東京国立博物館 東京国立博物館
東京国立博物館
「東京国立博物館」は、1872年(明治5年)に設立された日本最古の博物館で、日本と東洋の文化財の収集・保管・展示公開・調査研究・普及などを目的としています。所蔵品の数は、約11万7,000点と国内最大級。「豊臣秀吉」から正室「北の政所」、「徳川秀忠」に渡り、以後は徳川将軍家に伝承された国宝の太刀「三日月宗近」(みかづきむねちか)をはじめとする刀剣類の収蔵についても、質量ともに国内屈指です。
  • 東京国立博物館の特集コンテンツ 東京国立博物館の特集コンテンツ
    刀剣をはじめ貴重なコレクションが豊富な国内で最も長い歴史をもつ博物館をご紹介します。
  • バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

東京国立博物館の歴史

東京都台東区にある「東京国立博物館」の歴史について、ご紹介します。

東京国立博物館のあゆみ

「東京国立博物館」が設立されたのは1872年(明治5年)。「文部省博物館」として発足しました。その後、1882年(明治15年)現在地の上野「寛永寺跡」に移転し、1889年(明治22年)に「帝国博物館」に改称。そして1909年(明治42年)には、大正天皇の御成婚を記念して建てられた「表慶館」が開館。1923年(大正12年)の「関東大震災」で旧本館が損壊したことを受け、1938年(昭和13年)に現在の本館が開館したのです。

戦後の1947年(昭和22年)に、管轄を文部省に移管した際に「国立博物館」と改称し、1952年(昭和27年)に現在の「東京国立博物館」となりました。その後、最初の東京五輪が行なわれた1964年(昭和39年)には「法隆寺宝物館」(旧館)が開館し、文化庁に移管した1968年(昭和43年)には「東洋館」が開館。1984年(昭和59年)には「資料館」が、1999年(平成11年)には「法隆寺宝物館」や「平成館」が開館し、現在に至っています。

東京国立博物館と日本刀

「東京国立博物館」には、「天下五剣」のうち、2振りの日本刀が収蔵されています。ひとつは、「源頼光」が「酒呑童子」(しゅてんどうじ)を切った日本刀とされる太刀「童子切」(どうじぎり)。もうひとつが日本刀の中で最も古い物のひとつと言われている国宝「三日月宗近」(みかづきみねちか)です。

平安時代の刀工「三条宗近」の作であるこの刀は、刃長二尺六寸四分(約80.0cm)、反り九分(約2.7cm)。細身で反りが大きく、刀身の鍔元(つばもと:つばと刀が接するところ)の幅と鋒/切先(きっさき:刀身の最先端)の幅の差が大きい優美な太刀です。「三日月」と言う名前の由来は、刀身に三日月形の打除け(うちのけ:刃文の一種)が数多く見られることによるものと言われています。

国宝に指定されている物だけでも19振りを所蔵するなど、質量ともに日本屈指のコレクションを誇る「東京国立博物館」ですが、「日本刀文化」の存続に、大切な役割を果たしました。それが終戦直後にGHQ主導で行なわれた「昭和の刀狩り」によって発生した「赤羽刀」の保管庫としての役割。当時、米陸軍第8兵器補給廠に集められていた刀剣類は、雨ざらしにされるなど、決して保管状態は良いとは言えませんでした。

赤羽刀のうち、「刀剣審査員」によって美術品としての価値が高いと判定された5,500振余りについては、旧所有者に返還するまでの間、東京国立博物館(当時は国立博物館)で保管されることに。それを主導したのが当時、国立博物館の職員だった本間順治氏、佐藤貫一氏の2人だったのです。

東京国立博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 東京国立博物館。本館、東洋館、黒田記念館、資料館、平成館、法隆寺宝物館、表慶館など多くの施設があります。
    東京国立博物館。本館、東洋館、黒田記念…
  • 東京国立博物館本館の正面玄関。
    東京国立博物館本館の正面玄関。
  • 本館外観全体。
    本館外観全体。
  • 館内にある階段。テレビドラマにも起用されたことがあるそうです。
    館内にある階段。テレビドラマにも起用さ…
  • 表慶館の外観正面。
    表慶館の外観正面。
  • 平成館の外観。
    平成館の外観。
  • 法隆寺宝物館の外観。
    法隆寺宝物館の外観。
  • 館内に展示されている日本刀。
    館内に展示されている日本刀。
  • 館内に展示されている日本刀。
    館内に展示されている日本刀。
  • 博物館敷地内北側にある庭園。
    博物館敷地内北側にある庭園。
  • 東京国立博物館。本館、東洋館、黒田記念館…
  • 東京国立博物館本館の正面玄関。
  • 本館外観全体。
  • 館内にある階段。テレビドラマにも起用され…
  • 表慶館の外観正面。
  • 平成館の外観。
  • 法隆寺宝物館の外観。
  • 館内に展示されている日本刀。
  • 館内に展示されている日本刀。
  • 博物館敷地内北側にある庭園。
もっと見る
閉じる

東京国立博物館の紹介動画

東京国立博物館

東京国立博物館の
主な収蔵作品

東京国立博物館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 伯耆安綱 名物 童子切安綱

※この写真は東京国立博物館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    国宝
  • 時代
    平安時代
  • 制作国
    伯耆国
  • 刀工
    安綱

東京国立博物館施設情報

東京国立博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒110-8712
東京都台東区上野公園13-9
電話番号 03-5777-8600(ハローダイヤル)
交通アクセス JR上野駅公園口,南口下車 徒歩10分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9時30分~17時 ※入館は閉館の30分前まで
※毎週金曜・土曜日は21時まで開館します。
※2018年4月~9月までの日曜・祝日・休日は18時まで開館します。
休館日 月曜日 ※祝休日の場合は翌火曜休館
駐車場 無し
入場料 一般 620円(520円)
大学生 410円(310円)
※()内は20名以上の団体料金です。
※上記は総合文化展入場料金。
特別展の場合は別料金となります。
公式サイト http://www.tnm.jp/

「東京国立博物館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、東京国立博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

東京国立博物館のアクセス

東京国立博物館
東京国立博物館
東京国立博物館
東京国立博物館

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、東京都台東区にある「東京国立博物館」についてご紹介しています。
東京国立博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、東京国立博物館について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀(刀剣)の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る