多度大社 多度大社
多度大社
三重県桑名市にある「多度大社」は、「雄略天皇」(ゆうりゃくてんのう)の御代に創建された神社です。主祭神の「天津彦根命」(あまつひこねのみこと)は、「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)の第3皇子。多度大社は織田信長の時代、長島一向一揆(ながしまいっこういっき)平定の際に兵火によって全焼してしまいました。しかし江戸時代に入り、初代桑名藩主「本多忠勝」(ほんだただかつ)の寄進により復興。現在にその姿を伝えているのです。
また、別宮に祀られている御子神「天目一箇命」(あめのまひとつのみこと)は、製鉄・鍛冶の神。
さらに、御父神「天津彦根命」と共に天候を司る神としても崇められ、古来より伝えられる雨乞祈祷では、本宮・別宮・滝前の3ヵ所で祭典が執り行なわれます。
  • 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
  • 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
    名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

多度大社の歴史

三重県桑名市にある「多度大社」の歴史について、ご紹介します。

多度大社とは

伊勢神宮

伊勢神宮

多度大社と「伊勢神宮」は密接な関係にあります。それは、多度大社がお伊勢参りの街道沿いにあり、伊勢神宮への入口とされていた地理的条件に加え、多度大社の御祭神が伊勢神宮に祀られている「天照大御神」の第3皇子「天津彦根命」ということに由来。

そのため、多度大社は「北伊勢大神宮」とも称されます。このような関係にあることから、「お伊勢参らばお多度もかけよ、お多度かけねば片参り」と謡われ、伊勢参宮の折には、必ず多度大社をお参りしたことがうかがわれ、全国の人々から篤い崇敬を受けています。

日本神話(天の岩戸物語)
日本神話(天の岩戸物語)再生
ホテル多度温泉東建多度カントリークラブ・名古屋)で毎夜開催されている「空中CGアニメ・レーザーショー」で使用の「日本神話(天の岩戸物語)」動画がご覧頂けます。

かつては御神体山として崇められていた「多度山」には、約1,500年前から白馬が棲むと伝えられてきました。白馬は人々の願いを神様に届ける役割を担っていたとされ、言わば人間から神様への伝言役。また、神様が降臨する際には馬に乗ってきたとされており、神様と馬の関係性はとても深いのです。それゆえ、馬の行動が神様の意思を表していると考えられたのでした。これが派生して南北朝時代頃に、勇壮な神事が誕生します。それが毎年5月の多度大社例祭で、三重県無形民俗文化財の「上げ馬神事」(あげうましんじ)です。境内にある急坂と約2mの崖を人馬が一体となって駆け上がり、上がった人馬の数や順番などから、その年の農作物の時期や豊凶が占われるようになりました。

「多度祭」における最初の神事は、4月1日に行なわれる「神占式」(しんせんしき)。宮司が神様の御神意を仰ぎ、その年の神児(ちご:主に小学校低学年の児童)、騎手(主に高校生)が選ばれます。祭りの中心でもある上げ馬神事は、躍動的で勇壮である反面、大変な危険を伴う物であるため、精進潔斎(しょうじんけっさい:不浄なものを避け、心身を清浄にすること)が厳格に行なわれ、常に穢れ(けがれ)なき姿で奉仕します。

多度大社上げ馬神事 YouTube動画

多度大社上げ馬神事

三重県無形民俗文化財 多度大社上げ馬神事三重県無形民俗文化財 多度大社上げ馬神事
三重県無形民俗文化財 多度大社上げ馬神事

刀剣奉納鍛錬

  • 折り返し鍛錬・焼き入れ
    折り返し鍛錬・焼き入れ

    刀匠による刀剣奉納鍛錬(折り返し鍛錬・焼き入れ)の様子を動画でご覧頂けます。

  • 多度大社「刀剣奉納」
    多度大社「刀剣奉納」

    多度大社で行なわれた刀剣奉納の様子を動画でご覧頂けます。

    • 刀匠魂
      • 刀匠魂

      • 無鑑査刀匠・尾川兼國による刀剣奉納鍛錬と多度大社での奉納式の様子を動画でご覧頂けます。

        動画のロングバージョンはこちら

        • 刀匠魂その1

          その1

        • 刀匠魂その2

          その2

        • 刀匠魂その3

          その3

多度大社と日本刀

多度大社のある三重県桑名市を代表する日本刀と言えば、妖刀「村正」。多度大社所蔵の日本刀にも、村正に由来する物があります。代表的な物は短刀「銘 正重」(めい まさしげ)と太刀「銘 勢州桑名住藤原勝吉」(めい せいしゅうくわなじゅうふじわらかつよし)の2振で、いずれも三重県指定有形文化財です。

