出雲大社 出雲大社
出雲大社_トップ用
島根県出雲市の「出雲大社」(いづもおおやしろ)は、縁結びの神様として古来信仰を集めてきました。主祭神の「大国主大神」(おおくにぬしのおおかみ)は、「だいこくさま」として広く慕われる神様で創建は神代の時代に遡ります。出雲は神々の国として知られていますが、出雲大社の持つ古代から受け継がれてきた想像を絶するスケール感と荘厳さは、他の追随を許さない日本を代表する神社です。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

出雲大社の歴史

島根県出雲市にある「出雲大社」の歴史について、ご紹介します。

出雲大社のあゆみ

出雲大社に祀られている大国主大神は、日本各地を開拓すると共に民に対して農業・漁業・殖産・医薬などの方法を伝え、国づくりを行ないました。このような心配りによって、「葦原中津国」(あしはらのなかつくに)は、「豊葦原瑞穂国」(とよあしはらみずほのくに)と称えられる豊かで力強い国へと発展します。

そののち、豊葦原瑞穂国を「天照大御神」(あまてらすおおみかみ)に返還した大国主大神は、そのときに造営された「天日隅宮」(あめのひすみのみや)に鎮座。その神殿の高さは約48mとも言われている壮大な物で、「古事記」や「日本書紀」には、屋根の両端で交差している「千木」(ちぎ)が雲を貫くほどの高さを誇っていたとの記述があるほどでした。

2000年(平成12年)出雲大社の境内遺跡から、この伝説が本当にあった可能性を示す物が発見されました。それは直径が最大約3mにも上る「宇豆柱」(うづばしら)と直径の最大が約6mになる柱の穴。これらが巨大な社殿の設計図と言われている「金輪御造営差図」(かなわのごぞうえいさしず)に描かれていた物と符合していたのです。

現在の出雲大社の本殿は1744年(延享元年)に行なわれた「延享の造営」(えんきょうのぞうえい)で造営された物で、高さは約24m。神社建築では、日本一の規模を誇る「大社造」(たいしゃづくり)の社殿は、国宝に指定されています。

出雲大社と日本刀

出雲地方は、古来豊富で良質な砂鉄を利用した鉄の一大産地として知られ、遅くとも古墳時代後期には製鉄が始まったと言われています。

そして、平安時代になると出雲から伯耆の国境にかけて刀工集団が出現し、「たたら製鉄」によって得られた「玉鋼」(たまはがね)を原料として「日本刀」作りが行なわれるようになりました。出雲と刀剣のかかわりにおいて、特に有名なのが「ヤマタノオロチ伝説」。「素盞嗚尊」(すさのおのみこと)が出雲国(いずものくに:現在の島根県)において、「ヤマタノオロチ」を退治した際に、尾の部分から出現したとされる「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ)は、のちに名を「草薙剣」(くさなぎのつるぎ)と改められ、皇位のしるしとして歴代天皇によって受け継がれる「三種の神器」のひとつとなったのです。

出雲大社の社宝が収められている「宝物殿」(ほうもつでん)では、数多くの日本刀を所蔵。なかでも国指定重要文化財の「太刀:銘 光忠」(たち:めいみつただ)が有名です。この太刀は、元々「豊臣秀吉」(とよとみひでよし)の佩刀(はいとう)でしたが、1609年(慶長14年)の遷宮の際に、「豊臣秀頼」(とよとみひでより)と、その母「淀殿」によって寄進されました。

作者の光忠は、中世において備前国(現在の岡山県)で栄えた「長船派」の実質的な祖とされる刀工で、鎌倉時代中期に活動。その作品は、鎌倉幕府が全国に命じて切れ味の優れた日本刀を注進させた「注進物」(ちゅうしんもの)の名簿にも名を連ねたほどの切れ味と共に、華やかさも兼備しているのが特徴で、「織田信長」(おだのぶなが)も光忠の作品を好んで収集していたと言われています。

出雲大社写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

出雲大社_八足門
出雲大社の八足門です。門の奥に御本殿が…
出雲大社_拝殿
拝殿です。参拝者の御祈祷や奉納行事が行…
出雲大社_本殿まわり
八足門から続く塀のまわりは石畳と玉砂利…
出雲大社_神楽殿
神楽殿の大注連縄は長さが約13mありま…
出雲大社_勢溜の大鳥居
勢溜(せいだまり)の大鳥居です。神域は…
出雲大社_碧銅鳥居
銅の鳥居は毛利輝元の孫である綱広から寄…
出雲大社_早朝の神門通り
勢溜の大鳥居の内側からは神門通りが見え…
出雲大社_参道
勢溜の大鳥居から松の参道へと続く下り参…
出雲大社_松の参道
松の参道です。左右の石畳を通り拝殿へ向…
出雲大社_十九舎
十九社です。本殿の西側、東側に対となる…
出雲大社_宇豆柱跡
八足門前にある宇豆柱(うづばしら)跡で…
出雲大社_本殿の横手水
八足門横にある手水所です。
出雲大社_ムスビの御神像
ムスビの御神像です。幸魂奇魂(さきみた…
出雲大社_因幡の白兎の像
儀式が鮮やかな色彩で描かれています。
出雲大社_だいこく様と因幡の白兎
古事記にある大国主大神様と因幡の素兎(…
出雲大社_うさぎ像
46羽のウサギ達が境内のあちらこちらに…
出雲大社_牛馬の像
馬と牛の銅像です。参拝者に撫でられた鼻…
出雲大社_社務所
社務所は銅の鳥居の横に建っています。
出雲大社_宝物殿
宝物殿です。古代御本殿心御柱など、貴重…
出雲大社 彰古館
彰古館(しょうこかん)です。大正時代に…
出雲大社の八足門です。門の奥に御本殿があります。
拝殿です。参拝者の御祈祷や奉納行事が行なわれます…
八足門から続く塀のまわりは石畳と玉砂利になってお…
神楽殿の大注連縄は長さが約13mあります。
勢溜(せいだまり)の大鳥居です。神域はここから始…
銅の鳥居は毛利輝元の孫である綱広から寄進された物…
勢溜の大鳥居の内側からは神門通りが見えます。
勢溜の大鳥居から松の参道へと続く下り参道です。な…
松の参道です。左右の石畳を通り拝殿へ向かいます。
十九社です。本殿の西側、東側に対となるように建て…
八足門前にある宇豆柱(うづばしら)跡です。出土し…
八足門横にある手水所です。
ムスビの御神像です。幸魂奇魂(さきみたまくしみた…
儀式が鮮やかな色彩で描かれています。
古事記にある大国主大神様と因幡の素兎(いなばのし…
46羽のウサギ達が境内のあちらこちらに設置されて…
馬と牛の銅像です。参拝者に撫でられた鼻が輝いてい…
社務所は銅の鳥居の横に建っています。
宝物殿です。古代御本殿心御柱など、貴重な品を展示…
彰古館(しょうこかん)です。大正時代に建てられた…
もっと見る
閉じる

出雲大社の紹介動画

出雲大社

出雲大社の
主な収蔵作品

出雲大社の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 銘 光忠

※この写真は出雲大社様からご提供頂いております。

出雲大社の施設情報

出雲大社の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒699-0701
島根県出雲市大社町杵築東195
電話番号 0853-53-3100
交通アクセス 一畑電車大社線「出雲大社前駅」下車 徒歩12分

交通アクセス情報を見る

拝観時間 【境内】
[3~10月] 6~20時
[11~2月] 6時30分~20時

【宝物殿】
8時30分~16時30分
(不定休)
拝観料 300円(一般)
駐車場 有り
公式サイト http://www.izumooyashiro.or.jp/

出雲大社の地図

出雲大社
出雲大社
施設所在地
loading...

「出雲大社」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「神社・寺・教会」では、出雲大社の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

旅探「全国の神社・寺・教会」 旅探「全国の神社・寺・教会」
旅探で日本全国の神社・寺・教会を簡単検索!ガイドブックや公式ホームページでは分からない生の声を掲載しています。

島根県の刀剣施設情報

島根県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 松江市
  • 浜田市
  • 出雲市
  • 益田市
  • 大田市
  • 安来市
  • 江津市
  • 雲南市
  • 仁多郡奥出雲町
  • 飯石郡飯南町
  • 邑智郡川本町
  • 邑智郡美郷町
  • 邑智郡邑南町
  • 鹿足郡津和野町
  • 鹿足郡吉賀町
  • 隠岐郡海士町
  • 隠岐郡西ノ島町
  • 隠岐郡知夫村
  • 隠岐郡隠岐の島町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、「全国の刀剣が奉納されている神社・仏閣」の一覧や動画をご覧頂くことができます。
こちらのページでは、島根県出雲市にある「出雲大社」についてご紹介しています。
ここでは、神社・仏閣の施設名、所在地、アクセスなどの基本情報をご覧頂くことができます。そしてさらに、その神社・仏閣の歴史や写真、動画など様々な施設情報もご紹介。写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣のその美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。
実際に足を運ぶ際には、ぜひ「刀剣ワールド」をご活用、ご参考になさって下さい。そして実物をご覧になって刀剣の魅力を再確認してみて下さいね。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード