大山祇神社 大山祇神社
大山祇神社
愛媛県今治市にある「大山祇神社」(おおやまづみじんじゃ)の宝物館は、「紫陽殿」・「国宝館」・「大三島海事博物館」(葉山記念館)の3館があります。紫陽殿と国宝館には甲冑(鎧兜)・日本刀などを展示。越智押領使(おちのおうりょうし)・「越智好方」(おちよしかた)の日本最古の大鎧や、河野一族の物に加え、「源頼朝」・「源義経」の鎧、「大森盛長」(彦七)が所用した国宝「大太刀」などが展示されています。源氏・平氏をはじめ、数多くの武将が武運長久を祈ったことで知られ、国宝や重要文化財に指定されている甲冑(鎧兜)の約4割が集まっていると言われているほど、武具の収蔵・展示が充実している宝物館です。
  • 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
  • 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
    名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

大山祇神社の歴史

愛媛県今治市にある「大山祇神社」の歴史について、ご紹介します。

大山祇神社のあゆみ

大山祇神社は、大山祇の神様を祀る神社の総本社です。創建は約2,600年前。「神武天皇」が南九州から東征する際に、祭神である「大山積大神」(おおやまづみのおおかみ)の子孫「小千命」(おちのみこと)が、伊予二名国(四国)に渡って瀬戸内海の治安維持を担当し、「御島」(大三島)を神地と定め、鎮祭したことが始まりです。山の神・海の神・戦いの神として歴代の朝廷や武将から崇拝された大山祇神社には、朝廷から「日本総鎮守」の号が下賜されました。

戦いの神として崇拝されていた大山祇神社。近代以降の参拝者にも、そうそうたる顔ぶれが並びます。初代内閣総理大臣「伊藤博文」や旧帝国連合艦隊司令長官「山本五十六」、海上保安庁や海上自衛隊の幹部も参拝。また、サッカー元日本代表監督の岡田武史氏がオーナーを務めるサッカーチーム「FC今治」とも繋がりがあり、エンブレムに大山祇神社の神紋「隅切折敷縮三文字」(すみきりおしきちぢみさんもんじ)が使われています。戦いを勝ち抜いていかなければならない人にとって、大山祇神社は、精神的な支えとなる存在です。

大山祇神社と日本刀

大山祇神社の宝物を集めた大山祇神社宝物館には、日本刀・甲冑(鎧兜)好きにはたまらない「お宝」が数多く収蔵・展示されています。日本刀では、「後村上天皇」が奉納したと伝えられている国宝の大太刀「銘 貞治 五年丙午千手院長吉」や、湊川の戦いで「楠木正成」を討ったとされる大森盛長(彦七)が所用し、孫の「大森直治」が奉納した国宝の大太刀が代表的です。大太刀「銘 貞治 五年丙午千手院長吉」は、南北朝時代に流行した「野太刀」(のだち:大太刀の別名。野戦用の太刀のこと)の代表作でした。

また、珍しいところでは、「武蔵坊弁慶」が奉納したと伝えられている重要文化財の「薙刀」も収蔵されています。薙刀は、武蔵坊弁慶の代名詞。大山祇神社宝物館では、教科書に載っている歴史上の有名人達が所有していた武具を実際に目にすることができます。

