福岡市博物館 福岡市博物館
福岡市博物館
福岡市早良区にある「福岡市博物館」は1990年(平成2年)10月、地域の歴史と民俗を研究・展示する博物館として開館。常設展示では、アジアの人・物・文化の交流がもたらした特色ある福岡の歴史と、人々の暮らしを11のコーナーを通して紹介。黒田如水(官兵衛)ゆかりの福岡藩主・黒田家の資料を中心に展示している「黒田家名宝展示」のコーナーには、国宝 刀 名物「圧切長谷部」(へしきりはせべ)、国宝 太刀 名物「日光一文字」、「天下三名槍」のひとつに挙げられている大身鎗 名物「日本号」が展示されます。圧切長谷部、日光一文字の展示は時期によって異なりますので、詳細に関してはページ下部に記載の、 福岡市博物館公式サイトURLからご覧下さい。 日本号は常時観覧頂けます。
文字サイズ

福岡市博物館の歴史

福岡県福岡市にある「福岡市博物館」の歴史について、ご紹介します。

福岡市博物館と日本刀

福岡市博物館には、織田信長が愛用していた日本刀、国宝 刀 名物「圧切長谷部」が収蔵されています。建武期に山城国で活動していた刀工「長谷部国重」の作とされているこの日本刀には、こんな逸話があります。

あるとき茶坊主「観内」(かんない)が信長の前で粗相。手打ちにされることを恐れた観内は、とっさに台所の御膳棚の下に隠れました。これを見た信長は、手に持った日本刀を棚下に差し入れ「圧し切」ってしまったのです。振り下ろさずとも茶坊主を手打ちにできたことから、この日本刀に「圧切」の異名が付きました。黒田家に渡った経緯については諸説ありますが、そのひとつが信長から如水に与えられたと言うものです。

福岡市博物館では、圧切長谷部の他に、もう1振り、国宝 太刀 名物「日光一文字」を収蔵しています。無銘のため、作者は明らかではありませんが、「備前福岡一文字」派の作品とされるこの太刀は、「北条早雲」が日光権現(現在の日光二荒山)の宝刀を申し受け、家宝にした物です。

1590年(天正18年)の豊臣秀吉による小田原城攻めの際、如水が秀吉と北条氏の講和を斡旋。その働きの礼として、北条氏直から日光一文字が如水に贈られました。そのとき、この太刀を入れてあった葡萄模様蒔絵を施された黒漆塗りの刀箱は、現在まで伝来。日光一文字と共に、国宝に指定されました。

日光一文字は、拵(こしらえ)が現存せず、刀身と収納するための刀箱が残っているだけの状態。しかし、元々は圧切長谷部と同じ拵をまとっていました。「黒田忠之」が江戸時代初期に山城国で活動していた刀工「埋忠明寿」(うめただみょうじゅ)に拵を依頼するにあたり、圧切長谷部と少しも違わないように書状で注文していたのです。現存する圧切長谷部の拵も書状に記載されている物と異なっているため、お揃いの拵がどのような物だったかは分かりません。しかし、圧切長谷部と日光一文字という、黒田家にゆかりのある2振りの国宝が同じ拵をまとっていた時期があるという事実は、非常に興味深いものです。

福岡市博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 福岡市博物館の外観。立派なブロンズ像が立っています。
    福岡市博物館の外観。立派なブロンズ像が…
  • 外観はガラス張りになっています。
    外観はガラス張りになっています。
  • 福岡市博物館の入口。
    福岡市博物館の入口。
  • 福岡市博物館のグランドホール。
    福岡市博物館のグランドホール。
  • 福岡市博物館の庭園。
    福岡市博物館の庭園。
  • 福岡市博物館の内観。
    福岡市博物館の内観。
  • 福岡市博物館の看板。
    福岡市博物館の看板。
  • 福岡市博物館の外観。
    福岡市博物館の外観。
  • 福岡市博物館の外観。立派なブロンズ像が立…
  • 外観はガラス張りになっています。
  • 福岡市博物館の入口。
  • 福岡市博物館のグランドホール。
  • 福岡市博物館の庭園。
  • 福岡市博物館の内観。
  • 福岡市博物館の看板。
  • 福岡市博物館の外観。
もっと見る
閉じる

福岡市博物館の紹介動画

福岡市博物館

福岡市博物館の
主な収蔵作品

福岡市博物館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

大身鎗 名物 日本号

※この写真は福岡市博物館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    その他
  • 時代
    室町時代
  • 制作国
    -
  • 刀工
    -

福岡市博物館施設情報

福岡市博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒814-0001
福岡県福岡市早良区百道浜3丁目1-1
電話番号 092-845-5011
交通アクセス 「西新駅」下車 徒歩約15分
西鉄バス 「博物館北口」、「福岡タワー南口」、「博物館南口」、「福岡タワー」(TNC放送会館)下車 徒歩約5分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9時30分~17時30分(入館は17時まで)
休館日 月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
駐車場 有り
入場料 一般 200円(150円)
高大生 150円(100円)
中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金です。
公式サイト http://museum.city.fukuoka.jp/

「福岡市博物館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、福岡市博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。
※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

福岡市博物館のアクセス

福岡市博物館
福岡市博物館
福岡市博物館
福岡市博物館

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。こちらのページでは、福岡県福岡市にある「福岡市博物館」についてご紹介しています。福岡市博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、福岡市博物館について詳しくご覧頂くことができます。写真や動画で見る刀剣も素敵ですが、実際に見る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
ページトップへ戻る