彦根城博物館 彦根城博物館
彦根城博物館
滋賀県彦根市にある「彦根城博物館」では、彦根藩主を務めてきた井伊家の古文書や美術品が収蔵・展示されています。収蔵資料の中心は、井伊家伝来の古文書や美術工芸品で、その数約45,000点。これに彦根、及び彦根藩に関する資料を加えると、収蔵件数は約91,000点に上ります。武具についても重要文化財の「太刀:銘国宗・備前二代」や、重要文化財の「太刀:銘国宗・伯耆」などが収蔵されています。
  • バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

彦根城博物館の歴史

滋賀県彦根市にある「彦根城博物館」の歴史について、ご紹介します。

彦根城博物館のあゆみ

彦根城博物館は、1987年(昭和62年)に彦根市の市制50周年を記念して開設されました。

敷地は江戸時代の彦根藩の政庁で、明治時代に取り壊された彦根城表御殿跡。発掘調査などを経て、1984年(昭和59年)に建設が承認されました。「表向き」と呼ばれる政務が行なわれていた場所では、彦根藩ゆかりの品を展示。関ヶ原の戦いで「井伊の赤備え」と呼ばれた赤い甲冑などの武具や書画、美術工芸品などを観ることができます。

また藩主の私的な生活の場であった「奥向」(おくむき)を復元した木造棟や、江戸時代の表御殿の唯一の遺構である能舞台があり、能舞台では年に数回、能や狂言が上演されています。

井伊家と日本刀

彦根城博物館では、井伊家伝来の日本刀を多数収蔵。江戸時代後期の内容と考えられる腰物帳には、約400振りの日本刀が記載されており、他の大名家と同様、井伊家も多数の日本刀を所有していたことが分かります。注目すべきは、重要文化財に指定されている「国宗」の銘が入っている太刀2振り。1振りが「備前国宗:二代」で、もう1振りは「伯耆国宗」(ほうきくにむね)です。

「備前国宗:二代」は、刃長70cm、反り2.5cm、細身で長身、腰反り(こしぞり:はばき元からいきなり反っていること)の太刀。刀身の柄(つか)に被われる部分(茎:なかご)は、作刀当時の状態を保っており、「国宗」の銘が切られています。この太刀は、3代続いた備前直宗派の刀工で、鎌倉時代中期に活動していた2代国宗の作であると鑑定されています。1590年(天正18年)に行なわれた「小田原攻め」において一番槍の褒賞として「井伊直政」(いいなおまさ)から家臣に与えられました。

「伯耆国宗」は、彦根藩第12代当主「井伊直亮」(いいなおあき)の指料(さしりょう:腰に差していた刀)で刃長79cm、反り2.9cm。作刀当時の状態を保っている茎には、「国宗」の銘が切られています。この太刀の作者については、付属の「はばき」(刀身の手元部分にはめて固定する道具)に直亮直筆の「備前三郎国宗」の刻銘があることから、当時は「備前国宗」と考えられていたことが分かります。しかし、板目肌(いためはだ)で肌が立ち(地肌模様がはっきりと現れること)、地鉄(じがね)に荒びた感じが見られるなど、「伯耆物」と共通している面が見られるため、現在では「伯耆」の「国宗」の作であると鑑定されています。

彦根城博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 彦根城博物館の入口です。
    彦根城博物館の入口です。
  • 彦根城博物館の外観の様子です。
    彦根城博物館の外観の様子です。
  • 建物は当時のように木造で復元されています。
    建物は当時のように木造で復元されていま…
  • 石製の看板です。
    石製の看板です。
  • 彦根城博物館内の展示室の様子です。井伊の赤備え。
    彦根城博物館内の展示室の様子です。井伊…
  • 彦根城博物館に展示されている日本刀です。
    彦根城博物館に展示されている日本刀です…
  • 彦根城博物館内に展示されている収蔵品です。
    彦根城博物館内に展示されている収蔵品で…
  • 様々な品が展示されています。
    様々な品が展示されています。
  • 彦根城博物館内には美しく再現された庭園があります。
    彦根城博物館内には美しく再現された庭園…
  • 彦根城博物館の入口です。
  • 彦根城博物館の外観の様子です。
  • 建物は当時のように木造で復元されています…
  • 石製の看板です。
  • 彦根城博物館内の展示室の様子です。井伊の…
  • 彦根城博物館に展示されている日本刀です。
  • 彦根城博物館内に展示されている収蔵品です…
  • 様々な品が展示されています。
  • 彦根城博物館内には美しく再現された庭園が…
もっと見る
閉じる

彦根城博物館の紹介動画

彦根城博物館

彦根城博物館の
主な収蔵作品

彦根城博物館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 銘 国宗(備前二代)

※この写真は彦根城博物館様からご提供頂いております。

彦根城博物館施設情報

彦根城博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒522-0061
滋賀県彦根市金亀町1-1
電話番号 0749-22-6100
交通アクセス 「彦根駅」下車 徒歩約12分

交通アクセス情報を見る

営業時間 8時30分~17時(入館は16時30分まで)
休館日 12月25~31日
※この他、展示替や施設メンテナンスのための休館日がございます。
駐車場 近隣の有料駐車場をご利用下さい。
入場料 一般 500円
小中学生 250円
団体料金
・30名以上:一般 450円、小中学生 170円
・100名以上 :一般 400円、小中学生 145円
・300名以上:一般 350円、小中学生 120円
※彦根城入場券とセット割あり
※特別展会期中は料金が変更となります。
公式サイト http://hikone-castle-museum.jp/

「彦根城博物館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、彦根城博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

彦根城博物館のアクセス

彦根城博物館
彦根城博物館
彦根城博物館
彦根城博物館

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、滋賀県彦根市にある「彦根城博物館」についてご紹介しています。
彦根城博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、彦根城博物館について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀(刀剣)の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る