10月4日を「日本刀の日」記念日に制定

アーカイブ

アーカイブ ※この記事は2019年7月15日に発行されたものです。

昨年、全日本刀匠会は10月4日(とうしょうの語呂合わせ)を「日本刀の日」記念日に制定しました。令和元年の今年、この記念日をさらに多くの方に知っていただくために、下記の通り、第1回「現代刀目利き認定大会in岡山」を開催します。

認定方法は、約300振の現代刀と作者を結びつける形での入札鑑定(解答記入)となります。成績優秀者へは、全日本刀匠会から「現代刀目利き認定証」および賞品として「刀鍛冶製作の小品」を贈呈します。現代刀の鑑定に自信のある方、刀職者の方、現代刀に興味を持ち始めた方など、多くのご参加をお待ちしています。

10月の認定大会までに、各地で現代刀の展覧会が開催されます。勉強次第では初心者の方の最優秀賞も夢ではありません。多くの方が参加し、「初代最優秀現代刀目利き」を目指していただきたいと考えています。

参加ご希望の方は、ホームページから申込書をダウンロードの上、必要事項をご記入の上お申し込みください。当日は初心者講習を行ないます。刀のお取扱いに不安のある方はご参加ください。

(全日本刀匠会)

会場:ホテルグランヴィア岡山
〒700-8515 岡山市北区駅元町1-5
電話:086-234-7000
期日:令和元年10月5日(土)
参加費:一般12,000円 賛助会員10,000円
募集人数:100人(高校生以上、18歳未満は保護者の承諾必要)
     定員になり次第締め切り
詳しくは、http://www.tousyoukai.jp/

前へ

記事一覧へ

次へ

注目ワード

注目ワード