渡辺美術館 渡辺美術館
渡辺美術館
鳥取県鳥取市にある「渡辺美術館」は、鳥取市の医師・渡辺元(はじめ)氏が昭和初期から60余年にわたって収集した約30,000点の古美術品が収蔵・展示されている美術館です。主に9世紀から19世紀の日本刀(大太刀を含む)、甲冑(鎧兜)などが常設展示されており、展示品の数は国内屈指。池田家伝来の名刀や武具・甲冑(鎧兜)を展示した「鳥取池田藩」特設コーナーもあります。また、鳥取藩池田家に伝わる脇差「浦島虎徹」を、「平成の浦島虎徹」として甦らせ展示しており、多くの刀剣女子が来館しています。
  • 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
  • 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
    名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

渡辺美術館の歴史

鳥取県鳥取市にある「渡辺美術館」の歴史について、ご紹介します。

渡辺美術館のあゆみ

渡辺美術館は、1978年(昭和53年)に開館。1987年(昭和62年)に財団法人渡辺美術館を設立・2012年(平成24年)に公益財団法人に移行しました。コンセプトは、生活に根付いている物の中にも芸術品はあり、日本には数多くの芸術品があると展示品を通して知ってもらうことです。調べて学び、触れて楽しむことで、美術品を身近に感じることができます。これは地域文化を掘り起こし、地域に根ざした美術館につながっていく、という考えに基づいています。

渡辺美術館のマスコットキャラクターは「かっ・ちゅうくん」。甲冑(鎧兜)姿の男の子と足軽姿のねずみのキャラクターです。キャラクターからも分かるように、渡辺美術館は、国内屈指の甲冑(鎧兜)の収蔵数を誇っています。その数は約250領で、そのうちの約100領は常設展示。長い展示ケースにズラリと甲冑(鎧兜)が並んでいる様は圧巻です。

鳥取池田藩と日本刀

鳥取池田藩のルーツをたどると、「徳川家康」にたどり着きます。鳥取池田藩初代藩主「池田光仲」(いけだみつなか)は、池田輝政(いけだてるまさ)の三男・池田忠雄(いけだただかつ)の子。輝政から始まる池田宗家の流れを汲んではいません。しかし忠雄は、単なる三男ではありませんでした。忠雄の母で輝政の側室「督姫」(とくひめ)は家康の二女。つまり、忠雄は家康の外孫に当たり、光仲はひ孫に当たるのです。さらに光仲の正室は、家康の正室の第十子で、紀州徳川家の祖徳川頼宣(よりのぶ)の娘である「茶々姫」(ちゃちゃひめ)。備前池田藩や備中池田藩、播磨池田藩などの数ある「池田藩」の中でも、徳川将軍家との間には強いつながりを誇っていました。

鳥取藩の藩主たる因州(いんしゅう)池田氏に伝来する日本刀として名高いのが、脇差「浦島虎徹:銘長曽弥興里」(ながそねおきさと)です。1660年(萬治3年)に作られたこの脇差は、刃の表に「浦島太郎」、裏に「倶利伽羅龍」(くりからりゅう)の彫り物が入っていることから、そう名付けられました。「虎徹」とは、長曽弥興里の入道(出家)名。元々彼は金沢で甲冑師として活動していましたが、50歳で刀工に転身し、年を重ねるごとに急激な成長を遂げます。転身後、15年ほどの間に200本以上の作刀を行なうなど、精力的に日本刀を作り続けました。その作品の美しさから、上流階級からの人気が高く、重要文化財に指定されている物が数多く存在しています。

渡辺美術館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

渡辺美術館
渡辺美術館の外観です。
渡辺美術館 玄関
渡辺美術館の玄関には、かっ・ちゅうくん…
渡辺美術館
渡辺美術館では甲冑(鎧兜)の展示が有名…
渡辺美術館鳥取藩池田家に伝わる脇差
鳥取藩池田家に伝わる脇差「浦島虎徹」を…
渡辺美術館 掲示板
渡辺美術館の掲示板です。
渡辺美術館 駐車場
渡辺美術館の駐車場です。
渡辺美術館 看板
渡辺美術館の掲示板です。
渡辺美術館甲冑軍団
館内に展示されている甲冑軍団です。※こ…
渡辺美術館の外観です。
渡辺美術館の玄関には、かっ・ちゅうくんが…
渡辺美術館では甲冑(鎧兜)の展示が有名で…
鳥取藩池田家に伝わる脇差「浦島虎徹」を「…
渡辺美術館の掲示板です。
渡辺美術館の駐車場です。
渡辺美術館の掲示板です。
館内に展示されている甲冑軍団です。※この…
もっと見る
閉じる

渡辺美術館の紹介動画

渡辺美術館

渡辺美術館の
主な収蔵作品

渡辺美術館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

刀 信濃大掾藤原忠國 正徳四年甲午八月日

※この写真は渡辺美術館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    未鑑定
  • 時代
    江戸時代
  • 制作国
    因幡国
  • 刀工
    忠國 二代

渡辺美術館の施設情報

渡辺美術館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒680-0003
鳥取県鳥取市覚寺55番地
電話番号 0857-24-1152
交通アクセス 「鳥取西IC」から 4.4km

交通アクセス情報を見る

営業時間 土・日・祝祭日 10~17時(入館は16時30分まで)
月・水~金曜日 10~15時(入館は14時30分まで)
休館日 火曜日(祝祭日の場合は開館翌日休館)、年末年始(12月30~31日、1月1~2日)
駐車場 有り
入場料 大人 900円
大高生 500円
中小生 300円
障がい者 400円
団体料金
・10~19名: 大人 800円 大高生 400円 中小生 200円
・20~49名: 大人 700円 大高生 400円 中小生 200円
・50名以上: 大人 600円 大高生 400円 中小生 200円
公式サイト http://watart.jp/

渡辺美術館のアクセス

渡辺美術館
渡辺美術館
渡辺美術館
loading...

「渡辺美術館」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、渡辺美術館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

鳥取県の刀剣施設情報

鳥取県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 鳥取市
  • 米子市
  • 倉吉市
  • 境港市
  • 岩美郡岩美町
  • 八頭郡若桜町
  • 八頭郡智頭町
  • 八頭郡八頭町
  • 東伯郡三朝町
  • 東伯郡湯梨浜町
  • 東伯郡琴浦町
  • 東伯郡北栄町
  • 西伯郡日吉津村
  • 西伯郡大山町
  • 西伯郡南部町
  • 西伯郡伯耆町
  • 日野郡日南町
  • 日野郡日野町
  • 日野郡江府町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、鳥取県鳥取市にある「渡辺美術館」についてご紹介。
渡辺美術館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、渡辺美術館の見どころについて詳しくご覧頂くことが可能です。
写真や動画で観る日本刀も素敵ですが、実際に観る日本刀の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード