「現代刀職展」、「日本刀の匠たち」上位入賞作品同時展示

アーカイブ

アーカイブ ※この記事は2019年9月15日に発行されたものです。

「大刀剣市2019」は十一月一日(金)~三日(日・祝)の三日間、東京美術倶楽部において全国の七十三店が出店し、刀剣・刀装具・甲冑武具などの大展示即売会として開催する。

会場では恒例のイベント「我が家のお宝鑑定」「現代刀匠による銘切り実演」も連日行なわれる。

また、本年は特別企画として、公益財団法人日本美術刀剣保存協会(酒井忠久会長)主催の「現代刀職展」と公益財団法人日本刀文化振興協会(吉原国家理事長)主催の「日本刀の匠たちー新作日本刀研磨 外装 刀職技術展覧会」においてそれぞれ上位入賞した作刀・研磨の作品を同時展示することとなった。

両協会と出品された皆さまのご協力に心から御礼申し上げます。

■出店予定作品(敬称略)
「現代刀職展」
作刀〈高松宮記念賞〉北川哲士・〈薫山賞〉高見一良・〈寒山賞〉小宮治気
研磨〈木屋賞〉松村壮太郎・〈竹屋賞〉平井隆守・〈千葉賞〉諸岡剛

「日本刀の匠たち」
作刀〈経済産業大臣賞〉河内一平・〈長野県知事賞〉明珍裕介・〈金賞第一席〉上山陽三
研磨〈文部科学大臣賞〉水田吉政・〈金賞第一席〉阿部聡一郎・〈金賞第二席〉倉島一

前へ

記事一覧へ

次へ

注目ワード
注目ワード