太宰府 天満宮 太宰府 天満宮
太宰府天満宮 御本殿
福岡県太宰府市にある「太宰府天満宮」(だざいふてんまんぐう)は、「菅原道真公」(すがわらみちざねこう)を祀る全国約12,000社ある天満宮の総本宮とされている神社です。道真公が学問に秀でていたことから「学問の神様」として広く知られています。社殿は「五間社流造」(ごけんながれづくり)で、桃山時代の豪壮華麗な様式。その右に配された「飛梅」(とびうめ)は、大宰府へ左遷された道真公を慕って一夜のうちに京から空を駆けてきたという「飛梅伝説」を持つ神木で、毎年春になると美しい花を咲かせています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

太宰府 天満宮の歴史

福岡県太宰府市にある「太宰府 天満宮」の歴史について、ご紹介します。

太宰府天満宮のあゆみ

昌泰の変により、失意のうちに左遷された菅原道真公は、903年(延喜3年)に大宰府で逝去。門弟「味酒安行」(うまさけやすゆき)がご遺骸を牛車に乗せて進んだところ、突然牛が伏して動かなくなったことから、その地に埋葬することを決めました。905年(延喜5年)、その場所に「祀廟」(しびょう:神を祀るほこら)が建てられ、919年(延喜19年)には社殿が建立。御祭神である道真公は、学問の神様であると同時に文化の神様としても信仰されていたため、それぞれの時代の人々による和歌・連歌・歌舞伎・書画などの奉納を通じて、文化・芸能の神様と仰がれるようになったのです。

道真公の死から約960年後、太宰府天満宮においてその後の日本の国づくりに大きな影響を与える動きが起きていました。太宰府天満宮の参道を登りつめた先にある「延寿王院」(えんじゅおういん)では、1865年(慶応元年)から約3年に亘って「三条実美」(さんじょうさねとみ)ら公卿5人が滞在。同時に土佐藩の「土方久元」や「中岡慎太郎」も滞在しており、薩摩藩の「西郷隆盛」や長州藩の「伊藤博文」、肥前藩の「江藤新平」が訪問しました。さらに「坂本龍馬」も来訪した記録もあります。明治維新の主要メンバーが集まった維新の策源地でした。

太宰府天満宮と日本刀

太宰府天満宮の宝物殿では、御祭神である道真公にまつわる宝物など、約50,000点を収蔵・展示。道真公にまつわる日本刀(刀剣)では、重要文化財「毛抜形太刀:無銘」があります。全長83.3cm、刀身の長さ66.4cm、反り2.8cm、柄に毛抜形の透かし彫りのあるこの太刀は、平安時代中期に制作された物で、道真公の佩刀と伝わっています。いわゆる「毛抜形太刀」は、日本刀(刀剣)への過渡期において作られた物。収蔵されている毛抜形太刀にも日本刀(刀剣)の特徴である反りが見られ、刀身が真っすぐだった古墳時代の直刀からの変化が見て取れます。

宝物殿ではもう1振、重要文化財の「太刀:銘 俊次」(としつぐ)を収蔵。この太刀は、長さ60.1cm、反り2.1cm、茎(なかご)の中央に大きく「俊次」の銘が切られています。俊次は、鎌倉時代に備前で活動していた「古青江派」の刀工です。古青江派は、名工を多数輩出していますが、現存する作品が非常に少ないことから、この太刀は幻の逸品とも言うべき存在。保存状態も非常に良く、古青江派の作風を窺い知ることができる資料としても、貴重な1振です。

