刀剣博物館で刀剣の世界を学ぼう!

2019年5月の情報をもとに制作しています。
※転載・複製を禁じます。

本間順治氏 佐藤貫一氏

刀剣博物館は、公益財団法人日本美術刀剣保存協会が運営する博物館です。1968年(昭和43年)、東京都渋谷区に開設され、2018年(平成30年)に墨田区にある旧安田庭園の一角に移転。建物を新築し、リニューアルオープンしました。
日本美術刀剣保存協会は創立者で日本刀(刀剣)研究の権威である本間順治氏と佐藤貫一氏を中心とした有志により、美術工芸品としての日本刀(刀剣)の保存・鑑賞・研究・伝統継承を推進するため、1948年(昭和23年)に設立されました。以来、国宝重要文化財を含む日本刀(刀剣)の他、刀装具や甲胃(鎧兜)、金工資料、古伝書等を多数収蔵し、日本刀(刀剣)という伝統文化の保存と情報の発信を行なっています。

刀剣展示 博物館の日本刀 刀剣展示 博物館の日本刀
全国にある主な博物館・美術館を一覧でご覧頂けます。
交通アクセス

東京都墨田区の「刀剣博物館」への交通アクセス情報をご紹介します。

刀剣博物館
刀剣博物館
施設所在地
施設所在地マップ
所在地
〒130-0015
東京都墨田区横網1-12-9
アクセス

「刀剣博物館」近くの施設情報

「刀剣博物館」近くの観光名所

「刀剣博物館」近くの飲食店

「刀剣博物館」近くのショッピング施設

「刀剣博物館」近くの宿泊施設

一 刀剣博物館に到着!一、刀剣博物館に到着!

  • 刀剣博物館
  • 刀剣博物館
  • 刀剣博物館
  • 刀剣博物館
  • 刀剣博物館

刀剣博物館は、旧両国公会堂の佇まいを継承した建物で、池に向かって張り出した円筒部とその両側の翼部から構成され、庭園との調和を図った外観となっています。
1階には、ミュージアムショップ、展示・情報ラウンジやカフェスペースなど、気軽に立ち寄ることができるスペースが配されており、庭園散策の休憩所や街歩きの拠点としても親しまれています。
展示室は最上階にあり、様々な企画展が開催されています。また、展示室に隣接する屋上庭園からは、旧安田庭園と両国国技館など街の風景を眺めることができます。
取材時には企画展「日本刀の見方パートⅠ姿」が開催されており、日本刀(刀剣)の姿の変遷を時代ごとに紹介していました。

北泉 八重

とても閑静で
立派な建物です!

  • 刀剣博物館
  • 刀剣博物館

二 企画展「日本刀の見方パートⅠ 姿」二、企画展「日本刀の見方パートⅠ 姿」

日本刀の見方 姿

刀剣博物館で、2019年6月30日まで開催された「日本刀の見方パートⅠ姿」は、日本刀(刀剣)鑑賞の基礎とも言えるポイントに焦点を当て、初心者にも分かりやすく日本刀(刀剣)の見方、見どころを紹介するための企画であり、「姿」「地鉄」「刃文」の3つのポイントについて説明するものです。
今回は「姿」をテーマに、時代に即して変化する日本刀(刀剣)の形状について紹介し、鑑賞のポイントを解説する企画展でした。
展示されている日本刀(刀剣)は、日本美術刀剣保存協会の所蔵品を中心に、国宝や重要文化財、重要美術品を含む各時代の名刀ばかり。さらに、優れた装飾を施された刀装や刀装具も併せて展示されていました。
また、日本刀(刀剣)の姿の変遷を10の時代ごとに解説し、美しい姿を鑑賞しながら作刀された時代背景や歴史を学ぶことができる内容でした。

