刀剣ことわざ集(ま行~)

日本刀にまつわることわざをイラスト付きでご紹介します。 日本刀は武家の表道具として、生活の一部であったことから、長い間大切にされてきました。普段何気なく使っている言葉の中にも、日本刀が由来になっていることわざは数多くあります。

文字サイズ

ま行~

丸腰

まるごし

刀を帯びない武士のように、身を守るのに必要な物を持たないこと。

丸腰

身から出た錆

みからでたさび

刀の錆が刀身から生じることから、自らの悪い行ないによって自らが苦しむこと。

身から出た錆

峰打ち

みねうち

日本刀の刃の反対側にある峰で相手をたたくこと。刀で相手を殺さずに退治すること。

峰打ち

昔の長刀、今の菜刀

むかしのちょうとう、いまのながたな

かつて戦場で活躍した長刀が、のちに野菜を切る包丁として使われてしまうように、良い物も時勢によっては役に立たなくなってしまうということ。

昔の長刀、今の菜刀

目釘を湿す

めくぎをしめす

刀を抜くときに「目釘」という金具が飛ばないように、濡らしておくこと。

目釘を湿す

目貫き通り

めぬきどおり

刀の柄(つか)にある「目貫」とよばれる金具のような、華やかな街の大通りのこと。

目貫き通り

元の鞘に収まる

もとのさやにおさまる

刀がもともと収まっていた鞘(さや)に戻るように、離れ離れになった人同士が、再びもとの関係に戻ること。

元の鞘に収まる

諸刃の剣

もろはのつるぎ

両側に刃がある剣は、相手を切ろうとすると、自分をも傷つける可能性があることから、一方では非常に役立つが、他方では大きな損害を与える危険もある物の例え。

諸刃の剣

焼きが回る

やきがまわる

刀を鍛える際に火を入れすぎて切れ味が悪くなるように、加齢などによって衰えてしまうこと。

焼きが回る

焼きを入れる

やきをいれる

刀鍛冶が金属を熱して刀を強化する如く、やる気のない者に活を入れて奮い立たせること。転じて、拷問すること。

焼きを入れる

槍玉に挙げる

やりだまにあげる

槍を手玉のように自由自在に扱う様が如く、他人を非難の対象に挙げて責め立てること。

槍玉に挙げる

弓は袋に太刀は鞘

ゆみはふくろにたちはさや

弓が袋の中に、刀が鞘の中に収められたままであることから、社会が平穏であることの例え。

弓は袋に太刀は鞘

横槍を入れる

よこやりをいれる

戦場で、合戦している双方の横から別の一隊が槍で襲い掛かってくることから、関係ない人が横から口を出して、話などを妨げること。

横槍を入れる

両刀使い

りょうとうづかい

大小の刀を同時に使うことから、全く異なる二つの物事をこなすことができる人のこと。

両刀使い

連木で腹を切る

れんぎではらをきる

刀の代わりに連木(木の棒)で切腹しようとするような、不可能なことをしようとすること。

連木で腹を切る

我が刀で首切る

わがかたなでくびきる

自分の刀で己の首を切るように、自分の行為によって自らが苦しむこと。

我が刀で首切る

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣ことわざ集」のページです。武家にとって表道具であった日本刀は、武士たちの間でとても大切な物として扱われてきました。私たちが普段使っている言葉の中にも日本刀に関する言葉は多く残っています。このページには「ま行~」に関する刀剣のことわざを、イラスト付きで掲載しました。あなたが何気なく使っていたことわざが、日常生活と思わぬところで繋がっているかもしれません。 バーチャル刀剣博物館の掲載内容は、日本刀・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀や甲冑に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
ページトップへ戻る