太宰府 天満宮写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 太宰府天満宮 御本殿
    太宰府天満宮の御本殿です。※この写真は…
  • 太宰府天満宮
    太宰府天満宮の御本殿です。豪華な建築様…
  • 太宰府天満宮本殿内観
    御本殿の内観です。菅原道真公をお祀りし…
  • 太宰府天満宮本殿全景
    御本殿の全景です。
  • 太宰府天満宮飛梅
    御神木の飛梅です。
  • 太宰府天満宮絵馬
    境内には絵馬が多く掛けられています。
  • 太宰府天満宮 おみくじ
    年間を通して季節ごとに色が変わる「おみ…
  • 太宰府天満宮の御本殿前にある楼門です。
    太宰府天満宮の御本殿前にある楼門です。
  • 楼門の外観です。
    楼門の外観です。
  • 境内にある楼門と鳥居です。
    境内にある楼門と鳥居です。
  • 太宰府天満宮のお守りなどが受けられる授与所です。
    太宰府天満宮のお守りなどが受けられる授…
  • 境内にある志賀社です。
    境内にある志賀社です。
  • 太宰府天満宮山王社
    太宰府天満宮の今王社です。
  • 御神牛の像です。境内に数多く奉納されています。
    御神牛の像です。境内に数多く奉納されて…
  • 太鼓橋です。ここを通り、御本殿へと行きます。
    太鼓橋です。ここを通り、御本殿へと行き…
  • 太宰府天満宮心字池
    太宰府天満宮の心字池です。
  • 太宰府天満宮菖蒲池
    美しい花菖蒲が咲き誇る菖蒲池です。
  • 太宰府天満宮延寿王院山門
    延寿王院山門です。
  • 太宰府天満宮誠心館
    誠心館です。ここで神前結婚式を行ないま…
  • 太宰府天満宮案内図
    太宰府天満宮の案内図です。
  • 太宰府天満宮石看板
    太宰府天満宮の石看板です。
  • 太宰府天満宮菅公歴史館
    太宰府天満宮の敷地内にある菅公歴史館で…
  • 太宰府天満宮の御本殿です。※この写真は「太宰府天…
  • 太宰府天満宮の御本殿です。豪華な建築様式が美しい…
  • 御本殿の内観です。菅原道真公をお祀りしています。
  • 御本殿の全景です。
  • 御神木の飛梅です。
  • 境内には絵馬が多く掛けられています。
  • 年間を通して季節ごとに色が変わる「おみくじ」の結…
  • 太宰府天満宮の御本殿前にある楼門です。
  • 楼門の外観です。
  • 境内にある楼門と鳥居です。
  • 太宰府天満宮のお守りなどが受けられる授与所です。
  • 境内にある志賀社です。
  • 太宰府天満宮の今王社です。
  • 御神牛の像です。境内に数多く奉納されています。
  • 太鼓橋です。ここを通り、御本殿へと行きます。
  • 太宰府天満宮の心字池です。
  • 美しい花菖蒲が咲き誇る菖蒲池です。
  • 延寿王院山門です。
  • 誠心館です。ここで神前結婚式を行ないます。
  • 太宰府天満宮の案内図です。
  • 太宰府天満宮の石看板です。
  • 太宰府天満宮の敷地内にある菅公歴史館です。
もっと見る
閉じる

太宰府 天満宮の紹介動画

太宰府 天満宮

太宰府 天満宮の
主な収蔵作品

太宰府 天満宮の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

毛抜形太刀 無銘

※この写真は太宰府 天満宮様からご提供頂いております。

太宰府 天満宮の施設情報

太宰府 天満宮の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒818-0117
福岡県太宰府市宰府4丁目7-1
電話番号 092-922-8225
交通アクセス 「太宰府駅」下車 徒歩約5分

交通アクセス情報を見る

拝観時間 [開門時刻]
春分の日より秋分の日の前日まで 6時、それ以外の日は6時30分
[閉門時刻]
4・5・9~11月 19時
6~8月 19時30分
12~3月 18時30分
毎週金・土曜日 20時30分
[宝物殿]
9~16時30分(入館は16時まで)、月曜日休館
拝観料 [境内]
無料
[宝物殿]
一般 400円(300円)
高校・大学生 200円(100円)
小・中学生 100円(50円)
※( )は30名以上の場合の団体料金です。
駐車場 有り
公式サイト http://www.dazaifutenmangu.or.jp/

太宰府 天満宮の地図

太宰府 天満宮
太宰府 天満宮
施設所在地
太宰府 天満宮

「太宰府 天満宮」近くの施設情報

「太宰府 天満宮」近くの観光名所

「太宰府 天満宮」近くの飲食店

「太宰府 天満宮」近くのショッピング施設

「太宰府 天満宮」近くの宿泊施設

「太宰府 天満宮」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「神社・寺・教会」では、太宰府 天満宮の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」では、「全国の刀剣が奉納されている神社・仏閣」の一覧や動画をご覧頂くことができます。
こちらのページでは、福岡県太宰府市にある「太宰府 天満宮」についてご紹介しています。
ここでは、神社・仏閣の施設名、所在地、アクセスなどの基本情報をご覧頂くことができます。そしてさらに、その神社・仏閣の歴史や写真、動画など様々な施設情報もご紹介。写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣のその美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。
実際に足を運ぶ際には、ぜひ「刀剣ワールド」をご活用、ご参考になさって下さい。そして実物をご覧になって刀剣の魅力を再確認してみて下さいね。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る