平安時代後期~鎌倉時代初期の刀剣平安時代後期~鎌倉時代初期の刀剣

平安時代の後期頃、腰元で深く反り、先端では浅く反った鎬造(しのぎづくり)の太刀が現われます。この時代の太刀の姿は細身であることが多く、元幅より先端に向けて細くなり、小切先(こきっさき)という名の切先(きっさき)となっています。
1156年(保元元年)~1159年(平治元年)の保元・平治の乱により、武士は政治への影響力と勢力を強める平氏に対抗して様々な反乱が勃発し、その一勢力であった源頼朝は、初の武家政権である鎌倉幕府を開府しました。

重要文化財

太刀 銘 正恒

鎌倉時代
初期
備 前

太刀 銘 正恒 重要文化財

正恒は古備前の刀匠で、平安時代後期から鎌倉時代初期にかけて活躍しました。友成とともに古備前を代表する刀匠であり、多くの名刀が現在も残されています。武士が政治への影響を強め、戦が多かったこの時代は武具としての日本刀(刀剣)の機能が完成され、腰元で反って小切先の太刀が多く作られました。

太刀 銘 友成作

平安時代末期~鎌倉時代初期備 前

太刀 銘 友成作

重要美術品

友成は古備前を代表する刀匠です。古備前とは、平安時代後期頃に備前国に興ったと伝わる刀工集団であり、名刀を多く残しています。

太刀 銘 安綱

平安時代末期伯 耆

太刀 銘 安綱

重要刀剣

安綱は伯耆国(ほうきのくに)の刀匠で、伯州刀工の始祖と言われています。在銘現存作のある刀工としては最初期の人物の1人であり、平安時代後期頃に活躍し名刀を残しました。

鎌倉時代中期の刀剣鎌倉時代中期の刀剣

源氏から執権として権力を奪った北条氏は、1221年(承久3年)の承久の乱を経て西国へと勢力を拡大。武家政権の基礎が作られた時代です。
この頃の戦闘方法とは、騎上からの弓射が主であったため、太刀にも馬上での扱いに適した反りが加えられています。しかし、太刀の身幅は元と先との差が少なく、腰元から反り、中程から先端に向けても反りが加わった力強い姿の太刀が使用されました。

国宝

太刀 銘 国行

鎌倉時代
中期
備 前

太刀 銘 国行 国宝

来国行は、五箇伝のひとつ山城伝の刀匠であり、鎌倉時代中期から活躍した来派の始祖とされています。来派は以降も多くの名工が輩出し、来派出身の刀匠たちは、鎌倉時代中期から南北朝時代にかけて、名刀を多く作りました。国行の作品は太刀が多く残されており、国宝に指定されているこの太刀は、鎌倉時代中期特有の元先の幅差の少ない、腰反り高く、中切先の姿です。

重要文化財

刀 (額銘)吉房

鎌倉時代
中期
備 前

刀 (額銘)吉房 重要文化財

吉房は備前伝の福岡一文字派の刀匠で、鎌倉時代中期に活躍しました。福岡一文字派は、鎌倉初期に興った一文字派の流れを汲み、吉房は福岡一文字派の最盛期を代表する刀匠です。吉房の作風は、華麗な丁子刃(ちょうじば)にあり、多くの国宝や重要文化財を残しています。

鎌倉時代後期の刀剣鎌倉時代後期の刀剣

2度の元寇を経て、西国・九州の防御が強化された時期であり、後醍醐天皇による討幕によって再び朝廷が政権を取った南北朝時代へと向かいつつあった時代です。
この時代の刀剣は、鎌倉時代の中期に比べて幾分優しい姿となり、中切先となるものが多く作られました。

国宝

太刀 銘 延吉

鎌倉時代
後期
大 和

太刀 銘 延吉 国宝

龍門(りゅうもん)延吉は五箇伝のひとつ大和伝の代表的な刀匠で、現存作は少ないですが、優れた作を残し、本作はその代表する一口で、生み出されてから700年を経ているとは思えない美しさです。

重要文化財

太刀 銘 備前国住人雲次

鎌倉時代
末期
備 前

太刀 銘 備前国住人雲次 重要文化財

鎌倉時代末、備前国宇甘荘(うかんのしょう)に長船派とは作風が異なる雲生という刀匠が現れます。雲類(うんるい)とは、雲生の子(雲次)や一門の刀匠集団・宇甘派の通称であり、同時代の長船派とは異なり姿や地刃に京物や隣国の青江派と似た趣が見られます。

