関鍛冶伝承館 関鍛冶伝承館
関鍛冶伝承館
日本刀の「五箇伝」のひとつ、「美濃伝」の本拠地であり「刃物のまち」として知られている岐阜県関市にある「関鍛冶伝承館」は、鎌倉時代から受け継がれる「関鍛冶」の技を今に伝える施設です。1階には関鍛冶を代表する刀工「兼元」・「兼定」をはじめとする刀工によって作られた日本刀や、その製造工程・歴史に関する様々な資料を展示。2階には、関鍛冶以来伝承されている刃物作りの技術を応用した近現代の刃物産業製品などの展示が行なわれています。
  • バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドは、美術的に価値の高い日本刀や甲冑にまつわる様々なコンテンツを公開!
文字サイズ

関鍛冶伝承館の歴史

岐阜県関市にある「関鍛冶伝承館」の歴史について、ご紹介します。

関鍛冶伝承館のあゆみ

「関鍛冶伝承館」の前身「関市産業振興センター」は、1984年(昭和59年)に開館。設立の目的は、「五箇伝」と称された日本刀作りを出発点として、今に続いている岐阜県関市の伝統産業、刃物作りの技術を伝承していくことでした。その後、全面改装を経て、2002年(平成14年)10月8日に、「関鍛冶伝承館」としてリニューアルオープンしました。

延べ床面積は1,096.05㎡(1階:734.84㎡、2階:361.23㎡)。敷地内には日本刀鍛錬場や技能士実演場を併設し、「刃物まつり」や一般公開日には日本刀鍛錬の実演を行なっています。その他、毎年11月8日の「刃物の日」には、敷地内にある「刃物塚」で使えなくなった刃物の供養を行なうなど、「刃物のまち」関らしく刃物の総合博物館と言える施設です。

関鍛冶の歴史

関に刀鍛冶が誕生したのは鎌倉時代。元重が九州から関に移り住み、刀鍛冶をはじめたことに始まると言われています。室町時代に入り、「美濃伝」が成立。五箇伝の中では、最後の成立でした。室町時代後期には「関の孫六」こと2代目兼元を筆頭に、「関は千軒鍛冶屋が名所」と言われたほど刀鍛冶が一大産業となり、繁栄しました。「折れず、曲がらず、よく切れる」美濃伝の日本刀は全国にその名を轟かせ、その抜群の切れ味から、戦国時代になると多くの武将が愛用。こうした日本刀需要の高まりと共に、優れた技術を持った関鍛冶は、大名のお抱え鍛冶として全国に拡散していったのです。

しかし、1876年(明治9年)の「廃刀令」によって日本国内における日本刀需要は一気に低下。関鍛冶は大ダメージを受け、伝統技術衰退の危機に陥りましたが、1908年(明治41年)に春日神社横に「関刀剣鍛錬所」を開設。その危機を脱出したのです。関刀剣鍛錬所では、兼吉を総領事として、刀剣鍛錬を奨励すると共に、刀鍛冶の修行過程を設けることで後進の養成にも尽力。これにより、関鍛冶の伝統技術の断絶を免れました。現在、美濃伝由来の日本刀鍛錬技術は、兼吉、兼永などによって、伝承されています。

関鍛冶伝承館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

  • 関鍛冶伝承館の外観。<br />
※この写真は「関鍛冶伝承館」様よりご提供頂いた写真です。
    関鍛冶伝承館の外観。※この写真は「関鍛…
  • 関鍛冶伝承館にある刃物塚。
    関鍛冶伝承館にある刃物塚。
  • 施設敷地内にある日本刀鍛錬場。
    施設敷地内にある日本刀鍛錬場。
  • 日本刀鍛錬場の内観。<br />
※この写真は「関鍛冶伝承館」様よりご提供頂いた写真です。
    日本刀鍛錬場の内観。※この写真は「関鍛…
  • 館内展示の様子。
    館内展示の様子。
  • 約6メートルもある日本刀の模造刀も展示されています。
    約6メートルもある日本刀の模造刀も展示…
  • 美濃伝の日本刀が展示されています。
    美濃伝の日本刀が展示されています。
  • 企画展の期間は多くの日本刀が展示されます。
    企画展の期間は多くの日本刀が展示されま…
  • 関鍛冶伝承館の外観。※この写真は「関鍛冶…
  • 関鍛冶伝承館にある刃物塚。
  • 施設敷地内にある日本刀鍛錬場。
  • 日本刀鍛錬場の内観。※この写真は「関鍛冶…
  • 館内展示の様子。
  • 約6メートルもある日本刀の模造刀も展示さ…
  • 美濃伝の日本刀が展示されています。
  • 企画展の期間は多くの日本刀が展示されます…
もっと見る
閉じる

関鍛冶伝承館の紹介動画

関鍛冶伝承館

関鍛冶伝承館の
主な収蔵作品

関鍛冶伝承館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

刀 銘 兼元

※この写真は関鍛冶伝承館様からご提供頂いております。

  • 鑑定区分
    関市指定重要文化財
  • 時代
    室町時代
  • 制作国
    -
  • 刀工
    兼元

関鍛冶伝承館の施設情報

関鍛冶伝承館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒501-3857
岐阜県関市南春日町9-1
電話番号 0575-23-3825
交通アクセス 「刃物会館前駅」下車 徒歩3分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9時~16時30分
休館日 火曜日、祝日の翌日
駐車場 有り 20台
入場料 大人 300円(250円)
高校生 200円(150円)
小中学生 100円(50円)
※( )団体割引 20名以上
公式サイト http://sekikanko.jp/modules/content/index.php?lid=97

関鍛冶伝承館のアクセス

関鍛冶伝承館
関鍛冶伝承館
関鍛冶伝承館
関鍛冶伝承館

「関鍛冶伝承館」近くの施設情報

「関鍛冶伝承館」近くの観光名所

「関鍛冶伝承館」近くの飲食店

「関鍛冶伝承館」近くのショッピング施設

「関鍛冶伝承館」近くの宿泊施設

「関鍛冶伝承館」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、関鍛冶伝承館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

日本刀(刀剣)・甲冑(鎧兜)に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、岐阜県関市にある「関鍛冶伝承館」についてご紹介しています。
関鍛冶伝承館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、関鍛冶伝承館について詳しくご覧頂くことができます。
写真や動画で観る刀剣も素敵ですが、実際に観る刀剣の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀(刀剣)に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀(刀剣)の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼

注目ワード

ページトップへ戻る