致道博物館 致道博物館
旧西田川郡役所正面
鶴ヶ岡城の三の丸、旧庄内藩主・酒井家の御用屋敷地に創立した博物館です。博物館名は、旧庄内藩の藩校「致道館」に由来。酒井家伝来品や、庄内地方の歴史・民俗資料などが収蔵・展示されています。刀剣類では国宝の「太刀:銘真光」(たち:めいさねみつ)や「太刀:銘信房作」(たち:めいのぶふささく)、重要文化財の「短刀:銘吉光」(たんとう:めいよしみつ)などを所蔵しており、刀剣の展示にも力を入れている博物館のひとつです。また、庄内の歴史的建造物を永く保存するため、博物館敷地内に移築しており、郷土密着型の総合博物館となっています。
  • 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
  • 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
    名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

致道博物館の歴史

山形県鶴岡市にある「致道博物館」の歴史について、ご紹介します。

致道博物館のあゆみ

1950年(昭和25年)に旧庄内藩主・酒井氏から土地、建物、文化財などが寄付され、「財団法人以文会」が設立されました。1952年(昭和27年)には博物館法の成立により、「財団法人以文会立致道博物館」に改称。その後、1957年(昭和32年)に「財団法人致道博物館」となり、2012年(平成24年)には、公益法人改革により、公益財団法人に移行したことで「公益財団法人致道博物館」となり、現在に至っています。

設立の目的は、地域文化の向上発展に資すること。1956年(昭和31年)に収集した民俗資料を展示する「民具の蔵」を開設したのを皮切りに、翌年1957年(昭和32年)には明治期の「旧鶴岡警察署庁舎」、1965年(昭和40年)には江戸時代の「田麦俣多層民家旧渋谷家住宅」、さらに1972年(昭和47年)には明治期の「旧西田川郡役所」を敷地内に移築、保存公開しています。建物内では歴史民俗資料を常設展示。江戸、明治期の暮らしを肌で感じられる工夫が施されているのです。

庄内地方と日本刀

致道博物館がある庄内地方は、庄内平野を中心とした山形県の日本海沿岸地域で、その中心は鶴岡市酒田市。この庄内地方は、「日本刀文化」と切っても切れない縁で結ばれています。太平洋戦争後、GHQ(連合国軍総司令部)が国内の刀剣類を没収・廃棄しようとした際に救済を主張し、その保護に力を尽くしたのが、酒田市出身の本間順治氏と、鶴岡市生まれの佐藤貫一氏でした。

2人は米陸軍第8軍の憲兵司令長官・キャドウェル大佐と交渉し、日本刀は単なる武器ではなく、美術品としての価値が非常に高いことを主張。GHQにこれを認めさせ、接収された刀剣類の一部について審査のうえで、もとの所有者への返還を許可させるなど、当初の廃棄方針を撤回させました。

日本刀文化を存続の危機から救った2人のふるさとに設けられた致道博物館には、国宝に指定されている2振の日本刀が収蔵されています。「太刀:銘真光」と「太刀:銘信房作」です。鎌倉時代の「長船長光」の門下生であると言われている「真光」によって作られた太刀は、「長篠の戦い」などにおける酒井忠次の武功に対して織田信長から贈られたとされています。また古備前の刀工「信房」によって作られた太刀は、徳川家康が「小牧・長久手の戦い」における酒井忠次の武功を称えて授けた物です。

致道博物館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

館内風景
致道博物館の館内風景です。※この写真は…
旧渋谷家住宅(春)
旧渋谷家住宅です。※この写真は致道博物…
旧西田川郡役所正面
旧西田川郡役所正面の様子です。※この写…
旧鶴岡警察署庁舎
旧鶴岡警察署庁舎です。※この写真は致道…
重要有形民俗文化財収蔵庫
重要有形民俗文化財収蔵庫です。※この写…
御隠殿
御隠殿です。※この写真は致道博物館様か…
名勝酒井氏庭園
名勝酒井氏庭園です。※この写真は致道博…
致道博物館の施設案内図です。鶴ヶ岡城三の丸、庄内藩の御用屋敷となっていたとのことです。
致道博物館の施設案内図です。鶴ヶ岡城三…
致道博物館の館内風景です。※この写真は致…
旧渋谷家住宅です。※この写真は致道博物館…
旧西田川郡役所正面の様子です。※この写真…
旧鶴岡警察署庁舎です。※この写真は致道博…
重要有形民俗文化財収蔵庫です。※この写真…
御隠殿です。※この写真は致道博物館様から…
名勝酒井氏庭園です。※この写真は致道博物…
致道博物館の施設案内図です。鶴ヶ岡城三の…
もっと見る
閉じる

致道博物館の紹介動画

致道博物館

致道博物館の
主な収蔵作品

致道博物館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

太刀 銘 信房作

※この写真は致道博物館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    国宝
  • 時代
    平安時代
  • 制作国
    備前国
  • 刀工
    信房

致道博物館の施設情報

致道博物館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒997-0036
山形県鶴岡市家中新町10-18
電話番号 0235-22-1199
交通アクセス 「鶴岡駅」下車 徒歩約22分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~17時(入館は16時30分まで)
※12~2月 9~16時30分(入館は16時まで)
休館日 12~2月は毎週水曜日 年末年始(12月28日~1月4日)
駐車場 有り
入場料 一般:800円(700円/500円)
学生:400円(300円/200円)
小中学生:300円(200円/100円)
※()内は20名以上99名以下/100名以上の団体料金です。
公式サイト http://www.chido.jp/

致道博物館のアクセス

致道博物館
致道博物館
致道博物館
致道博物館
「致道博物館」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「致道博物館」近くの生活施設を探す

「致道博物館」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「致道博物館」近くの施設情報

「致道博物館」近くの観光名所

「致道博物館」近くの飲食店

「致道博物館」近くのショッピング施設

「致道博物館」近くの宿泊施設

「致道博物館」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、致道博物館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

山形県の刀剣施設情報

山形県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 山形市
  • 米沢市
  • 鶴岡市
  • 酒田市
  • 新庄市
  • 寒河江市
  • 上山市
  • 村山市
  • 長井市
  • 天童市
  • 東根市
  • 尾花沢市
  • 南陽市
  • 東村山郡山辺町
  • 東村山郡中山町
  • 西村山郡河北町
  • 西村山郡西川町
  • 西村山郡朝日町
  • 西村山郡大江町
  • 北村山郡大石田町
  • 最上郡金山町
  • 最上郡最上町
  • 最上郡舟形町
  • 最上郡真室川町
  • 最上郡大蔵村
  • 最上郡鮭川村
  • 最上郡戸沢村
  • 東置賜郡高畠町
  • 東置賜郡川西町
  • 西置賜郡小国町
  • 西置賜郡白鷹町
  • 西置賜郡飯豊町
  • 東田川郡三川町
  • 東田川郡庄内町
  • 飽海郡遊佐町
すべてを見る

刀剣・日本刀・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けする、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、山形県鶴岡市にある「致道博物館」についてご紹介。
致道博物館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、致道博物館の見どころについて詳しくご覧頂くことが可能です。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な刀剣・日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、刀剣・日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード