朝廷と関鍛冶のつながりに興味を持ってもらおうと企画

アーカイブ

アーカイブ ※この記事は2019年5月15日に発行されたものです。

関鍛冶伝承館(岐阜県関市南春日町9-1 電話0575-23-3825)で企画展「朝廷と菊紋と関の刀工」が開かれている。

天皇家の紋章である菊紋が刻まれた刀などを展示。皇位継承など天皇への関心が高まっている中、朝廷と関鍛冶とのつながりにも興味を持ってもらおうと企画した。五月二十七日まで。

展示されているのは、室町時代から昭和にかけて主に関で作られた刀剣二十四振と古文書など資料八点。

前へ 記事一覧へ 次へ

注目ワード

ページトップへ戻る