太刀 銘 長光

鎌倉時代中期〜後期備 前

太刀 銘 長光

重要刀剣

備前国長船派の刀匠で、国宝「大般若長光」をはじめ、古刀期においては最も在銘品が多く残っている刀匠の1人です。

太刀 銘 来国光

鎌倉時代末期山 城

太刀 銘 来国光

重要刀剣

国光は鎌倉時代末期から南北朝時代初期に活躍した、山城伝・来派の刀匠です。国光の作風は多彩であり、来派伝統の直刃(すぐは)で小沸出来(こにえでき)のものや、乱れ刃主体で(にえ)の強い作品などがあります。

南北朝時代の刀剣南北朝時代の刀剣

政権が混迷を極めた時期であり、身分や秩序が軽視され、権威や華美な物が好まれた時代です。「婆裟羅(ばさら)」と呼ばれる名ばかりの権力を嘲笑する実力主義的な風潮が流行し、美意識にも変化が生まれ、粋で華やかな物を好む志向が生まれました。
この時代の日本刀(刀剣)は、中期には身幅が広く、大切先(おおきっさき)の豪壮な姿の物が多く作られ、刃長も三尺(90.9cm)を超える長いものが他の時代と比べて多く、短刀も大振りな姿のものが多く作られました。

重要美術品

刀 無銘 伝長義

南北朝
時代
備 前

刀 無銘 伝長義 重要美術品

長義は、南北朝時代の備前長船を代表する刀匠の1人で、相模国・相州伝の作風を取り入れたため、彼の作品は相伝備前(そうでんびぜん)と称されます。

刀 無銘 青江

南北朝時代備 中

刀 無銘 青江

青江派とは、平安時代末期より備中国青江に住んでいた刀工集団で、彼等の作った刀剣のうち、鎌倉時代中期以降南北朝時代にかけて作られた日本刀(刀剣)は青江と称されます。青江派の作風は時代に即した造り込みとなっています。

太刀 銘 備州長船兼光

鎌倉時代末期〜南北朝時代備 前

太刀 銘 備州長船兼光

重要刀剣

備前長船兼光は概ね南北朝時代に活躍した刀匠で、作風はのたれ刃というおおらかな刃文を焼、豪壮なものが残されています。

室町時代前期の刀剣室町時代前期の刀剣

南北朝が統一され、室町幕府の創立へと向かうこの時代、馬上からの攻撃主体から徒歩で向かい合う交戦主体と戦法が変化します。下層武士の防具が強化され、武器となる日本刀(刀剣)にも変化が生じました。室町時代初期の日本刀(刀剣)は、鎌倉時代後期の日本刀(刀剣)に似た姿でありますが、それに比べて先反りがやや目立つ傾向があります。反りがより深く、身幅に差が生じたのです。

太刀 銘 正則(雲州)

室町時代初期出 雲

太刀 銘 正則(雲州)

重要刀剣

雲州とは出雲国(現在の島根県松江市)のことで、そこに住んでいた刀匠・正則(まさのり)の作品です。雲州には備前国より移住してきた刀工がおり、豆を並べたような丸い互の目が連れた道永乱れ(どうえいみだれ)で知られています。

太刀 銘 備州長船家助

室町時代初期備 前

太刀 銘 備州長船家助

家助は、同時期に活躍した備前長船の刀匠・盛光、康光と並び優れた作品を残し「応永備前」を代表する刀工の一人です。

室町時代後期の刀剣室町時代後期の刀剣

足利義材(よしき)が将軍職を家臣に追われ、再び政権は混乱。各地の守護大名は自力救済を目指し戦国大名と化し、戦国時代に突入し始めた時代。戦法にも変化が生じ、騎乗での攻撃から地上の集団戦法へと移り変わります。そのため、片手で持てるよう長さが短めとなり、上半に向かって強い反りを持たせた打刃へと日本刀(刀剣)の主流も移ったのです。

重要刀剣

刀 銘 広助

室町時代
末期
駿 河

刀 銘 広助 重要刀剣

駿河国には、今川氏や武田氏の下で作刀を担い島田派と称する刀工集団がいました。広助は島田派の代表的な刀匠です。

刀 銘 備前国住長船勝光

室町時代後期備 前

刀 銘 備前国住長船勝光

勝光は同時期の長船派である宗光(むねみつ)や忠光(ただみつ)らと並び「末備前」と呼称される室町末期の備前伝を代表する刀匠であり多彩な作風で知られています。

刀 銘 備前国住長船 与三左衛門尉祐定作

室町時代後期備 前

刀 銘 備前国住長船 与三左衛門尉祐定作

複数存在した祐定のうち、本作の作者である与三左衛門尉が最も高い技量を有した刀匠であるとされています。

安土桃山時代〜江戸時代初期の刀剣安土桃山時代〜江戸時代初期の刀剣

豊臣秀吉によって天下統一が果たされ、戦国時代が終了。豊臣秀吉の死後には徳川家康が江戸幕府を開府し、260年余りに及ぶ太平の世が始まります。江戸時代には、武士や町人といった幅広い層にも煌びやかな趣の文化が広がり、生活調度品だけでなく刀装といった武具にまで華やかな技法を施された物が現われます。
日本刀(刀剣)においては、江戸時代の初期である慶長年代(1596~1615年)より前に作られた物を「古刀(ことう)」と称し、以後江戸時代中期の明和年代(1764~1772年)までの間に作られた物を「新刀(しんとう)」と称します。特に慶長年代の日本刀(刀剣)の姿は、南北朝時代の長大な太刀を磨上げ(すりあげ)たような形状であり、広い身幅で中切先が延びるもの、または大切先などがあり、重ねの方から見た際の厚み)が厚めのものが多く作られました。

重要美術品

刀 銘 河内守藤原国助

江戸時代
初期
摂 津

刀 銘 河内守藤原国助 重要美術品

初代国助は、新刀の祖とされる堀川国広門下で学んだ刀匠です。国広の没後、摂津(現在の大阪)へと移住して作刀を続け、大坂鍛治の礎を築いた1人とされています。

刀 銘 国広

桃山時代山 城

刀 銘 国広

重要刀剣

堀川国広は、新刀初期に活躍した刀匠の一大勢力・堀川派の祖とされる刀匠です。その作風は時代の特徴を体現するもので、身幅は広く、切先が伸びた豪壮な姿の日本刀(刀剣)です。

刀 銘 藤原広実

桃山時代山 城

刀 銘 藤原広実

重要刀剣

広実は堀川国広の門下の刀匠です。本作の姿は師匠・国広の作風に似て身幅広く、中切先が延びたその時代を反映する姿です。

江戸時代前期の刀剣江戸時代前期の刀剣

安定した政権の下、都市が発展し特に江戸と大坂は著しい繁栄の時代を迎えました。この時代、これまでに無かった独特の姿をもつ日本刀(刀剣)が現われます。寛文~延宝年代(1661~1681年)、すっきりとした身幅は先端に向けて狭まり、反りが浅い日本刀(刀剣)が作られようになりました。これらの日本刀(刀剣)は「寛文新刀」と呼ばれ、刃長は二尺三寸(69.7cm)前後の物が多く残されています。
また、その前の寛永・正保年代(1624~1648年)には元と先の幅差が比較的開き、反りの深めな姿の日本刀(刀剣)が多く作られています。

重要文化財

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹

江戸時代
前期
武 蔵

刀 銘 長曽祢興里入道乕徹 重要文化財

長曽祢興里は江戸時代寛文頃の刀匠であり、剃髪して入道名を虎徹と名乗りました。元は近江国の生まれですが越前を経て武蔵国に移住し、江戸を代表する新刀期の名匠です。鉄にこだわったその作風は多彩であり、幅広い作域を持っています。

刀 銘 大和守安定

江戸時代前期武 蔵

刀 銘 大和守安定

安定もまた武蔵国の刀匠であり、優れた新刀を残しています。特に切れ味に定評があり、人気を博しました。

刀 銘 津田越前守助広

江戸時代前期摂 津

刀 銘 津田越前守助広

助広は延宝頃に活躍した摂津国の刀匠で、打ち寄せる波のようなか濤澖乱を創始したことで有名な刀匠です。よく練り、またよく詰んだ、大坂新刀の地鉄が特徴です。

江戸時代後期の刀剣江戸時代後期の刀剣

1853年(嘉永6年)の黒船来航以降、世相は騒乱状態となり、幕府の権威が低下し、諸藩は軍備の増強を図りはじめます。こうした世相の下、国学の隆盛によって復古思想が流行。その影響を受けて甲冑(鎧兜)や日本刀(刀剣)にも古作を理想とする風潮が現われます。また、各地で鍛刀が盛んに行なわれ、安永年代(1772~1781年)以降に作られた刀剣は「新々刀」と称され、二尺五~六寸(75.7~78.8cm)位の長身で、身幅が広く、元先の幅差が開かず、大切先で重ねの厚いずっしりと重い豪壮な刀剣が他の時代と比べて多く作られました。

刀 銘 水心子正秀 出硎閃々光芒如花二腰両腕一割若瓜

江戸時代
後期
武 蔵

刀 銘 水心子正秀 出硎閃々光芒如花二腰両腕一割若瓜

水心子正秀は新々刀の祖とされる刀匠で、源清麿(みなもとのきよまろ)、大慶直胤(たいけいなおたね)と並び江戸三作と呼ばれた名工です。復古刀を提唱・実践し、多くの門下生を育てるとともに、作刀技術に関する著作も残しています。

南條 忠信

国宝もあり、
貴重な刀剣が
目白押しだ!

三 短刀・脇指と刀装具三、短刀・脇指と刀装具

刀剣博物館では時代ごとに異なる日本刀(刀剣)の特徴を展示紹介する他に、短刀、脇指、刀装など優れた作品群も併せて展示紹介されていました。日本ならではの繊細で美しく、高度な工芸技術を駆使して作られた逸品の数々が鑑賞できます。

  • 短刀 銘 兼先

    短刀 銘 兼先

    室町時代後期

    兼先は五箇伝のひとつ美濃伝の刀匠で、美濃国関の刀剣は切れ味のよさで知られました。

  • 短刀 銘 吉光

    短刀 銘 吉光

    鎌倉時代後期

    粟田口吉光は鎌倉時代後期に活躍した刀匠で、短刀作りの名工として知られています。適度な身幅と寸法の短刀が多く残されており、何れも美しい姿の作品です。

  • 短刀 銘 来国次

    短刀 銘 来国次

    鎌倉時代末期

    国次は来国俊の子または弟子とされており、相州伝の影響を受け、沸の強い乱れ刃を焼く来派では異色の作風で知られています。

  • 短刀 銘 備州長船兼光

    短刀 銘 備州長船兼光

    南北朝時代

    重要刀剣

    「相伝備前」の作柄を手がけた1人で、優れた日本刀(刀剣)を残しています。

  • 脇指 銘 大和州住人九郎三郎重国 居駿河州後於紀伊州明光山作之

    脇指 銘 大和州住人九郎三郎重国 居駿河州後於紀伊州明光山作之

    桃山時代

    重要刀剣

    重国は紀州藩お抱えの刀匠であり、南紀重国と名乗りました。本作を作った初代は新刀初期の刀匠の中でも優れた作品を残しています。

  • 脇指 銘 和泉守藤原国貞

    脇指 銘 和泉守藤原国貞

    江戸時代初期

    国貞は大坂の新刀の刀匠であり、大業物とされる名刀を残しています。

  • 糸巻太刀拵 金梨子地菊紋散糸巻太刀拵 糸巻太刀拵 金梨子地菊紋散糸巻太刀拵 江戸時代
    前期

    糸巻太刀拵 金梨子地菊紋散糸巻太刀拵

    江戸時代前期

    は木の下地を綿で包み、金茶の糸で美しく巻いています。鍔は葵形で、四方に猪目の透かしが入った壮麗で美しいです。

  • 打刀拵 藍鮫鞘九曜紋金具肥後打刀拵 (小林隆忠一作金具) 打刀拵 藍鮫鞘九曜紋金具肥後打刀拵 (小林隆忠一作金具) 江戸時代
    後期

    打刀拵 藍鮫鞘九曜紋金具肥後打刀拵 (小林隆忠一作金具)

