徳川美術館 徳川美術館
徳川美術館
名古屋市東区にある「徳川美術館」は、美術館と公園(徳川園)が一体となった、ゆったりとした造りの美術館です。館内は、各テーマに分けられた9つの展示室があり、名品コレクション展示室をはじめ、映像システム、複製(レプリカ)を中心に鑑賞できる展示室、建物が登録文化財となっている企画展示室など、質量ともにそろった美術品の数々がご覧頂けます。また、徳川家康の遺品として尾張徳川家に贈られた国宝の短刀「庖丁正宗」(ほうちょうまさむね)や、徳川家ゆかりの逸品が数多く収蔵されているのも特徴です。
  • バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

徳川美術館の歴史

愛知県名古屋市にある「徳川美術館」の歴史について、ご紹介します。

徳川美術館と日本刀

徳川美術館は、1931年(昭和6年)に徳川義親氏によって設立された「徳川黎明会」が運営する美術館で、1935年(昭和10年)に開設されました。収蔵品は、徳川家康の遺品をはじめとして、家康の九男で初代尾張藩主でもある徳川義直以降の尾張藩歴代当主の遺愛品など一万件余にのぼります。その中でも目を見張るのが日本刀の所蔵数で、刀・鎗・長刀・小刀など1,000振り程が収蔵されており、その数は国内最大級です。

徳川美術館に収蔵されている日本刀は、そのほとんどが尾張徳川家からの寄贈によるコレクション。尾張徳川家が、これ程多くの日本刀を所有していたのには、大名家の価値観と関係がありました。「刀は武士の魂」という言葉が示すように、日本刀は武家にとって非常に大きな価値を持つ道具。ときには帯刀している日本刀を見るだけで武士としての「格」が分かったとも言われています。そのため、多くの大名家では、日本刀を贈答品として用いていたのです。

また名家である程、その権威を示すために多くの日本刀を所持している必要がありました。徳川御三家のひとつであった尾張徳川家では、お抱えの刀鍛冶が作った多くの日本刀を所有していました。そのため、美術館の設立時に1,000振りを超える日本刀を寄贈することができたのです。また徳川美術館の収蔵品は、尾張徳川家の当主が代々集めてきた名品の集大成でもあるため、様々な種類の日本刀が勢揃いしています。刃長2mを超える「大太刀」から、刃長10cm程の「小刀」まで、幅広い大きさの日本刀を鑑賞することができます。

徳川美術館に収蔵されている作品で、特に有名なのが「物吉貞宗」(ものよしさだむね)と「鯰尾藤四郎」(なまずおとうしろう)。この2振りは、人気パソコンゲーム「刀剣乱舞」で擬人化され、若い世代にも知られている刀です。物吉貞宗は、徳川家康がこの日本刀を差して出陣した戦いでは一度も負けなかったことに由来します。縁起が良いという意味の「物吉」と、刀鍛冶の名前「貞宗」を組み合わせた名前。この日本刀は、家康の形見分けとして義直に与えられたのでした。

現在に伝わっている鯰尾藤四郎は、脇指の形状をしていますが、もともとは薙刀でした。薙刀の刃の部分を切り詰めて脇指に作り変えられたことで、日本刀の先端部分である「ふくら」の形が鯰の尾に似ていたため、鯰尾藤四郎と呼ばれるようになったのです。

徳川美術館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 美術館入口にある門です。通称「黒門」です。
    美術館入口にある門です。通称「黒門」で…
  • 徳川美術館の外観の様子です。
    徳川美術館の外観の様子です。
  • 美術館の正面玄関です。
    美術館の正面玄関です。
  • 徳川美術館の入口に甲冑があります。
    徳川美術館の入口に甲冑があります。
  • 展示室入口です。
    展示室入口です。
  • 館内には素敵な中庭があります。
    館内には素敵な中庭があります。
  • 施設外観の様子です。
    施設外観の様子です。
  • 敷地内にある蓬左文庫の外観です。
    敷地内にある蓬左文庫の外観です。
  • 徳川美術館の建物は国の有形文化財に登録されています。
    徳川美術館の建物は国の有形文化財に登録…
  • 美術館入口にある門です。通称「黒門」です…
  • 徳川美術館の外観の様子です。
  • 美術館の正面玄関です。
  • 徳川美術館の入口に甲冑があります。
  • 展示室入口です。
  • 館内には素敵な中庭があります。
  • 施設外観の様子です。
  • 敷地内にある蓬左文庫の外観です。
  • 徳川美術館の建物は国の有形文化財に登録さ…
もっと見る
閉じる

徳川美術館の紹介動画

徳川美術館

徳川美術館施設情報

徳川美術館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒461-0023
愛知県名古屋市東区徳川町1017
電話番号 052-935-6262
交通アクセス 「森下駅」下車 徒歩約7分

交通アクセス情報を見る

営業時間 10~17時(入館の受付は16時30分まで)
休館日 月曜日 ※月曜日が祝日・振替休日の場合は直後の平日
駐車場 専用駐車場 17台 9時45分~17時30分無料
入場料 一般 1400円(1200円)
高・大生 700円(600円)
小・中生 500円(400円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.tokugawa-art-museum.jp/

「徳川美術館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、徳川美術館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

徳川美術館のアクセス

徳川美術館
徳川美術館
徳川美術館
徳川美術館

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、愛知県名古屋市にある「徳川美術館」についてご紹介しています。
徳川美術館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、徳川美術館について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀(刀剣)の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る