現代刀の名工・名匠人間国宝

高橋貞次 愛媛県出身

人間国宝に認定された刀工「高橋貞次」の生い立ちや功績、作刀した刀剣についてご紹介します。
形はないけれども重要な文化財である「重要無形文化財」に指定されている芸能・工芸技術などの分野において、卓越した技能を有している人物である人間国宝(重要無形文化財保持者)は、主にその芸能や工芸技術の維持・継承を目的としています。

高橋貞次 (本名:高橋金市)

「高橋金市」(たかはしきんいち)は、1902年(明治35年)に伊予(現在の愛媛県)で誕生しました。兄の影響で刀匠の道を志した金市は、1917年(大正6年)15歳で初代「月山貞一」(がっさんさだかず)、「月山貞勝」(がっさんさだかつ)親子に入門。作刀や刀身彫刻の技術を学びました。金市は1936年(昭和11年)に鍛錬場を開設し「貞次」(さだつぐ)を名乗り始めます。

その後、第1回新刀展示会で総理大臣賞を受賞、1944年(昭和19年)熱田神宮大鍛刀場の主任刀匠に任命されるなど、刀匠として全盛期を迎えます。しかし、1945年(昭和20年)に第二次世界大戦が終わると、鍛刀禁止令が施行。多くの刀匠が包丁鍛冶などに転向する中、貞次は戦火を免れた鍛冶場に住み、家財道具を売って生活難をしのぎました。

それでも生活が苦しかったため、心中も考えましたが、自分が死んでしまうと日本刀の伝統技術が廃れてしまうと思いとどまり、一層日本刀の研究に邁進しました。やがて作刀が許可制になり、1951年(昭和26年)の伊勢神宮ご遷宮の際には宝刀を鍛刀。1952年(昭和27年)に無形文化財となり、貞次は再び刀匠界で注目されるようになります。

貞次の作風は、備前伝の「丁子刃文」(ちょうじはもん:日本刀[刀剣]の刃の部分の模様が丁子の実を連ねた形に見える)を得意としていた作刀です。また、刀身彫刻においても非凡な才能を誇り、これらを駆使して多くの名刀を残しました。そして1955年(昭和30年)、それまでの功績が認められ刀匠としては初の重要無形文化財(人間国宝)に認定されています。

高橋貞次が作刀した刀剣

刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押) 昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄
刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押) 昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄
龍泉貞次謹鍛之
(花押)
昭和三十五年
五月吉日
皇孫殿下御守刀以余鉄
鑑定区分
未鑑定
刃長
69.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 精鍛龍王子源貞次作之 大東亜戦下末広利雄所持 昭和十九年八月吉日
刀 銘 精鍛龍王子源貞次作之 大東亜戦下末広利雄所持 昭和十九年八月吉日
精鍛龍王子
源貞次作之
大東亜戦下
末広利雄所持
昭和十九年
八月吉日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
62.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)
脇差 銘 龍泉入道貞次(花押)
彫同作
龍泉入道貞次
(花押)水口義誉還暦之秋
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
40.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀 銘 日本重要無形文化財龍泉貞次彫同作(花押)
短刀 銘 日本重要無形文化財龍泉貞次彫同作(花押)
日本重要
無形文化財
龍泉貞次彫同作
(花押)
斯道三十有八年
漸悟相伝之奥技
不関毀誉耐苦難
遺精魂於後世矣
鑑定区分
保存刀剣
刃長
23.3
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

高橋貞次

高橋貞次(本名:高橋金市)/出身:愛媛県をSNSでシェアする

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
人間国宝は、文部科学大臣が指定した重要無形文化財保持者として認定された人物のこと。重要無形文化財には芸能と工芸技術があり、さらに工芸技術は刀剣や金工、人形、和紙などに細かく分類されるのです。こちらでは人間国宝に認定されている刀工「高橋貞次」についてご紹介します。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード