箱根武士の里美術館 箱根武士の里美術館
箱根武士の里美術館
神奈川県足柄下郡にある「箱根武士の里美術館」(はこねもののふのさとびじゅつかん)は、箱根で唯一、室町時代から江戸時代末期にかけての甲冑(鎧兜)や日本刀(刀剣)、火縄銃、弓矢、茶道具などの武家に伝わる工芸品を展示している美術館です。箱根武士の里美術館では、1,000点を超える収蔵品の中から常時300点を展示。なかでも珍しいのが、江戸時代末期に作られた本物の鎧・兜の試着サービス。ずっしりとした「本物」の重みを感じることで、来館者の「武士」(もののふ)願望を叶えることができる美術館です。
文字サイズ

箱根武士の里美術館の歴史

神奈川県足柄下郡にある「箱根武士の里美術館」の歴史について、ご紹介します。

箱根武士の里美術館と甲冑

箱根武士の里美術館は、1991年(平成3年)に開館しました。箱根・仙石原(せんごくはら)にある美術館では、古美術商の林安人氏が長年に亘って収集した武家工芸美術品を収蔵・展示。鎌倉時代から幕末までの甲冑(鎧兜)・具足、大鎧、大名鎧、当世具足など、武士の戦場での「晴れ着」を常時20領以上展示しています。その他にも刀剣類をはじめとして、蒔絵、茶道具など、幅広いジャンルの美術品を収蔵・展示。室町時代から江戸時代末期にかけての武家文化を紹介している、箱根で唯一の美術館です。

日本の甲冑(鎧兜)は、武士が出陣する際に着用していた物。敵の攻撃から身を守るという機能を有するだけではなく、死と隣り合わせにある戦場においては、死装束としての意味合いもありました。そこで、武士たちは自らを守るということに加えて、戦場における自己顕示のために、創意工夫を凝らして甲冑師に制作を依頼。甲冑師もこれに応えて装飾などを施したのでした。甲冑(鎧兜)は、単なる防具に止まらず武士と甲冑師が「共同制作」した美術品としての側面も有しているのです。

箱根・仙石原について

箱根・仙石原は、1995年(平成7年)にテレビ放映され、映画化もされた人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で「第三新東京市」が置かれた地として登場。劇中、第三新東京市は使徒の攻撃によって壊滅的とも言える打撃を受けてしまいましたが、エヴァファンには、「聖地」としてなじみがある場所です。アニメ本編には出てきませんが、エヴァンゲリオン(初号機)の武器のひとつである日本刀(刀剣)に似た形状をした「マゴロク・エクスターミネート・ソード」は、室町時代の「美濃伝」を代表する刀工「関の孫六」こと「二代目兼元」の日本刀(刀剣)がモデルであると言う説もあります。

現実の仙石原では、豊臣秀吉による「小田原攻め」の際に、仙石秀久(せんごくひでひさ)が奮闘。勝利に貢献したことで、その名を轟かせました。そんな仙石原にある箱根武士の里美術館では、全長2mを超える「日本一の大太刀」や、二代将軍徳川秀忠が佩用していたとされている「太刀」などを収蔵・展示。刀剣類のコレクション総数は、平安時代末期から桃山時代末期に作られた日本刀(刀剣)を指す「古刀」に始まり、1781年(天明元年)から1876年(明治9年)の「廃刀令」発令までに作られた刀を指す「新々刀」まで、約40振。関の孫六も所蔵しています。

箱根武士の里美術館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 箱根武士の里美術館の入口門です。
    箱根武士の里美術館の入口門です。
  • 入口にある門柱には、竜が絡みついています。
    入口にある門柱には、竜が絡みついていま…
  • 箱根武士の里美術館の建物入口です。
    箱根武士の里美術館の建物入口です。
  • 館内には、甲冑(鎧兜)などたくさんの展示物が並んでいます。
    館内には、甲冑(鎧兜)などたくさんの展…
  • 関連するお土産物の販売コーナーもあります。
    関連するお土産物の販売コーナーもありま…
  • 入口横にある表札です。
    入口横にある表札です。
  • 入館料の案内板です。
    入館料の案内板です。
  • 道路側に設置された看板です。
    道路側に設置された看板です。
  • 箱根武士の里美術館の入口門です。
  • 入口にある門柱には、竜が絡みついています…
  • 箱根武士の里美術館の建物入口です。
  • 館内には、甲冑(鎧兜)などたくさんの展示…
  • 関連するお土産物の販売コーナーもあります…
  • 入口横にある表札です。
  • 入館料の案内板です。
  • 道路側に設置された看板です。
もっと見る
閉じる

箱根武士の里美術館施設情報

箱根武士の里美術館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒250-0631
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原817-580
電話番号 0460-84-8177
交通アクセス 「大原バス停」下車 徒歩約2分

交通アクセス情報を見る

営業時間 夏期 10~17時
冬期 10~16時
※入館は閉館30分前まで
休館日 12~3月(水・木曜休館 ※祝日開館)、年末年始(12/31~1/2)
駐車場 有り
入場料 大人 800円
中学生 600円
小学生 400円
幼児 無料
公式サイト -

「箱根武士の里美術館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、箱根武士の里美術館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。
※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

箱根武士の里美術館のアクセス

箱根武士の里美術館
箱根武士の里美術館
箱根武士の里美術館
箱根武士の里美術館

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。こちらのページでは、神奈川県足柄下郡にある「箱根武士の里美術館」についてご紹介しています。箱根武士の里美術館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、箱根武士の里美術館について詳しくご覧頂くことができます。写真や動画で見る刀剣も素敵ですが、実際に見る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
ページトップへ戻る