正重は、「千子派」(せんごは)を代表する刀工で、初代村正の子とも伝えられています。また藤原勝吉は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけて活動していた「千子正重」一派の刀工でした。いずれも村正の流れを汲む刀工です。屈指の知名度を誇る日本刀の村正ブランドは、桑名の地にしっかりと根付きました。

多度大社と鍛冶の神様

刀鍛冶の神様

刀鍛冶の神様

多度大社と日本刀には、深いかかわりがあります。別宮の「一目連神社」(いちもくれんじんじゃ)の御祭神は、天津彦根命の子「天目一箇命」(あまのまひとつのみこと)。

この天目一箇命は、天照大御神が弟「素戔嗚尊」(すさのおのみこと)の乱暴に怒り、天の岩戸に隠れた際に、天照大御神の気を引くために刀斧・鉄鐸を作っていました。

「大物主命」(おおものぬしのみこと)を祀る際には「作金命」(かなだくみ)として、祭祀用の道具を制作。このことから、天目一箇命は製鉄・鍛冶の神様とされ、製鉄技術に加えて鉄を鍛える鍛錬技術も必要とされる「刀鍛冶の神様」です。なお、天目一箇とは片目の意味で、「一目連」とは片目が潰れてしまった龍神。習合によって天目一箇命と一目連が同一視されるようになりました。

天目一箇命は御神威を発揚される際、いち早く御殿をお出ましになると言い伝えられていることから、一目連神社の御社殿には御扉を設けない特殊な構造になっています。

尾川兼國氏

尾川兼國氏

前述のように、多度大社の別宮・一目連神社に祀られているのは、刀鍛冶の神様・天目一箇命であり、御鎮座する桑名は刀工集団・村正の拠点。彼らのルーツは「五箇伝」(ごかでん)のひとつ「美濃伝」の本拠・美濃(現在の岐阜県)であるとも言われています。

それらの縁により、2018年(平成30年)には、多度大社において美濃を拠点としている「無鑑査刀匠」尾川兼國氏による「刀剣奉納鍛錬」が行なわれました。

「無鑑査」とは、日本刀制作者が技を披露する展覧会「現代刀職展」(旧新作名刀展)において、別格として扱われる現代刀匠の最高クラスの資格。1958年(昭和33年)に初の取得者が出てから、2018年(平成30年)までの間に無鑑査資格を取得した刀匠は、わずか37人という狭き門となっています。

また、多度大社では天目一箇命をお祀りすることから「ふいご祭」が執り行なわれます。ここでは鉄工関係者が参列の上、作業安全、社運隆昌が祈願され、鉄を精製する際に空気を送り込んで燃焼を促すために用いられる道具である「ふいご」を祓い清める多度大社と鍛冶の深い関係性がある祭事です。

天目一箇命の名前にある「目一箇」(まひとつ)とは、目がひとつであるという意味。ひとつ目の神である理由は諸説ありますが、鍛冶が温度を見るときに片目をつむっていたことに由来する説や、長時間炎を見続ける鍛冶の職業病として片目を失明することが多かったことによる説などがあります。この特徴に関しては、ギリシア神話に登場する鍛冶の神様「キュクロプス」もひとつ目であるため、鍛冶を司る神様特有の特徴なのかもしれません。

多度大社写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

多度大社の入口です。上げ馬神事の坂があります。
多度大社の入口です。上げ馬神事の坂があ…
人馬一体となって駆け上がる「上げ坂」です。
人馬一体となって駆け上がる「上げ坂」で…
多度祭御殿は、地域のまちかど博物館としても利用されます。
多度祭御殿は、地域のまちかど博物館とし…
上げ馬神事の様子です。
上げ馬神事の様子です。
神馬舎には白馬がいます。
神馬舎には白馬がいます。
明治15年創建の神楽殿です。
明治15年創建の神楽殿です。
本宮 多度神社です。
本宮 多度神社です。
本宮のある神域は厳かな雰囲気です。
本宮のある神域は厳かな雰囲気です。
別宮 一目連神社です。<br />
※この写真は「多度大社」様よりご提供頂いた写真です。
別宮 一目連神社です。※この写真は「多…
於葺門です。この門を境に両宮のある神域に入ります。
於葺門です。この門を境に両宮のある神域…
多度大社の手水舎です。
多度大社の手水舎です。
摂社 新宮社では、神事のあと、還御の喜びを伝える餅まきが行なわれます。
摂社 新宮社では、神事のあと、還御の喜…
多度大社
女性特有の病に効くと有名な摂社 美御前…
多度大社
末社 神明社です。
多度大社
末社 皇子社です。
末社 藤波社です。
末社 藤波社です。
境内の様子です。
境内の様子です。
入口の鳥居と神馬舎、手前に神輿殿があります。
入口の鳥居と神馬舎、手前に神輿殿があり…
境内にある参集殿の様子です。
境内にある参集殿の様子です。
境内から見た鳥居です。
境内から見た鳥居です。
多度大社の入口です。上げ馬神事の坂があります。
人馬一体となって駆け上がる「上げ坂」です。
多度祭御殿は、地域のまちかど博物館としても利用さ…
上げ馬神事の様子です。
神馬舎には白馬がいます。
明治15年創建の神楽殿です。
本宮 多度神社です。
本宮のある神域は厳かな雰囲気です。
別宮 一目連神社です。※この写真は「多度大社」様…
於葺門です。この門を境に両宮のある神域に入ります…
多度大社の手水舎です。
摂社 新宮社では、神事のあと、還御の喜びを伝える…
女性特有の病に効くと有名な摂社 美御前社(うつく…
末社 神明社です。
末社 皇子社です。
末社 藤波社です。
境内の様子です。
入口の鳥居と神馬舎、手前に神輿殿があります。
境内にある参集殿の様子です。
境内から見た鳥居です。
もっと見る
閉じる

多度大社の紹介動画

多度大社

多度大社の
主な収蔵作品

多度大社の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

刀 銘 村正

※この写真は多度大社様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
  • 時代
  • 制作国
    伊勢国
  • 刀工
    村正

多度大社の施設情報

多度大社の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒511-0106
三重県桑名市多度町多度1681
電話番号 0594-48-2037
交通アクセス 「多度駅」下車 徒歩約20分

交通アクセス情報を見る

拝観時間 24時間(受付時間:8時30分~17時)
拝観料 無料
駐車場 有り
公式サイト http://www.tadotaisya.or.jp/

多度大社の地図

多度大社
多度大社
施設所在地
loading...

「多度大社」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「神社・寺・教会」では、多度大社の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

三重県の刀剣施設情報

三重県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 津市
  • 四日市市
  • 伊勢市
  • 松阪市
  • 桑名市
  • 鈴鹿市
  • 名張市
  • 尾鷲市
  • 亀山市
  • 鳥羽市
  • 熊野市
  • いなべ市
  • 志摩市
  • 伊賀市
  • 桑名郡木曽岬町
  • 員弁郡東員町
  • 三重郡菰野町
  • 三重郡朝日町
  • 三重郡川越町
  • 多気郡多気町
  • 多気郡明和町
  • 多気郡大台町
  • 度会郡玉城町
  • 度会郡度会町
  • 度会郡大紀町
  • 度会郡南伊勢町
  • 北牟婁郡紀北町
  • 南牟婁郡御浜町
  • 南牟婁郡紀宝町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、「全国の刀剣が奉納されている神社・仏閣」の一覧や動画をご覧頂くことができます。
こちらのページでは、三重県桑名市にある「多度大社」についてご紹介しています。
ここでは、神社・仏閣の施設名、所在地、アクセスなどの基本情報をご覧頂くことができます。そしてさらに、その神社・仏閣の歴史や写真、動画など様々な施設情報もご紹介。写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣のその美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。
実際に足を運ぶ際には、ぜひ「刀剣ワールド」をご活用、ご参考になさって下さい。そして実物をご覧になって刀剣の魅力を再確認してみて下さいね。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード