三の丸尚蔵館 三の丸尚蔵館
三の丸尚蔵館
東京都千代田区にある「三の丸尚蔵館」(さんのまるしょうぞうかん)は、昭和天皇の崩御に伴って「御物」(ぎょぶつ:皇室の私有品)のうちの約6,000点が国に寄付されたことを契機として、1992年(平成4年)に皇居東御苑内に設置されました。この施設設置の目的は、これらを適切な環境での保存・研究することと、一般への展示・公開。現在の収蔵品は約9,800点で、刀剣類も、数多くの名刀が収蔵されています。刀剣類に限らず、皇室に代々受け継がれてきた貴重な美術品類を無料で観覧することができる施設です。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

三の丸尚蔵館の歴史

東京都千代田区にある「三の丸尚蔵館」の歴史について、ご紹介します。

三の丸尚蔵館のあゆみ

1989年(昭和64年)1月7日に昭和天皇が崩御すると、皇室財産の整理が行なわれました。この中で、宮中行事で用いる屏風や刀剣類などは、皇室の財務・財政について定めた「皇室経済法」第7条に基づく「御物」として、皇室の私有財産とし、その他は国に寄付され国有財産になったのでした。三の丸尚蔵館は、設置計画当初、収蔵物の保存・研究を主目的とした収蔵庫としての機能に限定する予定で、展示については博物館や美術館に貸し出し等を行なう予定でした。その後、皇室の意向を受け、三の丸尚蔵内に展示室が設けられたのです。

三の丸尚蔵館の収蔵・展示品に国宝はありません。それは御物が慣習上、文化財保護法の対象外とされてきたためでした。国宝とは、文部科学大臣によって重要文化財に指定された物のうち、国民の宝として国として特に保護すべき物を指します(「文化財保護法」27条2項)。御物は国(宮内庁)によって保護・管理されてきた物であるため、文化財保護法の趣旨に沿っていないということなのです。しかし、国宝でないからと言って、美術品としての価値が劣ると言う訳ではありません。

御物の中で、国宝に指定されている唯一の例外は正倉院です。これは、ユネスコの「世界文化遺産」に指定されたために、建物が国宝になっています。なお、正倉院に収蔵されている宝物は、国宝ではありません。

三の丸尚蔵館と日本刀

三の丸尚蔵館には国宝級の日本刀が収蔵・展示されています。代表的な1振が「短刀 :銘正宗」。「京極正宗」の号を有するこの短刀は、豊臣秀吉が「京極高次」(きょうごくたかつぐ)に贈った物だとされています。高次の死後、子の「京極高広」が将軍家に献上しました。「正宗」の作品で、を切った物は非常に数が少なく、現存する物では「不動正宗」、「大黒正宗」、「本庄正宗」に、この京極正宗を加えた4振(いずれも短刀)のみです。

また銘はありませんが、同館では正宗の作品とされている「刀:無銘」も収蔵・展示されています。「若狭正宗」と呼ばれる日本刀で、呼び名は所持していた秀吉の正室北政所の兄の子、木下勝俊が「若狭少将」と呼ばれていたことに由来しています。江戸時代の鑑定士「本阿弥家」が「金千枚=一万両」の折紙を付けたことでも知られ、「不知代」(だいしらず:非常に高価で代金を付けた場合には、いくらになるか分からないこと)や「無代」(代価がいらない物。不知代同様、代金が付けられない物)を除いた正宗の作品の中では、最高額が付けられた逸品です。

三の丸尚蔵館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

三の丸尚蔵館の外観の様子です。
三の丸尚蔵館の外観の様子です。
三の丸尚蔵館_外観
皇室にゆかりのある品が展示されています…
三の丸尚蔵館_外観
三の丸尚蔵館の外観です。
三の丸尚蔵館_外観
三の丸尚蔵館の外観です。
三の丸尚蔵館_外観
白壁が美しい建築物です。
三の丸尚蔵館_大手門
三の丸尚蔵館に一番近い入口となる大手門…
三の丸尚蔵館_石看板
三の丸尚蔵館の館名板です。
三の丸尚蔵館_案内板
案内板です。
三の丸尚蔵館の外観の様子です。
皇室にゆかりのある品が展示されています。
三の丸尚蔵館の外観です。
三の丸尚蔵館の外観です。
白壁が美しい建築物です。
三の丸尚蔵館に一番近い入口となる大手門で…
三の丸尚蔵館の館名板です。
案内板です。
もっと見る
閉じる

三の丸尚蔵館の
主な収蔵作品

三の丸尚蔵館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

短刀 銘 正宗(名物:京極正宗)

※この写真は三の丸尚蔵館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    その他
  • 時代
    鎌倉時代末期
  • 制作国
    相模国
  • 刀工
    正宗

三の丸尚蔵館のアクセス

三の丸尚蔵館
三の丸尚蔵館
三の丸尚蔵館
loading...

三の丸尚蔵館の施設情報

三の丸尚蔵館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒100-0001
東京都千代田区千代田1-1
電話番号 03-3213-1111
交通アクセス 「大手町駅」下車 徒歩約5分

交通アクセス情報を見る

営業時間 3月1日~4月14日 9~16時45分
4月15日~8月末日 9~17時45分
9月1日~9月末日 9~16時45分
10月1日~10月末日 9~16時15分
11月1日~2月末日 9~15時45分
※入館は閉館の15分前まで
休館日 展覧会期間中の毎週月・金曜日
※天皇誕生日以外の「国民の祝日等の休日」は開館
月曜日が休日で開館する場合、翌火曜日が休館)
展覧会の準備期間
年末年始(12月28日~翌年1月3日)
行事の実施、その他やむを得ない理由のため支障のある日
駐車場 無し
入場料 無料
公式サイト

宮内庁(三の丸尚蔵館)

http://www.kunaicho.go.jp/event/sannomaru/sannomaru.html

「三の丸尚蔵館」
施設情報サイトのご紹介

ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、三の丸尚蔵館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

旅探「全国の博物館・美術館」 旅探「全国の博物館・美術館」
旅探で日本全国の博物館・美術館を簡単検索!ガイドブックや公式ホームページでは分からない生の声を掲載しています。

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、東京都千代田区にある「三の丸尚蔵館」についてご紹介。
三の丸尚蔵館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、三の丸尚蔵館の見どころについて詳しくご覧頂くことが可能です。
写真や動画で観る日本刀も素敵ですが、実際に観る日本刀の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード