ)の「しめ切り神事」もそのひとつです。この神事には、どのような意味が込められているのでしょうか。また、日本刀(刀剣)とかかわりのある安乗神社についてもご紹介します。
詳細はこちら
神社で行なわれる神事には、戦いをイメージし、日本刀(刀剣)を用いた舞いもあります。埴生護国八幡宮(はにゅうごこくはちまんぐう)の宮めぐり神事もそのひとつで、木曾(源)義仲という武将が戦いに勝利したことが絡んでいるようです。神事について、そしてもとになった戦いや木曾義仲についてご紹介します。
詳細はこちら
日本刀(刀剣)を扱う神事の中には、日本刀(刀剣)の刃の上を素足で歩くという驚きの神事もあります。刃渡り神事と呼ばれているこの行事には、深い理由があるようです。刃渡り神事とはどのような行事なのか、そして神事が行なわれる埼玉県本庄市の普寛(ふかん)霊場や、場所・信仰にかかわりのある修験者の普寛行者についてご紹介していきます。
詳細はこちら
佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃

佐渡に伝わる貴重な古武道 白刃

近日公開
曽我兄弟と箱根神社の居合道全国選抜八段戦箱根大会

曽我兄弟と箱根神社の居合道全国選抜八段戦箱根大会

近日公開
国重要無形民俗文化財である高原町の祓川神楽と狭野神楽

国重要無形民俗文化財である高原町の祓川神楽と狭野神楽

近日公開
中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽

中国地方一帯に伝わる郷土芸能の神楽

近日公開
岩手で伝承される鬼剣舞

岩手で伝承される鬼剣舞

近日公開
日本舞踊のひとつ 剣舞

日本舞踊のひとつ 剣舞

近日公開

いにしえの刀剣の役割

日本神話は、古代より日本各地に伝えられてきた神々にまつわる物語です。国の誕生から成り立ち、日本の建国といった様々なエピソードが展開する日本神話には、現在まで日本の天皇家に代々受け継がれる鏡・勾玉・剣の「三種の神器」が登場します。ここでは、そんな由緒ある「三種の神器」とそれにまつわる日本神話について紹介していきましょう。
詳細はこちら
数々の神話と共に受け継がれてきた「三種の神器」は現在どこにあるのでしょうか。「三種の神器」を直接観ることは、正式な継承者である天皇ですら禁じられています。そのため、本当に存在しているのかどうか確認する術はありません。紆余曲折を経て今日まで至った「三種の神器」について見ていきましょう。
詳細はこちら
石上神宮と古代の鉄剣 七支刀(しちしとう)

石上神宮と古代の鉄剣 七支刀(しちしとう)

近日公開
古代の鉄剣「七支刀」と中国

古代の鉄剣「七支刀」と中国

近日公開

武士・刀剣にまつわるしきたり

江戸時代、特に江戸城内では様々なしきたりがあり、出入りする門や駕籠で乗り入れできる場所、引き連れる従者の人数など、家柄や身分によって細かく決められていました。それらのしきたりや江戸城内での様々な作法、参勤交代についてご紹介していきます。
詳細はこちら
かつて日本刀(刀剣)が武器として多用された時代、日本では日本刀(刀剣)を用いた「切腹」が名誉ある自死とされていました。切腹は海外でも「ハラキリ」などとして知られており、日本文化のひとつと言えるでしょう。日本最初の切腹や意味合いの変化、有名な切腹についてご紹介していきます。
詳細はこちら
安土桃山時代から江戸時代にかけて、日本刀(刀剣)の武器としての品定めや鍛錬のために「試し斬り」が行なわれていました。ただし、江戸時代になると徐々に試し斬りは忌み避けられるように。試し斬りの専門職が設けられるようになり、山田浅右衛門(やまだあさえもん)の名が受け継がれました。日本刀(刀剣)の試し斬り文化や山田浅右衛門について、時代を追ってご紹介します。
詳細はこちら

刀の歴史は大変古く、日本神話に出てくる三種の神器のひとつ「草薙劒」や、1300年余り続く伊勢神宮最大のお祭り「式年遷宮」の儀式で大御神に捧げる神宝「御太刀」など、日本人にとって刀は、いにしえの時代から非常に神聖な存在でした。刀剣にまつわる神事・文化・しきたりでは、現代に受け継がれている、しきたり・風習、神事や祭礼、地域の伝統芸能などの中から、日本刀(刀剣)が深く関係しているものを幅広くご紹介。日本刀(刀剣)が人々にとってどういう存在であったのか、その歴史についても解説しています。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る