岡山県立博物館 岡山県立博物館
岡山県立博物館
「岡山県立博物館」は、原始・古代から近世に至るまでの文化遺産を収集・保存して、その代表的な物を観覧することのできる歴史博物館。現在の岡山県南部には、「五箇伝」のひとつ「備前伝」の本拠地として質量ともに日本一の日本刀(刀剣)産地として栄えた「備前国」が位置していました。その他、現在の岡山県西部には、名刀を数多く輩出した「青江派」(あおえは)が活動拠点としていた「備中国」も存在するなど、日本屈指の「刀どころ」でもあるのです。岡山県立博物館には、「太刀:銘則宗」、「太刀:銘長光」という、岡山に縁の深い2振の重要文化財が収蔵されています。
文字サイズ

岡山県立博物館の歴史

岡山県岡山市にある「岡山県立博物館」の歴史について、ご紹介します。

岡山県立博物館のあゆみ

「岡山県立博物館」は、1971年(昭和46年)に開館。古代日本において、「吉備国」(きびのくに)と呼ばれていた岡山県は、大陸や朝鮮半島に近く、その文化的影響をより受けていたとされる北九州や、都があった近畿と共に、古代から文化を形成、繁栄させてきました。主な収蔵品には、平安時代後期に遡る甲冑(鎧兜)で、国宝に指定されている「赤韋威鎧兜、大袖付」(あかがわおどしよろいかぶと、おおそでつき)をはじめとして、宮山墳墓群(みややまふんぼぐん:島根県総社市)出土の「特殊器台」、高塚遺跡(岡山市)出土の「突線流水文銅鐸」(とっせんりゅうすもんどうたく)、両宮山古墳群(りょうぐんざんこふんぐん:赤磐市[あかいわし])出土の「長持形石棺」があります。これらの出土品はいずれも国の重要文化財に指定されています。

このように、古代から文化的にも繁栄してきた岡山県ですが、すぐに思い浮かぶ文化財と言えば、やはり日本刀(刀剣)。「五箇伝」のひとつとして栄えたことで知られる「備前伝」をはじめとして、現在の岡山県西部に位置していた「備中国」においても、「青江派」などの刀工によって数多くの名刀が生み出されてきました。近隣地域において、複数の刀工集団が存在し、腕を競い合うようにして鍛刀を行なった結果、備前・備中一帯は、日本刀(刀剣)の一大生産地として、大きく発展を遂げたのです。

岡山県立博物館には、国の重要文化財に指定されている「太刀」が2振、収蔵されています。1振は「則宗」(のりむね)の銘が入った日本刀(刀剣)。則宗は、岡山県東部を流れる「吉井川」の東岸を拠点とした「福岡一文字派」(ふくおかいちもんじは)の祖と言われている人物です。直刃調の小乱れの刃文が焼かれ、細身で優雅な姿は、備前国において平安時代中期に興った刀工集団の一派「古備前」の趣。収蔵されている太刀は、鎌倉時代の作品であると考えられますが、古備前の特徴を受け継いでいると言えます。

もう1振が「長光」(ながみつ)の銘が入った日本刀(刀剣)。長光とは、備前国の刀工集団「長船派」(おさふねは)の代表的な刀工で、現存する古刀(平安時代中期から桃山時代末期の間に作られた日本刀)のうち、銘が入っている物が最も多いひとり。国宝に指定されている物も6点あります。日本刀(刀剣)に詳しい人でなくとも、「長船長光」という名前を一度は耳にしたことがあるでしょう。長光は、長船派の祖である「光忠」(みつただ)の子だと言われており、太刀から小太刀、短刀、薙刀、剣と、その作品の幅が広いことが特徴です。

岡山県立博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 岡山県立博物館の外観。
    岡山県立博物館の外観。
  • 岡山県立博物館の入口。
    岡山県立博物館の入口。
  • 岡山県立博物館の内観。
    岡山県立博物館の内観。
  • 岡山県立博物館内にある展示品。
    岡山県立博物館内にある展示品。
  • 岡山県立博物館の前に、菊の花が飾られていました。
    岡山県立博物館の前に、菊の花が飾られて…
  • 岡山県立博物館内に入ったすぐ横に設置された鎧兜。自由に装着することができます。
    岡山県立博物館内に入ったすぐ横に設置さ…
  • 岡山県立博物館の看板。
    岡山県立博物館の看板。
  • 岡山県立博物館の外観。イチョウの木がきれいに紅葉していました。
    岡山県立博物館の外観。イチョウの木がき…
  • 岡山県立博物館の外観。
  • 岡山県立博物館の入口。
  • 岡山県立博物館の内観。
  • 岡山県立博物館内にある展示品。
  • 岡山県立博物館の前に、菊の花が飾られてい…
  • 岡山県立博物館内に入ったすぐ横に設置され…
  • 岡山県立博物館の看板。
  • 岡山県立博物館の外観。イチョウの木がきれ…
もっと見る
閉じる

岡山県立博物館の
主な収蔵作品

岡山県立博物館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 銘 則宗

※この写真は岡山県立博物館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    重要文化財
  • 時代
    鎌倉時代
  • 制作国
    備前国
  • 刀工
    則宗

岡山県立博物館施設情報

岡山県立博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒703-8257
岡山県岡山市北区後楽園1-5
電話番号 086-272-1149
交通アクセス 「城下駅」下車 徒歩約5分

交通アクセス情報を見る

営業時間 夏季(4~9月)9~18時
冬季(10~3月)9時30分~17時
休館日 月曜日 (月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始
駐車場 有り
入場料 一般 250円(200円)
65歳以上 120円(100円)
高校生以下 無料
※特別展は別途観覧料要
※( )内は30名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kenhaku/hakubu.htm

「岡山県立博物館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、岡山県立博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。
※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

岡山県立博物館のアクセス

岡山県立博物館
岡山県立博物館
岡山県立博物館
岡山県立博物館

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。こちらのページでは、岡山県岡山市にある「岡山県立博物館」についてご紹介しています。岡山県立博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、岡山県立博物館について詳しくご覧頂くことができます。写真や動画で見る刀剣も素敵ですが、実際に見る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
ページトップへ戻る