埼玉県立歴史と民俗の博物館 埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館
さいたま市大宮区にある「埼玉県立歴史と民俗の博物館」は、「埼玉における人々のくらしと文化」をテーマとして、歴史・美術・民俗のジャンルに分けた展示が行なわれている博物館です。常設展示は第1~10室において、歴史順に資料が展示(毎月1回展示替)。常設展示第3室(奈良時代~南北朝時代)では、埼玉県指定文化財となっている青江派の刀工による太刀と備前長船派の刀工による日本刀(刀剣)を展示。常設展示品ではありませんが、「太刀:銘景光・景政」、「短刀:銘景光」、2振の国宝が収蔵されています。
バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

埼玉県立歴史と民俗の博物館の歴史

埼玉県さいたま市にある「埼玉県立歴史と民俗の博物館」の歴史について、ご紹介します。

埼玉県立歴史と民俗の博物館と2振の国宝

「埼玉県立歴史と民俗の博物館」は、2006年(平成18年)の「埼玉県立博物館」と「埼玉県立民俗文化センター」の統合計画の実行により開設。建物は1971年(昭和46年)に開館した埼玉県立博物館を引き継ぎました。専門分野は、埼玉県の歴史と民俗文化。埼玉ならではの価値を伝えるための収蔵・展示活動が行なわれています。埼玉県ゆかりの資料を収集・展示すると言う博物館の性格上、刀剣類については、収蔵数が多いとは言えません。しかし、その日本刀(刀剣)を通して、歴史を体感することができるのです。

埼玉県立歴史と民俗の博物館には、2振の国宝が収蔵されています。そのうちの1振は、「太刀:銘景光・景政」。この日本刀(刀剣)は武蔵国・秩父の地頭「大河原時基」(おおかわらときもと)が、備前長船派の刀工「景光」と「景政」を新領地である播磨国宍粟郡三方西(現在の兵庫県)に呼んで作らせ、1329年(嘉暦4年)に現在の兵庫県姫路市にある「広峯神社」に奉納した物。刃長は82.4cm、反りは2.4cmで、景光が得意としていた直刃調、互の目ごころ・小乱れの刃文が特徴です。

もう1振は「短刀:銘景光」。太刀と同じく大河原時基が、1323年(元亨3年)、景光に作らせた物です。刀身には、表に「秩父大菩薩」、裏には「大威徳明王」を表す梵字の彫りがあります。秩父大菩薩は、埼玉県「秩父神社」に祭られている「妙見菩薩」を指しています。この短刀は、のちに上杉謙信が常に手元においていたことから、刃の裏側に「謙信景光」の銘があります。景光独特の華やかな「片落ち互の目」の刃文の日本刀(刀剣)だけでなく、拵(こしらえ)は戦国時代から変わらず今に伝わる物。謙信の時代に思いを馳せることができる逸品です。

日本刀「五箇伝」のひとつである「備前長船」と埼玉(秩父)、そして「越後の虎」と言われた戦国時代屈指の武将上杉謙信。1振の名刀を媒介として、地理的に何の関係性もないようにも思われる3つのワードがつながるのです。このように、歴史のダイナミズムを感じ思いを馳せることが、名品を鑑賞する醍醐味と言えるでしょう。

埼玉県立歴史と民俗の博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 埼玉県立歴史と民俗の博物館。さいたま市大宮公園の近くにあります。
    埼玉県立歴史と民俗の博物館。さいたま市…
  • 埼玉県立歴史と民俗の博物館の入口。
    埼玉県立歴史と民俗の博物館の入口。
  • 博物館敷地内。
    博物館敷地内。
  • 建物外観の正面。
    建物外観の正面。
  • 博物館の正面入口。
    博物館の正面入口。
  • 館内ロビー。
    館内ロビー。
  • 博物館内展示室。
    博物館内展示室。
  • 博物館の看板。
    博物館の看板。
  • 埼玉県立歴史と民俗の博物館。さいたま市大…
  • 埼玉県立歴史と民俗の博物館の入口。
  • 博物館敷地内。
  • 建物外観の正面。
  • 博物館の正面入口。
  • 館内ロビー。
  • 博物館内展示室。
  • 博物館の看板。
もっと見る
閉じる

埼玉県立歴史と民俗の博物館施設情報

埼玉県立歴史と民俗の博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町4丁目219
電話番号 048-641-0890
交通アクセス 「大宮公園駅」下車 徒歩5分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~16時30分(入館は16時まで)
7月1日~8月31日 9~17時(入館は16時30分まで)
休館日 月曜日 (祝日・振替休日、G.W.中及び県民の日を除く)
12月29日~1月1日
駐車場 有り ※大宮公園と共同
入場料 一般 300円(200円)
高校・学生 150円(100円)
・企画展 
一般 400円(250円)
高校・学生 200円(150円)
・特別展 
一般 600円(400円)
高校・学生 300円(200円)
※( )内は20名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.saitama-rekimin.spec.ed.jp/

「埼玉県立歴史と民俗の博物館」
施設情報サイトの
ご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、埼玉県立歴史と民俗の博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

埼玉県立歴史と民俗の博物館のアクセス

埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館
埼玉県立歴史と民俗の博物館

日本刀・甲冑に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。こちらのページでは、埼玉県さいたま市にある「埼玉県立歴史と民俗の博物館」についてご紹介しています。埼玉県立歴史と民俗の博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、埼玉県立歴史と民俗の博物館について詳しくご覧頂くことができます。写真や動画で見る刀剣も素敵ですが、実際に見る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る