    江戸時代後期

    一見するとシックな印象ですが、柄には当時輸入品であった鮫革が巻かれ、さらに鮮やかな肥後熊本藩藩主細川家の家紋である九曜紋が映える、丁寧に作られた拵です。

  • 小柄 五爪這龍図小柄

    小柄 五爪這龍図小柄

    江戸時代末期

    小柄とは日本刀の拵に付随する小刀の柄の部分に装着するもの。この小柄には見事な龍の図が彫られています。

  • 大小目貫 挿頭図大小目貫

    大小目貫 挿頭図大小目貫

    江戸時代末期

    目貫とは柄の部分にある装飾品で、一説では手持ちをよくする機能性もあるとされています。小さな部品とも言える目貫にも、繊細な彫刻が施されています。

  • 目貫 追儺図目貫

    目貫 追儺図目貫

    江戸時代末期

    追儺(ついな)とは、宮中で大晦日に行なわれる行事であり、現在では節分として行なわれているものです。本作は追儺に登場する、鬼と福の神を象っています。

  • 鐔 追儺図鐔

    鐔 追儺図鐔

    江戸時代末期

    この鐔には、追儺に登場する鬼と福の神の姿が彫られています。

四 お土産チェック in ミュージアムショップ四、お土産チェック in ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

北泉 八重

日本刀を題材にした
お土産が多く
ファン必見です。

刀剣博物館の1階のミュージアムショップには、日本刀(刀剣)の鑑賞に関する書籍の他、毎年開催される新作発表会の図録など豊富な書籍が並んでいます。他にも、小さな桐箱に収められた玉鋼や、キーホルダーなど様々なグッズが揃っています。日本刀(刀剣)鑑賞の上級者向けの拡大鏡も販売されていて、鑑賞の際に使用される来館者様もいらっしゃいます。

  • 玉鋼

    玉鋼 1,520円(税込)

  • ストラップ・日本の刀剣※写真は石切丸

    ストラップ・日本の刀剣
    418円(税込)※写真は石切丸

  • 手ぬぐい

    手ぬぐい 960円(税込)

  • 館蔵品3連しおりシート

    館蔵品3連しおりシート
    230円(税込)

  • 玉鋼ビスコッティ

    玉鋼ビスコッティ 850円(税込)

  • 鐔型コースター

    鐔型コースター 1,880円(税込)

※価格は2019年11月の情報をもとに記載しています。

北泉 八重

日本刀を題材にした
お土産が多く
ファン必見です。

五 たたら製鉄と周辺案内五、たたら製鉄と周辺案内

日刀保(にっとうほ)たたら と 鉧(けら)

日刀保(にっとうほ)たたら と 鉧(けら)

  • 周辺画像
  • 周辺画像
  • 周辺画像
  • 周辺画像

日本刀文化を継承するため、刀剣博物館を運営する公益財団法人日本美術刀剣保存協会では作刀に必要となるたたらを運営しています。島根県仁多郡奥出雲町の「靖国たたら」跡地を1976年(昭和51年)に「日刀保たたら」として復元し、たたら製鉄を行なっています。
そして、刀剣博物館の入り口前には、「たたら製鉄」とその説明板が設置されており、鉄の塊である鉧(けら)に触れることもできます。たたら製鉄とは、砂鉄と木炭をもとに、純度の高い鉄を製造する日本古来の重要な製鉄法です。この手法で生み出された鉄のうち、特に優れた鋼(はがね)を「玉鋼(たまはがね)」と言い、日本刀(刀剣)の原材料となります。

刀剣博物館では作刀文化の継承、日本刀(刀剣)の魅力を紹介する企画展示に加え、有料で本物の刀を触ることができる観賞会や、刀剣鑑賞に関するマナー講座など様々なイベントを開催。事前に確認、申込みをして参加することができます。

また、博物館に隣接する旧安田庭園は、常陸国笠間藩主本庄因幡守宗資により元禄年間(1688〜1703年)に築造された庭園です。のちに実業家の安田善次郎によって池泉回遊式庭園として整備され、庭園の南側からは両国国技館の特徴的な屋根が、北側にはビルの間にスカイツリーを望むことができます。隅田川のほとり、都会の一角に佇む閑静な庭園です。

南條 忠信

池が涼しげで、
鳥たちも集まる
都会のオアシスだ

  • 周辺画像
  • 周辺画像
  • 周辺画像
  • 周辺画像

今回協力してくれたのは、刀剣博物館今回協力してくれたのは、刀剣博物館

刀剣博物館

東京都墨田区にある刀剣博物館は、日本独自の文化が生み出した美術工芸品としての日本刀(刀剣)の保存、鑑賞、継承の推進を目指して設立され、60年余の歴史をもつ公益財団法人日本美術刀剣保存協会が運営する博物館です。
本来武器であった日本刀(刀剣)は、日本人の独自の工芸技術と感性により、美術工芸品として昇華され、世界でも高く評価されています。刀剣博物館では、国宝や重要文化財を含む日本刀(刀剣)の他、刀装具、金工技術資料、古伝書などの幅広い所蔵品を有し、展示紹介しています。
また、日本刀(刀剣)の保存、研究、継承だけでなく鑑賞の手引きにも積極的に取り組み、セミナー等を主催。日本刀(刀剣)文化を幅広い方々に紹介しています。

刀剣博物館

刀剣博物館

刀剣を展示・所蔵している 全国のミュージアム刀剣を展示・所蔵している
全国のミュージアム

森記念秋水美術館富山県

  • 森記念秋水美術館
  • 森記念秋水美術館
  • 森記念秋水美術館

全国有数の日本刀(刀剣)コレクションと近代美術作品、陶芸や書を展示

全国でも有数の日本刀(刀剣)コレクションを所蔵する美術館。館名の「秋水」は、曇りのない研ぎ澄まされた日本刀(刀剣)を意味します。
重要文化財や重要美術品を含む日本刀(刀剣)を数多く常時展示。横山大観や川合玉堂など日本の近代美術史を代表する日本画家の作品や陶芸、書などのコレクションを鑑賞することもできます。

施設の詳細を見る

森記念秋水美術館

この施設を友達に教える

桑名市博物館三重県

  • 桑名市博物館
  • 桑名市博物館
  • 桑名市博物館

村正ゆかりの地の博物館

桑名ゆかりの名工・村正の企画展を全国で初めて開催し、好評を博した博物館です。収蔵品は江戸時代に老中として寛政の改革を主導した松平定信に関する資料の他、桑名藩政、文学、古萬古及び萬古焼(陶器)、天皇宸筆、茶道、考古民俗、絵画、郷土の浮世絵版画など、各方面に渡ります。三重県初の市立博物館として開館し、特別展、企画展を年間を通じて開催しています。

  • 所在地 : 三重県桑名市京町37番地1
  • 電 話 : 0594-21-3171

施設の詳細を見る

桑名市博物館

この施設を友達に教える

備前長船刀剣博物館岡山県

  • 備前長船刀剣博物館
  • 備前長船刀剣博物館
  • 備前長船刀剣博物館

備前おさふね刀剣の里

古くから刀の産地として知られていた備前国長船地域(現岡山県瀬戸内市長船町)にある、刀剣に関する博物館他の施設群。常時、刀剣約40口を展示する他、刀装具や作刀・研磨工程の資料を展示しています。
また、併設されている「備前長船刀剣工房」では刀匠や塗師、彫金師が作業を行なっており、日曜日には研師鞘師柄巻師が仕事を公開していて見学、相談、仕事の依頼ができます。

  • 所在地 : 岡山県瀬戸内市長船町長船966番地
  • 電 話 : 0869-66-7767

施設の詳細を見る

備前長船刀剣博物館

この施設を友達に教える

刀剣コレクション桑名・多度
(ホテル多度温泉)三重県

  • 刀剣コレクション桑名・多度(ホテル多度温泉)
  • 刀剣コレクション桑名・多度(ホテル多度温泉)
  • 刀剣コレクション桑名・多度(ホテル多度温泉)

自然豊かな桑名市多度で刀剣の歴史にふれる

東建多度カントリークラブ・名古屋にある、レジデンス新館の3階貴賓室ローズウッドとペガサスや、本館コンペルーム内の「刀剣コレクション桑名・多度(ホテル多度温泉)」では、平安時代をはじめ、鎌倉時代や室町時代などの重要文化財、重要美術品に指定された貴重な刀剣や甲冑(鎧兜)などを展示しています。

  • 所在地 : 三重県桑名市多度町古野2692
  • 電 話 : 0594-48-5811

施設の詳細を見る

剣コレクションルーム桑名・多度(ホテル多度温泉)

この施設を友達に教える

刀剣コレクション
名古屋・丸の内(東建本社)愛知県

  • 刀剣コレクション名古屋・丸の内(東建本社)
  • 刀剣コレクション名古屋・丸の内(東建本社)
  • 刀剣コレクション名古屋・丸の内(東建本社)

名古屋の市街地でゆっくり刀剣鑑賞

重要美術品の刀剣をはじめ、甲冑(鎧兜)、薙刀火縄銃などを、2020年6月まで期間限定で無料公開。室町時代から江戸時代に伊達家や島津家が使用した甲冑(鎧兜)をじっくりと鑑賞することができます。

施設の詳細を見る

刀剣コレクション名古屋・丸の内(東建本社)

この施設を友達に教える

2020年6月オープン予定! 名古屋市中区栄に「名古屋刀剣ワールド」が誕生!

愛知県名古屋市中区栄に開館予定の名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」。ホテル型高級賃貸マンション栄タワーヒルズに併設される、日本最大級の日本刀(刀剣)展示数を誇る大規模な博物館です。日本刀(刀剣)は最大200振、甲冑(鎧兜)は約50領を展示予定。さらに、最新のデジタル技術を駆使した演出によって、これまでにない体験ができる場所に。名古屋の新たな観光名所となりそうです。

  • 名古屋刀剣ワールド
  • 名古屋刀剣ワールド
  • 名古屋刀剣ワールド

名古屋刀剣ワールド 名古屋刀剣ワールド

最大200振の日本刀を展示し、国宝・重要文化財や重要美術品といった貴重な日本刀もご覧頂くことができます。

関連サイトのご紹介

  • 旅探:観光名所・レジャー施設検索
    全国の観光名所・レジャー施設を検索!
  • 旅探:博物館・美術館
    日本全国にある博物館・美術館の情報が満載!
  • 旅探:神社・寺・教会
    旅探で日本全国の神社・寺・教会を簡単検索!
  • 城ワールド 日本の城検索
    日本全国のお城や城跡を検索できる情報サイト。

全国観光マップ・レジャーマップ 全国観光マップ・レジャーマップ

全国の観光名所・観光施設と周辺情報をマップでご紹介します。

日本刀(刀剣)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」のコンテンツ「刀剣博物館で刀剣の世界を学ぼう!」です。
東京都墨田区にある「刀剣博物館」では、国宝や重要文化財、重要美術品といった、貴重な日本刀(刀剣)の他、甲冑(鎧兜)、刀装具なども展示しています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)の基礎知識をはじめ、日本刀(刀剣)の歴史や雑学、日本刀(刀剣)にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工たちの紹介など盛りだくさん。日本刀(刀剣)に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。日本刀(刀剣)や甲冑(鎧兜)に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る