日本刀や甲冑について楽しく学べるウェブサイト

アーカイブ

アーカイブ ※この記事は2019年1月15日に発行されたものです。

東建コーポレーション株式会社(本社:名古屋市中区)は、刀剣の総合情報ウェブサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」(https://www.touken-world.jp/)を平成三十年十一月一日(木)より公開しました。

「刀剣ワールド」は、日本の伝統文化の継承・推進を目的として、美術的に価値の高い日本刀や甲冑に関する知識や雑学、ゲーム、キャンペーンなどを提供するウェブサイトで、日本刀や甲冑の情報を網羅し、読むだけでなく、写真やイラストさらに動画にて紹介することで、初心者の方でも楽しく学べる内容となっています。

当社は、“建物・土地・人の調和をめざす東建グループ”という企業コンセプトの元、事業活動にとどまらず社会貢献に向けた様々な活動に取り組んでいます。
日本文化の振興・発展に寄与するため、日本の文化財である刀剣や甲冑などに関して様々な切り口で研究活動を進め、情報発信や保存活動などを行なっています。

今回公開したバーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、「学び」をコンセプトに、当社がこれまでに収集・分析した知識や知見から、日本伝統文化の歴史や豆知識、コラムなど、数多くのコンテンツを制作しました。このウェブサイトの開設により、刀剣・日本刀や甲冑、歴史ファンの皆様の「学び」をサポートします。

内容は、「刀剣・日本刀検索」「刀剣の基礎知識」「歴史の偉人と日本刀」など、数多くのコンテンツを用意しております。各時代を再現したキャラクターがたくさん登場して解説するなど、楽しみながら学べる構成で、刀剣、甲冑の情報量は、日本一を誇ります。これからも順次、コンテンツを追加しながら、今後は多言語に対応することで、世界一の日本刀サイトを目標とし、研究活動と情報発信を行なってまいります。

また、二○二○年六月には名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(名古屋市中区)を開館いたします。名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」は、愛知県名古屋市中区栄に位置し、重要文化財や重要美術品をはじめとした、常時二百振以上の日本刀と甲冑五十領を展示する地上七階建て、総面積約一千坪、展示面積四百五十坪を誇る日本最大級の日本刀展示スペースを計画しています。

博物館のコンセプトは、①「リアル(実物展示アイテム)」、②「バーチャル(ウェブサイト「刀剣ワールド」)」、③「デジタルアトラクション(メディア体験)」の三つのテーマを複合させた「誰もが楽しめる日本文化の出会いの場」として、これまでにない体験型ミュージアムとして、多くの来場者様に楽しんでいただける博物館を現在建設中です。

前へ

記事一覧へ

次へ

注目ワード

注目ワード