現代刀の名工・名匠人間国宝

宮入昭平(行平) 長野県出身

人間国宝に認定された刀工「宮入昭平(行平)」の生い立ちや功績、作刀した刀剣についてご紹介します。
形はないけれども重要な文化財である「重要無形文化財」に指定されている芸能・工芸技術などの分野において、卓越した技能を有している人物である人間国宝(重要無形文化財保持者)は、主にその芸能や工芸技術の維持・継承を目的としています。

宮入昭平(行平) (本名:宮入堅一)

「宮入堅一」(みやいりけんいち)は、1913年(大正2年)に鍛冶屋の子として長野県に誕生しました。幼いころから農具などの鍛冶をしていましたが、刀匠への憧れを抱き、1937年(昭和12年)に上京します。上京後、刀匠である「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)の「日本刀鍛錬伝習所」に入所して作刀を開始。1940年(昭和15年)には、新作日本刀展に「昭平」(あきひら)とを切った日本刀を出品し総裁賞を獲得、「宮入昭平」を名乗り始めました。

戦時中は「陸軍造兵廠」(りくぐんぞうへいしょう:日本帝国陸軍の兵器制作所)の指定工(軍から指定された刀匠)として多くの日本刀を作刀しました。しかし、1945年(昭和20年)日本が第二次世界大戦に敗戦すると、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の命令により日本刀の製造が禁止となり、昭平は刀匠として不遇の時代を過ごします。

1950年(昭和25年)に日本刀美術刀剣保存協会からの依頼を受け、第59回伊勢神宮御遷宮において奉納刀を作り、そこから本格的に作刀を再開しました。その後は、1955年(昭和30年)日本美術刀剣保存協会主催の第1回美術審査会で、のちの人間国宝「高橋貞次」(たかはしさだつぐ)と共に特賞を受賞するなど刀匠としての地位を確立していきます。

さらに、真清田神社愛知県一宮市)、靖国神社東京都千代田区)、東郷神社(東京都渋谷区)に刀を奉納、第60回、61回の伊勢神宮御遷宮の宝刀を続けて鍛刀するなど精力的に活動。昭平は相州伝を得意とし、志津三郎兼氏や源清麿などの名工の技を研究しました。1963年(昭和38年)にはその優れた技術が認められ、重要無形文化財(人間国宝)認定を受けています。

宮入昭平(行平)が作刀した刀剣

大刀 銘 宮入昭平
大刀 銘 宮入昭平
宮入昭平
伊勢神宮御神宝控打之
鑑定区分
保存刀剣
刃長
78.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作
刀 銘 葛尾山麓住人宮入昭平作
葛尾山麓住人
宮入昭平作
昭和十九年
七月日
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
66.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

宮入昭平(行平)

宮入昭平(行平)(本名:宮入堅一)/出身:長野県をSNSでシェアする

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
人間国宝は、文部科学大臣が指定した重要無形文化財保持者として認定された人物のこと。重要無形文化財には芸能と工芸技術があり、さらに工芸技術は刀剣や金工、人形、和紙などに細かく分類されるのです。こちらでは人間国宝に認定されている刀工「宮入昭平(行平)」についてご紹介します。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード