備前長船刀剣博物館 備前長船刀剣博物館
備前長船刀剣博物館
「五箇伝」のひとつ「備前伝」の中心地として知られる長船は、平安時代から数多くの刀匠を輩出しており、現存する約270万振りの日本刀の約半数、国宝では指定されている111振りのうちの半分に該当する47振りが備前伝の日本刀です。備前長船刀剣博物館の展示室には約40振りの日本刀が展示され、刀装具、作刀工程や研磨工程に関する資料も展示。日本刀専門博物館としての存在感が光ります。
  • バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

備前長船刀剣博物館の歴史

岡山県瀬戸内市にある「備前長船刀剣博物館」の歴史について、ご紹介します。

備前長船刀剣博物館のあゆみ

備前長船(現在の岡山県瀬戸内市長船町)は、古くから日本刀の生産地として名を馳せていました。

鎌倉時代初期から中期にかけて、長船町内の福岡地域では、「福岡一文字派」と呼ばれる刀工の集団が隆盛を極め、鎌倉時代中期になると、長船地域においても「長船派」と呼ばれる刀工の集団が興ります。長船派の初代は「光忠」と呼ばれる刀工で、息子の「長光」や、孫の「景光」らによって集団での生産体制が確立したため、数多くの優れた作品が作られるように。長船派の作品は、福岡一文字派のように美しく、時代のニーズに合った作品であったことから、多くの人々を魅了してきたのです。

鎌倉時代中期から室町時代にかけて隆盛を誇った長船派ですが、室町時代末期に入ると、災害など様々な要因から徐々に衰退。江戸時代になると、わずかに残った刀工たちによって細々と作刀が行なわれていきました。

その後、「廃刀令」など数々の困難もありましたが、日本刀制作の地という誇りが人々の心に強く根付いていたため、現在も日本刀に携わる職人が瀬戸内市に多く在住しています。

このように長い間、名刀の産地であった「備前長船」の地に、1983年(昭和58年)「備前長船刀剣博物館」を新設。2004年(平成16年)には日本で唯一の日本刀専門の公立博物館としてリニューアルされ、その一環として日本刀の制作工程が見学できる「備前長船刀剣工房」や、昭和初期に日本刀の復興に尽力し、後進の育成に努めた今泉俊光刀匠を記念する「今泉俊光刀匠記念館」が併設されました。

当博物館は、備前で制作された日本刀を中心とした刀剣専門の博物館として、多くの来場者を迎えると共に、備前長船刀剣工房では、刀匠が火を使って行なう日本刀制作の工程や、塗師(ぬし:漆芸家のこと)や、刀剣彫刻の職人が日々作品を制作する作業風景を見ることができます。

また、月に何日かは、研師(とぎし)、柄巻師(つかまきし)、鞘師(さやし)が来場し、日本刀を観るだけではなく、日本刀の制作工程を間近に見ることができる博物館となっています。

備前長船刀剣博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 遠くからでも分かる大きな看板があります。
    遠くからでも分かる大きな看板があります…
  • 備前長船刀剣博物館の外観です。
    備前長船刀剣博物館の外観です。
  • 備前長船刀剣博物館の入口です。木造の扉で雰囲気があります。
    備前長船刀剣博物館の入口です。木造の扉…
  • 古式鍛錬3
    備前長船刀剣博物館で行なわれる古式鍛錬…
  • 備前長船刀剣博物館の館内には映像展示モニターがあります。
    備前長船刀剣博物館の館内には映像展示モ…
  • 日本刀の重さが体験できる展示があります。
    日本刀の重さが体験できる展示があります…
  • 展示室の様子
    博物館内の展示室の様子です。※この写真…
  • 広場に建ち並ぶ工房の様子です。
    広場に建ち並ぶ工房の様子です。
  • 遠くからでも分かる大きな看板があります。
  • 備前長船刀剣博物館の外観です。
  • 備前長船刀剣博物館の入口です。木造の扉で…
  • 備前長船刀剣博物館で行なわれる古式鍛錬の…
  • 備前長船刀剣博物館の館内には映像展示モニ…
  • 日本刀の重さが体験できる展示があります。
  • 博物館内の展示室の様子です。※この写真は…
  • 広場に建ち並ぶ工房の様子です。
もっと見る
閉じる

備前長船刀剣博物館の紹介動画

備前長船刀剣博物館

備前長船刀剣博物館の
主な収蔵作品

備前長船刀剣博物館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

刀 無銘 (伝 利恒)

※この写真は備前長船刀剣博物館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    その他
  • 時代
    平安時代末期
    ~鎌倉時代初期
  • 制作国
    備前国
  • 刀工
    利恒

備前長船刀剣博物館施設情報

備前長船刀剣博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒701-4271
岡山県瀬戸内市長船町長船966
電話番号 0869-66-7767
交通アクセス 「長船駅」下車 タクシー約7分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~17時(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日 (月曜が休日の場合は翌日)、 年末年始(12月28日~1月4日)、 祝日の翌日、展示替時
駐車場 有り
入場料 一般 500円(400円)
高大生 300円(250円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体料金です。
※企画内容により料金が異なる場合があります。
公式サイト http://www.city.setouchi.lg.jp/token/

「備前長船刀剣博物館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、備前長船刀剣博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

備前長船刀剣博物館のアクセス

備前長船刀剣博物館
備前長船刀剣博物館
備前長船刀剣博物館
備前長船刀剣博物館

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、岡山県瀬戸内市にある「備前長船刀剣博物館」についてご紹介しています。
備前長船刀剣博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、備前長船刀剣博物館について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀(刀剣)の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る