和鋼博物館 和鋼博物館
和鋼博物館
「和鋼博物館」は島根県安来市にあります。館名に用いられている「和鋼」(わこう)は、近代以前における日本で行なわれてきた「たたら製鉄法」によって生産された鋼のことです。砂鉄を原料、木炭を燃料として粘土製炉を用いて比較的低温度で還元する方法によって純度の高い鉄を精製します。近世後半における中国山地での鉄の生産量は、わが国の鉄生産量の約80%を占めていました。そんな「鉄どころ」に設置されている鉄の総合博物館である和鋼博物館では、日本刀をテーマとした特別展も度々開催されています。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

和鋼博物館の歴史

島根県安来市にある「和鋼博物館」の歴史について、ご紹介します。

和鋼博物館のあゆみ

和鋼博物館は、1993年(平成5年)4月に鉄の道文化圏(安来市雲南市・奥出雲町)内の文化館のひとつとして開設。日本古来の製鉄法である「たたら製鉄」の歴史や様々な匠の技を紹介すると共に、和鋼博物館の前身「和鋼記念館」の「和鋼」と、たたらの調査・研究に関する業務を引き継ぎ、発展させていくことを目的としています。

和鋼とは、たたら吹きにより精製された日本刀などの原料になる「玉鋼」(たまはがね)のことです。近代において玉鋼精製技術を受け継いで開発された「安来鋼」(やすきはがね)と呼ばれている鋼は、世界中で様々な用途に使用されています。和鋼博物館では、鉄の歴史と共に、現代の安来鋼の紹介も行なわれています。

和鋼博物館の東側にある安来港は、江戸時代以来、鋼鉄、鉄製品を扱う港として栄え、安来市南部は鋼鉄の生産地として発展。この地域における鉄の生産量は、国内の約80%に上りました。鋼鉄の歴史が安来の歴史と言っても過言ではありません。和鋼博物館は、そんな鋼の町を代表する博物館です。

たたら製鉄と日本刀

「日本刀は単なる武器に留まらす、もはや美術品である」。そんな言葉を耳にすることがあります。現在では、刀を武器に使うことは皆無で、美術館や博物館で鑑賞する対象となっているのがほとんどです。もっとも日本刀は、他の銃器などにはない妖しい力、一種の神秘性をまとっています。その秘密の鍵は、日本刀の原材料である和鋼にありました。一般的な鉄とは異なる和鋼を精製する方法こそ、弥生時代から伝わるたたら製鉄なのです。

たたら製鉄特有の産物と言えば玉鋼です。たたら製鉄で精製される和鋼のうち、最高の品質を有する物です。これを作り出すのは「村下」(むらげ)と呼ばれるたたら作業の技術責任者です。村下は、たたらの側壁の下部にある「ほど穴」から炉内の状況を観察し、原料となる砂鉄や燃料の木炭を入れるタイミングなどを細かく指示し、炉況の安定を図ります。連日連夜の観察と指示によって作り出される玉鋼は、日本刀作出のためになくてはならない物なのです。

村下によって玉鋼が精製されたあとは、刀匠が玉鋼に焼きを入れるなどの鍛錬をして刀を作り上げます。日本刀作りにおいては、この場面に目がいきがちですが、その原材料となる和鋼、玉鋼を精製する技術があってこそ、妖しい美しさをかもし出す刀ができるのです。たたら製鉄の技法とそれを実践する村下、このどちらが欠けても日本刀を作ることはできません。

和鋼博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

和鋼博物館の看板。
和鋼博物館の看板。
和鋼博物館の外観。
和鋼博物館の外観。
和鋼博物館の入口。
和鋼博物館の入口。
アプローチには展示物があります。
アプローチには展示物があります。
エントランスに鋳物の材料が展示されています。
エントランスに鋳物の材料が展示されてい…
和鋼博物館の掲示板。
和鋼博物館の掲示板。
和鋼博物館敷地内にあるモニュメント。
和鋼博物館敷地内にあるモニュメント。
和鋼博物館の看板。
和鋼博物館の看板。
和鋼博物館の看板。
和鋼博物館の外観。
和鋼博物館の入口。
アプローチには展示物があります。
エントランスに鋳物の材料が展示されていま…
和鋼博物館の掲示板。
和鋼博物館敷地内にあるモニュメント。
和鋼博物館の看板。
もっと見る
閉じる

和鋼博物館の紹介動画

和鋼博物館

和鋼博物館の
主な収蔵作品

和鋼博物館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 銘 安則

※この写真は和鋼博物館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    その他
  • 時代
    平安時代~鎌倉時代
  • 制作国
    備前国
  • 刀工
    安則

和鋼博物館の施設情報

和鋼博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒692-0011
島根県安来市安来町1058
電話番号 0854-23-2500
交通アクセス 「安来駅」下車 徒歩約12分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~17時(最終入館は16時30分まで)
休館日 水曜日(水曜が祝日と重なった場合は翌日)、年末年始、その他臨時開館・閉館あり
駐車場 有り
入場料 一般 300円(250円)
高校生 200円(150円)
中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.wakou-museum.gr.jp/

和鋼博物館のアクセス

和鋼博物館
和鋼博物館
和鋼博物館
loading...

「和鋼博物館」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、和鋼博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

旅探「全国の博物館・美術館」 旅探「全国の博物館・美術館」
旅探で日本全国の博物館・美術館を簡単検索!ガイドブックや公式ホームページでは分からない生の声を掲載しています。

島根県の刀剣施設情報

島根県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 松江市
  • 浜田市
  • 出雲市
  • 益田市
  • 大田市
  • 安来市
  • 江津市
  • 雲南市
  • 仁多郡奥出雲町
  • 飯石郡飯南町
  • 邑智郡川本町
  • 邑智郡美郷町
  • 邑智郡邑南町
  • 鹿足郡津和野町
  • 鹿足郡吉賀町
  • 隠岐郡海士町
  • 隠岐郡西ノ島町
  • 隠岐郡知夫村
  • 隠岐郡隠岐の島町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、島根県安来市にある「和鋼博物館」についてご紹介。
和鋼博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、和鋼博物館の見どころについて詳しくご覧頂くことが可能です。
写真や動画で観る日本刀も素敵ですが、実際に観る日本刀の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード