月山貞一(二代) (本名:月山昇)

「二代・月山貞一」(がっさんさだかず 本名:月山昇)は1907年(明治40年)に刀匠「月山貞勝」(がっさんさだかつ)の子として大阪で誕生。1918年(大正7年)から、父である貞勝より作刀を学び、16歳の頃「月山貞光」(がっさんさだみつ)を名乗り、大阪美術協会展にて初入選、刀匠界で広く知られる存在となります。

貞一は戦時中の日本において重要な作刀を任される機会が多く、1929年(昭和4年)には、昭和天皇に贈呈される「大元帥刀」(だいげんすいとう)を父・貞勝とともに作刀しました。

同年には父の死去に伴い、日本帝国陸軍の兵器製作所の大阪工場である「大阪陸軍造兵廠」(おおさかりくぐんぞうへいしょう)の軍刀鍛錬所責任者に就任。名実ともに戦時中における西日本の刀匠の最高峰となりました。

1945年(昭和20年)、日本が第二次世界大戦に敗戦すると、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)により日本刀の製造が禁止され、日本刀は伝統技術衰退の危機を迎えます。その後、1954年(昭和29年)の「武器製造法令」により文化財保護委員会から作刀許可を受けるまで、刀匠として不遇の時代を過ごしました。

作刀許可を受けたのちは、精力的に作品を制作し、1966年(昭和41年)刀匠として著名な祖父「月山貞一」の名を受け継ぎ、二代「月山貞一」を襲名。刀匠として天賦の才を持った貞一は、月山家伝統の綾杉(あやすぎ)鍛えを継承するだけでなく、五箇伝の技法すべてを習得しました。

1971年(昭和46年)には、その抜群の作刀技術が認められ、人間国宝(重要無形文化財保持者)の認定を受けています。

月山貞一(二代)が制作した刀剣

短刀 銘 太阿月山源貞一作(花押)昭和五十一年十二月日
短刀 銘 太阿月山源貞一作(花押)昭和五十一年十二月日
太阿月山源
貞一作(花押)
昭和五十一年
十二月日(棟に)
畑喜与一所持
鑑定区分
保存刀剣
刃長
28.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

隅谷正峯 (本名:隅谷興一郎)

隅谷正峯(すみたにまさみね 本名:興一郎)は、1921年(大正10年)、醸造業を営む隅谷家の長男として石川県に誕生しました。中学生になった興一郎は、刀剣に興味を持ち、1939年(昭和14年)立命館大学理工学部機械工学科に入学。同校の「立命館日本刀鍛刀所」に入所し、講師の桜井正幸(さくらいまさゆき)に師事して作刀技術を学びました。

1945年(昭和20年)日本が第二次世界大戦に敗戦すると、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)により日本刀の製造が禁止になり、1953年(昭和28年)に許可制となるまで刀匠として不遇の時代を過ごします。

その後、作刀許可を得た正峯は、1955年(昭和30年)第1回作刀技術発表会にて初入選。刀匠としての評価を高めると、全10回行なわれた同展に毎回出品し、優秀賞を4回、特賞を4回受賞し、その地位を不動のものにしていきます。

1967年(昭和42年)にはこれまでの功績が認められ、刀匠としては人間国宝に次ぐ名誉である「無鑑査」(むかんさ)に認定。1981年(昭和56年)には、人間国宝(国指定重要無形文化財保持者)に認定されました。

正峯は華やかな備前伝(びぜんでん)を得意とし、鎌倉時代に流行した、やわらかな「丁子刃文」(ちょうじはもん:丁子の実が連なった状態に見える刃文)が特徴的な「隅谷丁子」(すみたにちょうじ)と呼ばれる刃文を開発しました。

さらに、1984年(昭和59年)には全日本刀匠会理事長に就任。1998年(平成10年)に亡くなるまで、刀剣文化の保護発展に尽力しました。

隅谷正峯が制作した刀剣

刀 銘 傘笠正峯作之
刀 銘 傘笠正峯作之
傘笠正峯作之
乙丑年八月日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
74.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
脇差 銘 加賀国住両山子正峯彫同作
脇差 銘 加賀国住両山子正峯彫同作
加賀国住両山子
正峯彫同作
鑑定区分
未鑑定
刃長
37.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

天田昭次 (本名:天田誠一)

刀匠・天田昭次(あまたあきつぐ 本名:誠一)は、1927年(昭和2年)、刀匠・天田貞吉(あまたていきち)の長男として新潟県で生まれました。

誠一が10歳の時、父・貞吉が亡くなります。貞吉の墓参のために東京から訪れた、刀匠であり日本刀復興運動の提唱者であった栗原彦三郎が、自身の下で作刀を学ぶよう誠一を誘います。誠一は、1940年(昭和15年)小学校卒業と同時に上京。栗原が設立した日本刀鍛冶伝習所に入門し、鍛錬を積みながら、軍刀の鍛刀にも従事します。

東京で終戦を迎えた誠一は郷里・新潟に戻り、1954年(昭和29年)に文化財保護委員会より作刀の認可を得ると、昭次と名乗り本格的な作刀を始めます。そして同年、昭次は財団法人日本美術刀剣保存協会が主催した作刀技術発表会に出品し、優秀賞を受賞しました。

その後、昭次は鎌倉・室町時代に作刀された数々の名刀に迫る優れた日本刀を作るべく、自家製鉄の研究に取り組むとともに、同時期の相州伝をはじめとする様々な流派の技術を学び研鑽を重ねます。

以降も意欲的に作刀を続けた昭次は、その生涯で3度の正宗賞に輝き、1973年(昭和48年)から3度に亘って「伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀」を鍛刀。1997年(平成9年)には人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定され、2013年(平成25年)、惜しまれつつこの世を去りました。

天田昭次が制作した刀剣

刀 銘 天田昭次作
刀 銘 天田昭次作
天田昭次作
昭和五十六年
初冬日
鑑定区分
未鑑定
刃長
75.5
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

大隅俊平 (本名:大隅貞夫)

刀匠「大隅俊平」(おおすみとしひら 本名:貞夫)は、1932年(昭和7年)に群馬県で生まれました。

貞夫は20歳で刀匠を志し、のちに人間国宝に認定される長野県の刀匠「宮入行平」(みやいりゆきひら)に入門。刀匠としての修行を重ね、1957年(昭和32年)に文化庁より「刀剣類作刀承認」を与えられ、刀匠・大隅俊平として独立しました。

翌年の1958年(昭和33年)、俊平は財団法人日本美術保存協会が主催する新作名刀展に太刀を出品し、努力賞を受賞します。以降も俊平は様々な作品展に出品し、特賞や文化庁長官賞など、多くの賞を受賞。1972年(昭和47年)には無鑑査に認定されます。さらに、1974年(昭和49年)には現代の日本刀において最も栄誉ある賞である正宗賞を受賞し、日本を代表する刀匠の地位を確立します。

俊平の作品は、師匠である宮入より学んだ梨子地肌と呼ばれる美しい地鉄と優雅な反りを特徴とする山城伝や、鎌倉時代に活躍した来国俊などの刀匠の技法を研究して生み出された物です。また、俊平は備中青江伝の直刃(すぐは)と呼ばれる刃文の研究を重ね、直刃の日本刀を多く制作しました。

2009年(平成21年)にこの世を去るまで太刀、短刀の他、3尺(90cm)を超える大太刀など多彩な作品を生み出しました。

大隅俊平が制作した刀剣

短刀 銘 大隅俊平謹作
短刀 銘 大隅俊平謹作
大隅俊平謹作
平成十三年八月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
25.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
注目ワード
注目ワード