秋葉山本宮  秋葉神社 秋葉山本宮  秋葉神社
秋葉神社上社 本殿正面
浜松市天竜区にある「秋葉神社」(あきはじんじゃ)の正式名称は、「秋葉山本宮 秋葉神社」(あきはさんほんぐうあきはじんじゃ)です。「秋葉山」(標高 866m)の山頂に「上社」、山麓に「下社」を配置。この秋葉神社は、全国約800社ある秋葉神社の総本宮です。中世においては、山岳信仰の場としても知られており、たくさんの修験者が入山していました。古来より、火そのものに対する信仰が根本にありますが、武将から数多くの日本刀(刀剣)が奉納されたこともあり、武運長久の神としても崇敬されています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

秋葉山本宮 秋葉神社の歴史

静岡県浜松市にある「秋葉山本宮 秋葉神社」の歴史について、ご紹介します。

秋葉山本宮 秋葉神社のあゆみ

秋葉山本宮 秋葉神社は、709年(和銅2年)に「元明天皇」(げんめいてんのう)の命によって社殿が創建されたことに始まります。祭神は火の神である「火之迦具土大神」(ひのかぐつちのおおみかみ)。江戸時代後期に出版された「東海道名所図会」にも、ご利益(りやく)として「第一に火災焼亡の危急を免れ、第二に洪水波没の難を免れ、第三に諸厄諸病の難を免れ給う」という旨の記述がありました。すなわち、防火や家内安全にご利益があると言われていたのです。

秋葉山本宮 秋葉神社では、1年で30を超える神事が行なわれていますが、最も有名なのが12月15・16日に行なわれる例祭「秋葉の火まつり」。そのクライマックスである「防火祭」(ひぶせのまつり)では、古くから3人の神職によって、順番に「弓の舞」・「剣の舞」・「火の舞」が披露されてきました。最後の火の舞では、神職が舞殿で松明を振りかざして舞い、祭りを締めくくります。この舞は、総本宮である秋葉山本宮 秋葉神社だけに伝承されてきたものです。

秋葉山本宮 秋葉神社と日本刀

秋葉山本宮 秋葉神社には、数多くの日本刀(刀剣)が奉納されてきました。主だった武将だけでも、「足利尊氏」・「武田信玄」・「豊臣秀吉」・「加藤清正」などの名前が挙げられます。江戸時代には、彦根藩藩主をはじめ各地の大名、公家や町人も日本刀(刀剣)を奉納しました。また、奉納者は駿河・尾張などの東海地方の者に止まらず、近畿地方、さらには北陸地方にまで亘っています。秋葉山本宮 秋葉神社は、大名から庶民まで、地域を問わず広く信仰を集めていました。

奉納されている日本刀(刀剣)は、平安時代から鎌倉時代・室町時代・安土桃山時代・江戸時代の作品で制作地も日本全国様々です。代表的な日本刀(刀剣)としては、太刀「銘 安縄」(めい やすなわ)・太刀「銘 弘次」(めい ひろつぐ)・太刀「銘 来国光」(めい らいくにみつ)の重要文化財3振が挙げられます。安縄は平安時代末期から鎌倉時代初期に活動していた「古備前派」の刀工でしたが、現存する日本刀(刀剣)がほとんどなく謎に包まれた存在。弘次と来国光については、ともに鎌倉時代に活動した刀工で、弘次は備中、来国光は山城で活動していた刀工です。

秋葉山本宮 秋葉神社写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 秋葉神社上社 本殿
    秋葉山本宮 秋葉神社上社の本殿の外観で…
  • 秋葉神社上社 本殿正面
    上社の本殿の正面です。正月などには注連…
  • 秋葉神社上社 本殿側面
    現社殿は昭和61年に再建されました。※…
  • 上社は標高866mにあり、上社から眺める遠州灘は壮観です。
    上社は標高866mにあり、上社から眺め…
  • 秋葉神社
    秋葉山本宮 秋葉神社上社の神楽殿です。
  • 秋葉山本宮 秋葉神社上社にある幸福の鳥居です。
    秋葉山本宮 秋葉神社上社にある幸福の鳥…
  • 秋葉神社
    人々の幸福を願い、金色の鳥居が造られま…
  • 秋葉山本宮 秋葉神社上社の手水舎です。
    秋葉山本宮 秋葉神社上社の手水舎です。
  • 秋葉山神社神門四神
    参道の先には、西ノ閽(にしのかどもり)…
  • 西ノ閽の神門の正面です。
    西ノ閽の神門の正面です。
  • 秋葉山神社
    西ノ閽の神門の四隅には四神の木像が施さ…
  • 神門を通ってからも階段でさらに山頂へ上がります。
    神門を通ってからも階段でさらに山頂へ上…
  • 秋葉神社 鳥居
    上社の駐車場前にある鳥居です。※この写…
  • 秋葉山本宮 秋葉神社の案内看板です。
    秋葉山本宮 秋葉神社の案内看板です。
  • 秋葉山本宮 秋葉神社下社の社殿です。
    秋葉山本宮 秋葉神社下社の社殿です。
  • 下社の正式名称は「遥斎殿」(ようさいでん)と言います。
    下社の正式名称は「遥斎殿」(ようさいで…
  • 下社の手水舎です。
    下社の手水舎です。
  • 社殿から見た境内の様子です。
    社殿から見た境内の様子です。
  • 下社の境内の様子です。
    下社の境内の様子です。
  • 秋葉神社
    秋葉山本宮 秋葉神社下社の参道の石段で…
  • 秋葉神社
    秋葉山本宮 秋葉神社下社の入口の様子で…
  • 秋葉山本宮 秋葉神社上社の本殿の外観です。※この…
  • 上社の本殿の正面です。正月などには注連縄が架けら…
  • 現社殿は昭和61年に再建されました。※この写真は…
  • 上社は標高866mにあり、上社から眺める遠州灘は…
  • 秋葉山本宮 秋葉神社上社の神楽殿です。
  • 秋葉山本宮 秋葉神社上社にある幸福の鳥居です。
  • 人々の幸福を願い、金色の鳥居が造られました。
  • 秋葉山本宮 秋葉神社上社の手水舎です。
  • 参道の先には、西ノ閽(にしのかどもり)の神門があ…
  • 西ノ閽の神門の正面です。
  • 西ノ閽の神門の四隅には四神の木像が施されています…
  • 神門を通ってからも階段でさらに山頂へ上がります。
  • 上社の駐車場前にある鳥居です。※この写真は秋葉山…
  • 秋葉山本宮 秋葉神社の案内看板です。
  • 秋葉山本宮 秋葉神社下社の社殿です。
  • 下社の正式名称は「遥斎殿」(ようさいでん)と言い…
  • 下社の手水舎です。
  • 社殿から見た境内の様子です。
  • 下社の境内の様子です。
  • 秋葉山本宮 秋葉神社下社の参道の石段です。
  • 秋葉山本宮 秋葉神社下社の入口の様子です。
もっと見る
閉じる

秋葉山本宮 秋葉神社の紹介動画

秋葉山本宮  秋葉神社

秋葉山本宮 秋葉神社の
主な収蔵作品

秋葉山本宮 秋葉神社の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 銘 安縄

※この写真は秋葉山本宮 秋葉神社様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    重要文化財
  • 時代
    鎌倉時代初期
  • 制作国
    備前国
  • 刀工
    安縄
その他
収蔵作品の公開は、正式に参拝を申込まれた方に限定されています。催し物の際にも公開されますが、詳しくは秋葉山本宮 秋葉神社にお問合せ下さい。

秋葉山本宮 秋葉神社施設情報

秋葉山本宮 秋葉神社の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒437-0626
静岡県浜松市天竜区春野町領家841
電話番号 053-985-0111(上社)
交通アクセス 「秋葉神社バス停」下車 徒歩約2分(上社)

交通アクセス情報を見る

拝観時間 拝観自由
拝観料 無料
駐車場 有り
公式サイト http://www.akihasanhongu.jp/

「秋葉山本宮 秋葉神社」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「神社・寺・教会」では、秋葉山本宮 秋葉神社の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

秋葉山本宮 秋葉神社の地図

秋葉山本宮  秋葉神社
秋葉山本宮 秋葉神社
施設所在地
秋葉山本宮  秋葉神社

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」では、「全国の刀剣が奉納されている神社・仏閣」の一覧や動画をご覧頂くことができます。
こちらのページでは、静岡県浜松市にある「秋葉山本宮 秋葉神社」についてご紹介しています。
ここでは、神社・仏閣の施設名、所在地、アクセスなどの基本情報をご覧頂くことができます。そしてさらに、その神社・仏閣の歴史や写真、動画など様々な施設情報もご紹介。写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣のその美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。
実際に足を運ぶ際には、ぜひ「刀剣ワールド」をご活用、ご参考になさって下さい。そして実物をご覧になって刀剣の魅力を再確認してみて下さいね。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る