靖國神社遊就館 靖國神社遊就館
靖国神社 拝殿正面
東京都千代田区にある「靖國神社遊就館」は、「靖國神社」の境内に併設された同社の祭神ゆかりの資料を集めた宝物館です。「遊就館」という名前は、中国の古典「荀子」(じゅんし)勧学篇「君子は居るに必ず郷を択び、遊ぶに必ず士に就く」の一節から「遊」と「就」の二文字が選ばれたことに由来します。その意味は「徳が高い人は住む場所に必ず良い環境を選び、人と交流する際も必ず良い人を選ぶ」というもの。2階の展示室では、古代から江戸時代にかけての「日本の武の歴史」をテーマとした展示がされており、靖國神社に収蔵されている刀剣類を観ることができます。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

靖國神社遊就館の歴史

東京都千代田区にある「靖國神社遊就館」の歴史について、ご紹介します。

靖國神社遊就館のあゆみ

靖國神社遊就館は、1878年(明治11年)に陸軍卿・山縣有朋(やまがたありとも)らの提言により、西南戦争での戦傷者救恤のため華族を中心として寄付された病院費の残金をもとに計画されました。そして、1882年(明治15年)イタリア人の工部省御雇教師であったカペレッティーの設計により、新時代の象徴である額(油絵)と古今の武器類を展示するイタリア古城様式の「掲額及武器陳列場」として開館。日清戦争や日露戦争を経て1910年(明治43年)に明治天皇が勅令「武器ノ沿革ヲ知ルヘキ物件ヲ蒐集保存シ軍事上ノ参考ニ供スル所トス」(勅令第192号)を発布。第一次世界大戦後に展示資料は増加し、施設も増築されました。1923年(大正12年)関東大震災で被災・損壊しましたが、翌年には仮館を建設し、1932年(昭和7年)に再建されています。

遊就館は、再建後の1935年(昭和10年)から戦役・事変等の記念品を展示していましたが、武器等の沿革を知る施設として「遊就館令」が公布されたため、展示内容を一新。その後、国民の国防意識・知識の増進を高める公的施設としての役割を果たして来ましたが、終戦後遊就館令は廃止され、一時閉館することとなり、遊就館本館も富国生命保険相互会社の本社として使用されました。1961年(昭和36年)には、遊就館に隣接する「靖國会館」(旧國防館)の一部を使用し、「宝物遺品館」として再開。そののち富国生命保険相互会社が移転したため、館内の改修を行ない、1986年(昭和61年)7月13日、新たに遊就館として再開したのでした。また2002年(平成14年)には、創立130周年記念事業の一環として、本館改修と新館増築の工事が行なわれ、それまで野外に展示されていた機関車や大砲類などの資料も館内に収納・展示され現在に至っています。

靖國神社と日本刀

靖國神社と日本刀(刀剣)とのかかわりは明治時代に遡り、維新後衰頽していた日本刀(刀剣)の保護運動の動きとして1886年(明治19年)、第56回神宮式年遷宮御料太刀制作のため、宮本包則と日置兼次が靖國神社で作刀を行なったこと、また戦前には全国でも有数の刀剣を展示していた遊就館において鑑定会や講演会が開かれるなど、日本刀(刀剣)とのかかわりは深いものがありました。

1933年(昭和8年)、当時の陸軍大臣荒木貞夫が顧問、陸軍次官の柳川平助が理事長となり、陸海軍将校などの軍刀整備の他伝統技法の踏襲を目的として「日本刀鍛錬会」を組織し、鍛錬所を靖國神社の境内に開設。ここで作られた日本刀(刀剣)は「靖國刀」、従事した刀工は「靖國刀匠」と呼ばれ、10年余りの期間に約8,100点が制作されたのでした。

日本刀鍛錬会は、終戦で解散となりましたが、靖國刀匠の技術力と作風から現在でも高い評価を受けているのです。この鍛錬所は、現在も靖國神社の境内に残っており、建物内部は改装され茶室として使用されています。

靖國神社遊就館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 靖国神社 拝殿正面
    靖國神社の拝殿正面です。
  • 靖国神社 菊花紋の幕
    拝殿には菊花紋の幕が架かっています。
  • 靖国神社 拝殿
    拝殿のアップです。
  • 靖国神社 中門鳥居
    拝殿の手前には中門鳥居があります。
  • 靖国神社 神門
    神門の扉に大きな菊の御紋があります。
  • 靖国神社 手水舎
    神門の手前には大手水舎があります。
  • 靖国神社 斎館
    斎館の外観です。
  • 靖国神社 第二鳥居
    第二鳥居です。青銅製の物では日本一の大…
  • 靖国神社 石標
    入口の石標と大鳥居です。
  • 靖国神社 参道
    靖國神社本殿へ続く参道です。
  • 靖国神社 参集殿
    境内にある参集殿です。
  • 靖国神社 能殿
    境内にある能楽堂です。
  • 靖国神社 神池庭園
    神池庭園の様子です。
  • 靖国神社 南門の狛犬
    南門には狛犬がいます。
  • 靖国神社 日本軍兵士の銅像
    日本軍兵士の銅像もあります。
  • 靖国神社 慰霊の泉
    近代的なデザインの慰霊の泉です。
  • 靖国神社 慰霊像
    戦争で斃れた軍馬の慰霊像があります。
  • 靖国神社遊就館
    靖國神社遊就館です。
  • 靖国神社遊就館 外観
    遊就館には祭神のご遺品などが展示されて…
  • 靖国神社遊就館 零戦
    零戦の展示スペースです。
  • 靖国神社遊就館 機関銃
    機関銃を見に多くの人が訪れます。
  • 靖國神社の拝殿正面です。
  • 拝殿には菊花紋の幕が架かっています。
  • 拝殿のアップです。
  • 拝殿の手前には中門鳥居があります。
  • 神門の扉に大きな菊の御紋があります。
  • 神門の手前には大手水舎があります。
  • 斎館の外観です。
  • 第二鳥居です。青銅製の物では日本一の大きさです。
  • 入口の石標と大鳥居です。
  • 靖國神社本殿へ続く参道です。
  • 境内にある参集殿です。
  • 境内にある能楽堂です。
  • 神池庭園の様子です。
  • 南門には狛犬がいます。
  • 日本軍兵士の銅像もあります。
  • 近代的なデザインの慰霊の泉です。
  • 戦争で斃れた軍馬の慰霊像があります。
  • 靖國神社遊就館です。
  • 遊就館には祭神のご遺品などが展示されています。
  • 零戦の展示スペースです。
  • 機関銃を見に多くの人が訪れます。
もっと見る
閉じる

靖國神社遊就館の紹介動画

靖國神社遊就館

靖國神社遊就館の
主な収蔵作品

靖國神社遊就館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 銘 國継

※この写真は靖國神社遊就館様からご提供頂いております。

日本刀解説
昭和14年に「重要美術品」に認定

靖國神社遊就館の施設情報

靖國神社遊就館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒102-8246
東京都千代田区九段北3丁目1-1
電話番号 03-3261-8326
交通アクセス 「九段下駅」下車 徒歩約9分

交通アクセス情報を見る

拝観時間 9~16時30分
(元日 0~16時30分)
拝観料 大人 1000円(800円)
大学生(短期大学生・専門学校生などを含む) 500円(400円)
中学・高校生 300円(240円)
小学生 無料
※( )内は20人以上の団体料金です。
駐車場 有り
公式サイト http://www.yasukuni.or.jp/

靖國神社遊就館の地図

靖國神社遊就館
靖國神社遊就館
施設所在地
靖國神社遊就館

「靖國神社遊就館」近くの施設情報

「靖國神社遊就館」近くの観光名所

「靖國神社遊就館」近くの飲食店

「靖國神社遊就館」近くのショッピング施設

「靖國神社遊就館」近くの宿泊施設

「靖國神社遊就館」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「神社・寺・教会」では、靖國神社遊就館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」では、「全国の刀剣が奉納されている神社・仏閣」の一覧や動画をご覧頂くことができます。
こちらのページでは、東京都千代田区にある「靖國神社遊就館」についてご紹介しています。
ここでは、神社・仏閣の施設名、所在地、アクセスなどの基本情報をご覧頂くことができます。そしてさらに、その神社・仏閣の歴史や写真、動画など様々な施設情報もご紹介。写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣のその美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。
実際に足を運ぶ際には、ぜひ「刀剣ワールド」をご活用、ご参考になさって下さい。そして実物をご覧になって刀剣の魅力を再確認してみて下さいね。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る