大山祇神社写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

大山祇神社拝殿
大山祇神社の拝殿です。
拝殿のアップです。
拝殿のアップです。
拝殿の外観です。
拝殿の外観です。
大山祇神社の神門です。
大山祇神社の神門です。
神門の内部です。
神門の内部です。
美しい茅葺きが特徴的な神門です。
美しい茅葺きが特徴的な神門です。
大山祇神社のご由緒が書かれた看板です。
大山祇神社のご由緒が書かれた看板です。
大山祇神社看板
看板のアップです。
大山祇神社の手水舎です。
大山祇神社の手水舎です。
手水舎でお清めをして、拝殿へ向かいます。
手水舎でお清めをして、拝殿へ向かいます…
御神木の大楠です。
御神木の大楠です。
大楠は乎千命(おちのみこと)御手植だとされています。
大楠は乎千命(おちのみこと)御手植だと…
とても広々とした境内です。
とても広々とした境内です。
大山祇神社の総門です。
大山祇神社の総門です。
総門は総檜造りです。
総門は総檜造りです。
総門の前には小さな橋があります。
総門の前には小さな橋があります。
大山祇神社の入口にある鳥居です。
大山祇神社の入口にある鳥居です。
天然記念物・雨乞いの楠です。
天然記念物・雨乞いの楠です。
灯籠が並んで、風情があります。
灯籠が並んで、風情があります。
重要文化財の宝篋印塔です。
重要文化財の宝篋印塔です。
大山祇神社の案内図です。
大山祇神社の案内図です。
大山祇神社の拝殿です。
拝殿のアップです。
拝殿の外観です。
大山祇神社の神門です。
神門の内部です。
美しい茅葺きが特徴的な神門です。
大山祇神社のご由緒が書かれた看板です。
看板のアップです。
大山祇神社の手水舎です。
手水舎でお清めをして、拝殿へ向かいます。
御神木の大楠です。
大楠は乎千命(おちのみこと)御手植だとされていま…
とても広々とした境内です。
大山祇神社の総門です。
総門は総檜造りです。
総門の前には小さな橋があります。
大山祇神社の入口にある鳥居です。
天然記念物・雨乞いの楠です。
灯籠が並んで、風情があります。
重要文化財の宝篋印塔です。
大山祇神社の案内図です。
もっと見る
閉じる

大山祇神社の紹介動画

大山祇神社

大山祇神社の
主な収蔵作品

大山祇神社の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

大太刀 銘 貞治五年丙午千手院長吉

※この写真は大山祇神社様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    国宝
  • 時代
    南北朝時代
  • 制作国
    大和国
  • 刀工
    長吉

大山祇神社の施設情報

大山祇神社の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒794-1393
愛媛県今治市大三島町宮浦3327
電話番号 0897-82-0032
交通アクセス 「大山祇神社前バス停」下車 徒歩約2分

交通アクセス情報を見る

拝観時間 [境内]
不定時~17時
[宝物館]
8時30分~17時(入館は16時30分まで)
拝観料 [宝物館]
大人 1,000円
高校・大学生 800円
小・中学生 400円
※海事博物館と共通
※団体割引有り
駐車場 近隣の駐車場をご利用下さい。
公式サイト -

大山祇神社の地図

大山祇神社
大山祇神社
施設所在地
loading...

「大山祇神社」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「神社・寺・教会」では、大山祇神社の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

愛媛県の刀剣施設情報

愛媛県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 松山市
  • 今治市
  • 宇和島市
  • 八幡浜市
  • 新居浜市
  • 西条市
  • 大洲市
  • 伊予市
  • 四国中央市
  • 西予市
  • 東温市
  • 越智郡上島町
  • 上浮穴郡久万高原町
  • 伊予郡松前町
  • 伊予郡砥部町
  • 喜多郡内子町
  • 西宇和郡伊方町
  • 北宇和郡松野町
  • 北宇和郡鬼北町
  • 南宇和郡愛南町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、「全国の刀剣が奉納されている神社・仏閣」の一覧や動画をご覧頂くことができます。
こちらのページでは、愛媛県今治市にある「大山祇神社」についてご紹介しています。
ここでは、神社・仏閣の施設名、所在地、アクセスなどの基本情報をご覧頂くことができます。そしてさらに、その神社・仏閣の歴史や写真、動画など様々な施設情報もご紹介。写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣のその美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。
実際に足を運ぶ際には、ぜひ「刀剣ワールド」をご活用、ご参考になさって下さい。そして実物をご覧になって刀剣の魅力を再確認してみて下さいね。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード