神宮徴古館 神宮徴古館
神宮徴古館 正面
三重県伊勢市にある「神宮徴古館」(じんぐうちょうこかん)は、1909年(明治42年)に日本初の私立博物館として創設されました。創設目的は、「神宮の由緒並びに日本文化の変遷を徴する資料を陳列保存して、一般の観覧に供する外産業の振興発展に資する事業を行ない、文化の向上を図る」こと。当館では、社殿の復原展示や20年に一度行なわれる「式年遷宮」(しきねんせんぐう)において撤下された御装束神宝の一部を展示しています。これらの資料の他、館内では「毛抜形太刀」(けぬきがたたち)や「脇差」などの国指定の重要文化財11点をはじめ、歴史・考古学資料、美術工芸品など約13,000点を収蔵・展示。神宮徴古館は、「伊勢神宮」についての「総合博物館」とも言うべき博物館です。
  • 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」 刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」
    刀剣ワールドでは、美術的に価値の高い刀剣・日本刀や甲冑(鎧兜)にまつわる様々なコンテンツを公開しています!
  • 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク) 名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)
    名古屋刀剣博物館「名古屋刀剣ワールド」(メーハク)では、重要文化財などの貴重な日本刀をご覧頂くことができます。
文字サイズ

神宮徴古館の歴史

三重県伊勢市にある「神宮徴古館」の歴史について、ご紹介します。

神宮徴古館のあゆみ

神宮徴古館の歴史は、1886年(明治19年)に神宮の宮域に総合博物館を開設することを目的とした「神苑会」(しんえんかい)の発足に始まります。神苑会によって日本初の産業博物館である「神宮農業館」が創設され、その後、同館が倉田山に移設増築されると、その中の「農業館附属工芸館」を「仮徴古館」として開館。

そして、1909年(明治42年)、「赤坂離宮」(あかさかりきゅう:現在の迎賓館)などを設計した当時の宮廷建築の第一人者「片山東熊」(かたやまとうくま)設計の神宮徴古館が完成。1911年(明治44年)、設立の目的を遂げた神苑会は解散し、神宮が事業を引き継ぎました。

神宮に関係する古器、図画、文書など神宮の沿革についての資料を保存・展示し、観覧に供することを目的として運営されることとなった神宮徴古館を象徴する展示品に、20年に一度の式年遷宮で撤下された御装束神宝があります。これらの調製には飛鳥時代、奈良時代、平安時代の文化様式が垣間見られ、調製当時に使用されていた材料や技法が脈々と継承され、現在でもそのまま再現されていることが分かります。これら御装束神宝の展示を通して式年遷宮の意義を伝え、日本の文化伝統を保存・育成していくことも、徴古館の大きな目的です。

終戦間近の1945年(昭和20年)、神宮徴古館は危機に立たされます。7月29日未明の空襲によって被災。建物をはじめとして、収蔵品の約9割が焼失してしまったのです。3年後の1948年(昭和23年)に、内宮宇治橋前の参拝者休憩所を仮徴古館として再出発すると、1953年(昭和28年)第59回式年遷宮の附帯事業として開館。残存した外壁部分を活かしつつ、鉄筋コンクリート造の2階建ての建物としてリニューアルされました。そして1985年(昭和60年)には新館が竣工し、1998年(平成10年)、神宮徴古館は神宮農業館と共に、明治時代の建造物の代表的遺構として国の登録有形文化財となったのです。

神宮徴古館と日本刀

神宮徴古館には、国の重要文化財に指定されている2振の刀剣が収蔵されています。ひとつは「毛抜形太刀」で、もうひとつが「有國」(ありくに)の折り返し銘がある脇差。

毛抜形太刀は、平安時代中期頃に登場した、日本刀の原形とも言われている刀剣です。当時、東北地方を本拠としていた「蝦夷」(えみし)が制作していた「毛抜形蕨手刀」(けぬきがたわらびてとう)を手本として、内国で制作が開始。主に「衛府」(えふ)の官人が佩用していました。神宮徴古館収蔵の毛抜形太刀は、「平将門の乱」(たいらのまさかどのらん)で将門を討ち取ったと言われている「藤原秀郷」(ふじわらのひでさと)が佩用していたとされる初期の物。刀身、拵がほぼ完全な形で残存している貴重な1振です。

脇差に折り返し銘がある有國は、鎌倉時代初期に山城国(現在の京都府)で活動した「粟田口派」(あわたぐちは)の刀工で、実質的な開祖と言われている粟田口六兄弟の5男。有國については現存する作品が少なく、また、在銘の物が皆無であると言われています。

神宮徴古館収蔵の脇差は、「茎」(なかご:刀身で柄の中に入る部分)を切って短くする際に、その部分を反対側に折り曲げて銘を残す手法で有國の作風を現在に伝える1振。細身の刀身で、細直刃の刃文は「山城伝」(やましろでん)の優美さがよく現れていると言える作です。

神宮徴古館写真一覧

 をクリックすると、拡大してご覧頂けます。

神宮徴古館 正面
神宮徴古館の正面です。
神宮徴古館 外観
当時の宮廷建築の第一人者「片山東熊」が…
神宮徴古館 外観
神宮徴古館の外観です。
神宮徴古館
神宮のお祭りに関する資料や御装束神宝が…
神宮徴古館 中央広場
神宮徴古館前には西洋庭園が広がっていま…
神宮徴古館 外観
神宮徴古館は倭姫文化の森の敷地内にあり…
神宮徴古館 看板
神宮徴古館の看板です。
神宮徴古館 案内図
神宮徴古館周辺の案内図です。
神宮徴古館の正面です。
当時の宮廷建築の第一人者「片山東熊」が設…
神宮徴古館の外観です。
神宮のお祭りに関する資料や御装束神宝が展…
神宮徴古館前には西洋庭園が広がっています…
神宮徴古館は倭姫文化の森の敷地内にありま…
神宮徴古館の看板です。
神宮徴古館周辺の案内図です。
もっと見る
閉じる

神宮徴古館の紹介動画

神宮徴古館

神宮徴古館の
主な収蔵作品

神宮徴古館の収蔵作品をご紹介します。
※展示内容は時期によって異なります。

毛抜形太刀

※この写真は神宮徴古館様からご提供頂いております。

神宮徴古館の施設情報

神宮徴古館の施設情報です。「この施設の詳細を見る」ボタンからより詳しい投稿情報をご確認頂けます。

所在地 〒516-0016
三重県伊勢市神田久志本町1754-1
電話番号 0596-22-1700
交通アクセス 「五十鈴川駅」下車 徒歩約15分

交通アクセス情報を見る

営業時間 9~16時(観覧は16時30分まで)
休館日 毎週木曜日(祝日の場合はその翌平日)
毎年12月29~31日
駐車場 有り
入場料 【徴古館・農業館】
大人 500円(300円)
小・中学生 100円(無料)
※()内は20名以上の団体料金です。
公式サイト http://museum.isejingu.or.jp/museum/index.html

神宮徴古館のアクセス

神宮徴古館
神宮徴古館
神宮徴古館
「神宮徴古館」への交通アクセス

全国各地から当施設への交通アクセス情報をご覧頂けます。
「経路検索」では、当施設への経路・当施設からの経路を検索することが可能です。

交通アクセス情報を見る 交通アクセス情報を見る

「神宮徴古館」近くの生活施設を探す

「神宮徴古館」周辺(半径1km以内)の生活施設を一覧でご覧頂けます。

施設周辺の生活施設を見る 施設周辺の生活施設を見る

「神宮徴古館」近くの施設情報

「神宮徴古館」近くの観光名所

「神宮徴古館」近くの飲食店

「神宮徴古館」近くのショッピング施設

「神宮徴古館」近くの宿泊施設

「神宮徴古館」
施設情報サイトのご紹介

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチの旅探「博物館/美術館」では、神宮徴古館の詳細情報とユーザーからの口コミ、施設写真、施設動画の投稿情報をご覧頂けます。

※ご投稿頂くには、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチへのユーザー登録が必要です。

三重県の刀剣施設情報

三重県にある刀剣施設情報をご紹介します。

  • 津市
  • 四日市市
  • 伊勢市
  • 松阪市
  • 桑名市
  • 鈴鹿市
  • 名張市
  • 尾鷲市
  • 亀山市
  • 鳥羽市
  • 熊野市
  • いなべ市
  • 志摩市
  • 伊賀市
  • 桑名郡木曽岬町
  • 員弁郡東員町
  • 三重郡菰野町
  • 三重郡朝日町
  • 三重郡川越町
  • 多気郡多気町
  • 多気郡明和町
  • 多気郡大台町
  • 度会郡玉城町
  • 度会郡度会町
  • 度会郡大紀町
  • 度会郡南伊勢町
  • 北牟婁郡紀北町
  • 南牟婁郡御浜町
  • 南牟婁郡紀宝町
すべてを見る

刀剣に秘められた幾多の魅力を皆様にお届けするサイト、刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」。刀剣ワールドでは、全国にある主な刀剣博物館を一覧でご紹介しています。
こちらのページでは、三重県伊勢市にある「神宮徴古館」についてご紹介。
神宮徴古館の所在地や営業時間などの基本情報はもちろん、歴史や写真、動画など、神宮徴古館の見どころについて詳しくご覧頂くことが可能です。
写真や動画で観る日本刀も素敵ですが、実際に観る日本刀の美しさや魅力は、写真や動画の物とは格段に違うことでしょう。ぜひ実際に足を運んで実物をご覧になってみて下さいね。
また、「刀剣ワールド」では、他にも様々な日本刀に関するコンテンツをご用意しておりますので、「刀剣ワールド」をご覧になって、日本刀の魅力を新発見・再発見して下さい!

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード