松江歴史館 松江歴史館
松江歴史館
島根県松江市にある「松江歴史館」は、近世を中心とした城下町・松江の歴史や文化を展示している歴史館です。基本展示室では、江戸時代の松江藩政や城下町の形成がご覧頂けます。また、当時の住民の暮らしに加え、藩の財政を支え、全国有数の富裕藩として名を轟かせていた産業についても紹介しています。松江藩主「松平直政」が大坂冬の陣で、真田幸村(信繁)から勇敢さを称えられて投げ与えられたと言われる「軍扇」の展示や、幕末を代表する刀工「高橋長信」が作った日本刀(刀剣)などが収蔵されているのも特徴です。
  • バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

松江歴史館の歴史

島根県松江市にある「松江歴史館」の歴史について、ご紹介します。

松江歴史館のあゆみ

松江歴史館は2011年(平成23年)松江城の東、かつて松江藩の家老屋敷が建ち並んでいた場所にオープンしました。敷地面積は約5,500㎡、延べ床面積は約4,200㎡で、中心となる本館と松江市指定文化財の「松江藩家老朝日家長屋」や、館の入口として新設された「長屋門」などの建築物で構成されています。本館外壁は、松江城の堀や櫓にも見られる漆喰塗りと下見板張りで、屋根には約60,000枚のいぶし瓦を使用している武家屋敷をイメージさせる外観です。さらに周囲には、江戸時代からの石積み水路が整備されているなど、江戸時代の雰囲気を感じさせる歴史館でもあります。

松江歴史館の間近にある「松江城」は、現存12天守の中では、天守の平面規模では2番目、高さで3番目、古さでは5番目とされ、犬山城松本城彦根城姫路城と共に国宝に指定されています。

松江城全体としての構えは東側を正面としていますが、天守自体は南向きとなっています。天守は四重五階地下一階の構造で、南面に附櫓を設けた複合式望楼天守に分類されます。松江城を築いた堀尾吉晴は、豊臣秀吉の家臣として各地を転戦し現在の静岡県にある浜松城主になります。その後、堀尾家は関ヶ原の戦いの功績により出雲・隠岐両国を領有することになり、1611年(慶長16年)に松江城天守は落成します。

そうして松江藩主は堀尾氏(二代)、京極氏(一代)を経て松平氏(十代)へと受け継がれ、幕末まで藩政が行なわれました。明治維新によって廃城の危機に陥りましたが、地元有志による資金調達により、天守は180円で買い戻され、取り壊しを免れたのです。当時、米一俵が約3円弱だったので、莫大な金額で地元の文化財が買い戻されたと言えます。この松江城天守は、2015年(平成27年)に国宝に指定されました。

また、江戸時代の松江城下では、多くの刀工がそれぞれ特徴のある日本刀(刀剣)を制作していました。代表的な人物は、幕末を代表する刀工として評価されている「高橋長信」です。長信は13歳のときに松江藩お抱えの刀匠「高橋冬廣」に弟子入りし、高橋家の養子となりました。その後、江戸に出た長信は当時江戸で名工として名高かった「加藤長運斎綱俊」(ちょううんさいつなとし)に入門。江戸でも頭角を現した長信の日本刀(刀剣)の切れ味は抜群で、当時「御様御用」(おためしごよう)と言う日本刀(刀剣)の試し斬り役を務めていた「山田浅右衛門」をして、「刃味上々」と言わしめるほどでした。それを裏付けるように、松江歴史館では、山田浅右衛門が直々に長信に注文したと言われている日本刀(刀剣)を収蔵しています。

他にも、結城秀康から子で松江藩主の松平直政に譲られた小太刀「長光」や、天皇家から直政が賜った太刀「包平」を収蔵し、展示しています(展示替あり)。

松江歴史館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 松江歴史館の外観です。
    松江歴史館の外観です。
  • 松江歴史館の入口です。
    松江歴史館の入口です。
  • 松江歴史館の建物は武家屋敷をイメージしています。
    松江歴史館の建物は武家屋敷をイメージし…
  • 松江歴史館内の様子。松江どう行列の「どう」です。
    松江歴史館内の様子。松江どう行列の「ど…
  • 施設の中に、神様が祀られています。
    施設の中に、神様が祀られています。
  • 施設内の休憩室です。
    施設内の休憩室です。
  • 松江歴史館の外観です。
    松江歴史館の外観です。
  • 松江歴史館_看板
    松江歴史館の開館時間案内です。
  • 松江歴史館の外観です。
  • 松江歴史館の入口です。
  • 松江歴史館の建物は武家屋敷をイメージして…
  • 松江歴史館内の様子。松江どう行列の「どう…
  • 施設の中に、神様が祀られています。
  • 施設内の休憩室です。
  • 松江歴史館の外観です。
  • 松江歴史館の開館時間案内です。
もっと見る
閉じる

松江歴史館の紹介動画

松江歴史館

松江歴史館の
主な収蔵作品

松江歴史館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

小太刀 銘 長光

※この写真は松江歴史館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    島根県指定文化財
  • 時代
    鎌倉時代 中期
  • 制作国
    備前国
  • 刀工
    長光

松江歴史館施設情報

松江歴史館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒690-0887
島根県松江市殿町279番地
電話番号 0852-32-1607
交通アクセス 「松江しんじ湖温泉駅」下車 徒歩約15分

交通アクセス情報を見る

営業時間 [4~9月]
8時30分~18時30分
[10~3月]
8時30分~17時
※展示室への最終入場時刻は閉館30分前
休館日 毎月第3木曜日(祝日の場合は翌日)
駐車場 有り
入場料 [基本展]
大人 510円(410円)
小・中学生 250円(200円)
※企画展別途要
※( )内は20名以上の団体料金です。
公式サイト https://matsu-reki.jp/

「松江歴史館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、松江歴史館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

松江歴史館のアクセス

松江歴史館
松江歴史館
松江歴史館
松江歴史館

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、島根県松江市にある「松江歴史館」についてご紹介しています。
松江歴史館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、松江歴史館について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀(刀剣)の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る