忌宮神社 忌宮神社
忌宮神社 拝殿
山口県下関市にある「忌宮神社」(いみのみやじんじゃ)は、城下町エリアである長府(ちょうふ)の中心に位置している神社。第14代「仲哀天皇」(ちゅうあいてんのう)が九州南部で大和朝廷に反抗していた「熊襲」(くまそ)平定に赴いた際に、7年間滞在し、政務を執られた「行宮」(あんぐう:一時的な宮殿として建設・使用された施設)である「穴門(長門)豊浦宮」(あなとのとよらのみや)跡にあります。主祭神は「神功皇后」(じんぐうこうごう)、仲哀天皇、「応神天皇」(おうじんてんのう)。当社は、「古事記」や「日本書紀」にも記載が残る歴史と伝統を誇る神社です。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

忌宮神社の歴史

山口県下関市にある「忌宮神社」の歴史について、ご紹介します。

忌宮神社のあゆみ

忌宮神社の起源は、仲哀天皇が穴門豊浦宮にて政務を執られたのち、「筑紫国」(つくしのくに:現在の福岡県)の香椎に進出せられましたが、1年にして崩御せられたため、その后である神功皇后は喪を秘して重臣「武内宿禰」(たけのうちのすくね)に御遺骸を奉じて、豊浦宮に帰らしめ、現在の長府侍町土肥山に殯斂(ひんれん:仮埋葬)せられたことにあります。

そして、皇后はご懐妊中ながら、熊襲(くまそ:古代九州西南部の地域と、その土地に住む人々の総称)を煽動(人をあおり立てて、行動を起こすように刺激を与えること)していた新羅征討を決行、凱旋ののち、天皇の御神霊を豊浦宮に鎮斎せられます。そのあと、皇后は皇子(のちの応神天皇)を安産になりました。

くだって、「聖武天皇」(しょうむてんのう)の御代に、神功皇后を奉斎(ほうさい:神仏を謹んで祀ること)して「忌宮」とし、さらに応神天皇をお祀りして「豊明宮」と称し、豊浦宮、忌宮、豊明宮と3殿別立の古社として栄えました。しかし、中世の火災により中殿の忌宮に合祀(ごうし:いくつかの神・霊を合わせて祀ること)したため、次第に忌宮の名をもって呼ばれるようになったのです。

古来、忌宮神社は、朝廷・武家からは文武の神(勝運の神)として、また神功皇后が大業ののち無事出産した経緯から、安産の神として庶民からも信仰されていました。参拝した武将の中で、特に有名なのが「足利尊氏」(あしかがたかうじ)と「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)。1度は朝廷軍に敗れて九州に下っていた尊氏でしたが、態勢を立て直して東上する途中、当社で必勝祈願を行ない、再戦で勝利。その結果が、室町幕府の開府へとつながったのです。また、秀吉は「九州征伐」(きゅうしゅうせいばつ)に向かう途中で参拝し、朝鮮出兵時にも必勝を祈願したと言われています。

忌宮神社と日本刀

忌宮神社の宝物館では、400点余りの資料を収蔵・展示。武家からの篤い崇敬を集めていた当社には、多くの日本刀(刀剣)が奉納されています。中でも、「刀:無銘 伝則宗」(かたな:むめい でんのりむね)と「太刀:銘 備州長船盛光」(たち:めい びしゅうおさふねもりみつ)の2振は、いずれも国の重要文化財に指定されている逸品。前者は最後の長府藩主「毛利元敏」(もうりもととし)によって奉納され、後者は最後の長州藩主「毛利元徳」(もうりもとのり)によって奉納されました。

刀:無銘 伝則宗の作者と考えられている「則宗」は、鎌倉時代に備前国(現在の岡山県)で活動していた刀工で、「福岡一文字派」(ふくおかいちもんじは)の祖と言われています。当時から名工として知られており、「後鳥羽上皇」(ごとばじょうこう)の命令で月替わりに日本刀(刀剣)を鍛えた「御番鍛冶」(ごばんかじ)の第一(正月番)に位置付けられていました。則宗は、上皇が定めた皇位の紋章である16弁の菊を銘に切ることが許され、福岡一文字派が銘に「一」を切っていたことから、「菊一文字」(きくいちもんじ)と称していたのです。

他方、太刀:銘 備州長船盛光の作者である「盛光」は、室町時代に備前長船(現在の岡山県)で活動していた「長船派」の刀工。室町時代における長船派を代表する名工です。

忌宮神社写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 忌宮神社 拝殿
    忌宮神社の拝殿です。
  • 忌宮神社 拝殿アップ
    拝殿のアップです。
  • 忌宮神社 由来看板
    忌宮神社のご由緒です。
  • 忌宮神社 門
    拝殿前の門です。
  • 忌宮神社 境内
    忌宮神社の境内の様子です。
  • 忌宮神社 敷地
    広々とした境内では様々な行事が行なわれ…
  • 忌宮神社 鬼石
    新羅の武将・塵輪を射倒しその首を埋めた…
  • 忌宮神社 宿禰の銀杏
    武内宿禰が手植えをしたと伝えられる宿禰…
  • 忌宮神社 荒熊稲荷神社
    荒熊稲荷神社です。※この写真は「忌宮神…
  • 忌宮神社 蚕種渡来記念碑
    蚕種渡来の地記念碑です。※この写真は「…
  • 忌宮神社 八坂神社
    境内奥にある八坂神社です。
  • 忌宮神社 宝物館
    古文書や刀剣、武具、能面などが収蔵され…
  • 忌宮神社 相撲資料館
    三日相撲放駒部屋相撲資料館です。※この…
  • 忌宮神社 土俵
    荒熊稲荷神社例祭・奉納三日相撲大会で使…
  • 忌宮神社 さか松
    願掛けに力を発揮すると云われるさか松で…
  • 忌宮神社 鳥居
    忌宮神社の鳥居です。
  • 忌宮神社 社標
    忌宮神社の社標です。
  • 忌宮神社 満珠干珠
    忌宮神社の飛び地境内満珠・干珠です。国…
  • 忌宮神社 氏子会館
    敷地内にある氏子会館です。
  • 忌宮神社 数方庭の大幟の竹
    数方庭祭に使われる大幟の竹です。
  • 忌宮神社の拝殿です。
  • 拝殿のアップです。
  • 忌宮神社のご由緒です。
  • 拝殿前の門です。
  • 忌宮神社の境内の様子です。
  • 広々とした境内では様々な行事が行なわれます。
  • 新羅の武将・塵輪を射倒しその首を埋めたとされる場…
  • 武内宿禰が手植えをしたと伝えられる宿禰の銀杏です…
  • 荒熊稲荷神社です。※この写真は「忌宮神社」様より…
  • 蚕種渡来の地記念碑です。※この写真は「忌宮神社」…
  • 境内奥にある八坂神社です。
  • 古文書や刀剣、武具、能面などが収蔵されている宝物…
  • 三日相撲放駒部屋相撲資料館です。※この写真は「忌…
  • 荒熊稲荷神社例祭・奉納三日相撲大会で使用する土俵…
  • 願掛けに力を発揮すると云われるさか松です。
  • 忌宮神社の鳥居です。
  • 忌宮神社の社標です。
  • 忌宮神社の飛び地境内満珠・干珠です。国指定天然記…
  • 敷地内にある氏子会館です。
  • 数方庭祭に使われる大幟の竹です。
もっと見る
閉じる

忌宮神社の
主な収蔵作品

忌宮神社の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

刀 無銘 伝則宗

※この写真は忌宮神社様からご提供頂いております。

忌宮神社の施設情報

忌宮神社の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒752-0967
山口県下関市長府宮の内町1-18
電話番号 083-245-1093
交通アクセス 「城下町長府バス停」下車 徒歩約4分

交通アクセス情報を見る

拝観時間 【宝物館】
8時30分~16時
拝観料 【宝物館】
志納
駐車場 有り
公式サイト http://iminomiya-jinjya.com/

忌宮神社の地図

忌宮神社
忌宮神社
施設所在地
忌宮神社

「忌宮神社」近くの施設情報

「忌宮神社」近くの観光名所

「忌宮神社」近くの飲食店

「忌宮神社」近くのショッピング施設

「忌宮神社」近くの宿泊施設

「忌宮神社」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「神社・寺・教会」では、忌宮神社の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」では、「全国の刀剣が奉納されている神社・仏閣」の一覧や動画をご覧頂くことができます。
こちらのページでは、山口県下関市にある「忌宮神社」についてご紹介しています。
ここでは、神社・仏閣の施設名、所在地、アクセスなどの基本情報をご覧頂くことができます。そしてさらに、その神社・仏閣の歴史や写真、動画など様々な施設情報もご紹介。写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣のその美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。
実際に足を運ぶ際には、ぜひ「刀剣ワールド」をご活用、ご参考になさって下さい。そして実物をご覧になって刀剣の魅力を再確認してみて下さいね。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る