松葉國正 (本名:松葉一路)

松葉國正(まつばくにまさ 本名:一路)は、1959年(昭和34年)に宮崎県で生まれました。1970年(昭和45年)、11歳の頃から剣道の稽古に励むようになり、以後居合いや空手など、様々な武道を学びます。

自身が居合いの修業に使用する日本刀(刀剣)の作刀を刀匠「小林康宏」(こばやしやすひろ)に依頼したことがきっかけで刀匠を志し、1983年(昭和58年)に、小林康宏に入門して作刀の修業を開始しました。その後、兄弟子「安藤広清」(あんどうひろきよ)のもとでさらに作刀技術を深く学び、1989年(平成元年)に文化庁より作刀承認を得ます。

そして、故郷に戻り宮崎県日向市の自宅に鍛刀場を構えて独立。1990年(平成2年)の新作刀展覧会にて出品した作品が初入選を果たすと、以後毎年出品し、日本美術刀剣保存協会会長賞、薫山賞、寒山賞の他、特賞第一席を4年連続で獲得するなど、刀匠としての実力を存分に発揮していきます。

備前伝の技法を得意としていた松葉國正は、刀匠「備前長船長義」(びぜんおさふねちょうぎ/ながよし)の日本刀(刀剣)の再現に多く取り組み、2014年(平成26年)にはそれまでの実績が評価され、無鑑査に認定されました。

また、松葉國正はヨーロッパの男性から作刀の依頼を受けたことをきっかけに、日本刀(刀剣)の魅力を日本国内だけでなく海外にも広めようと、国際的な販売ルートの開拓に尽力します。松葉國正の作品は諸外国でも高い評価を受けており、現在ではドイツをはじめとするヨーロッパ各国から多数の注文を受けています。

さらに、松葉國正は剣道・合気道・空手などを習得した武道家としても著名です。作刀技術と武道経験を活かして国内外で剣術演舞の披露、日本刀(刀剣)についてのセミナー講師を務めるなど、精力的に活動を続けています。

松葉國正が制作した刀剣

脇指 銘 日向国住國正 平成二十二年春吉日
脇指 銘 日向国住國正 平成二十二年春吉日
日向國住國正作
平成二十二年
春吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
32.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

久保善博 (本名:久保善博)

1965年(昭和40年)、久保善博(くぼよしひろ)は鹿児島県の離島・奄美大島で生まれました。

久保善博は千葉大学園芸学部を卒業後、同大学院にてバイオ研究で素晴らしい成果を収め、周囲からは大学教授や研究員になると期待されていましたが、久保善博は偶然観たテレビ番組で、「鎌倉時代の名刀は現在の技術では絶対に作れない」と語る刀匠の言葉に、「700年前にできたことがなぜできないのか?」と疑問を抱きます。そして鎌倉時代の日本刀(刀剣)を自らの手で再現したいと考え、刀匠の道を志しました。

大学院修了と同時に、東京で鍛刀場を営む刀匠「吉原義人」(よしわらよしんど)に入門。1994年(平成6年)に文化庁より作刀許可を得た久保善博は島根県に移住し、(株)ワイエスエス鳥上木炭銑工場の専属刀匠として作刀を開始します。

同年に新作名刀展に初出品。優秀賞及び新人賞を受賞します。その後も出品した作品が14年連続で入賞を果たし、久保善博は刀匠としての評価を高めていき、2001年(平成13年)には、島根県から広島県に拠点を移して「善博鍛錬場」を開設し独立したのです。

久保善博が目標とする鎌倉時代の備前刀に多く見られる模様「映り」は、現代の技術では再現不可能と言われてきました。しかし久保善博は、焼き入れによって現れる模様のデータを採取するなど科学的な実験を重ね、当時の技術の再現に取り組みました。

2005年(平成17年)には日本鉄鋼協会誌「鉄と鋼」にて、たたら製鉄(日本に古くから伝わる製鉄法)についての論文を発表。2007年(平成19年)には念願の映りの再現に初成功し、その日本刀(刀剣)が新作名刀展の最高賞である会長賞を受賞したのです。そして2017年(平成29年)、これまでの功績が評価され、無鑑査に認定されました。

その他、東京工業大学にて日本刀(刀剣)や製鉄についての研究発表を行なうなど、研究活動にも力を入れています。

久保善博はあるインタビューで、「このまま研究活動を続けていけば、60歳までには鎌倉時代の古刀と見間違うほどの日本刀(刀剣)を作刀できると思います」と語り、自身が刀匠へと踏み出すきっかけとなった目標に向かい、現在も歩み続けています。

高見國一 (本名:高見一良)

2019年(令和元年)に無鑑査認定を受けた高見國一(たかみくにいち)は、これからの日本刀(刀剣)の世界を担う刀匠のひとりです。

1973年(昭和48年)生まれの高見國一は、日本刀(刀剣)好きだった父の所有する日本刀(刀剣)を幼い頃から観て育ちますが、当時は異様な凄みを持つその美しさに「超人達のみが成し得る遠い存在」だと感じていました。

しかしある日、父が所有していた現代の刀匠とその作品を紹介する図録を見て、日本刀(刀剣)を身近に感じ、「人間が作り出す物なら、自分にもできないはずがない」と思うようになります。そして、高校卒業後の1992年(平成4年)、刀匠・河内國平(かわちくにひら)に入門しました。河内國平は、相州伝宮入行平(みやいりゆきひら)と、備前伝隅谷正峯(すみたにまさみね)という2人の刀匠の下で修行を積んだ異色の経歴を持ちます。

高見國一は、河内國平の下で8年間の厳しい修行をしたのち、文化庁より作刀承認を受け、1999年(平成11年)に、高見國一鍛刀場を設立。以降、客観的に自分の作品を評価してもらうことに重きを置き、「新作名刀展」、「お守り刀展覧会」、「新作日本刀・刀職技術展覧会」などに出品し続け、新作名刀展では最高賞や優秀賞、特賞を何度も受賞しています。

高見國一は備前伝の作刀を得意とし、なかでも豪壮な姿で重花丁子(じゅうかちょうじ:焼刃の頭が複雑に乱れる華やかな刃文)・蛙子丁子(かわずこちょうじ:丁子の頭が張り、腰部がくびれた様がおたまじゃくしのように見える刃文)といった、刃文が入り乱れる豪華絢爛な「一文字派」と呼ばれる流派の作品作りを目指し、研鑽を続けています。

高見國一は、備前伝を選んだ理由について「生まれ育った播磨の地で発展してきた備前伝を追求し、美しい刀を後世に残すことを使命と考えたから」と語っています。

2016年(平成28年)に大阪芸術大学通信教育学部工芸学科を卒業。国内外での講演や実演活動を精力的に行なう他、ゴルフクラブメーカーの三浦技研とコラボレーションしてアイアンヘッドを制作するなど、幅広い活動で日本刀(刀剣)文化の発展に尽力しています。

高橋貞次 (本名:高橋金市)

「高橋金市」(たかはしきんいち)は、1902年(明治35年)に伊予(現在の愛媛県)で誕生しました。兄の影響で刀匠の道を志した金市は、1917年(大正6年)15歳で初代「月山貞一」(がっさんさだかず)、「月山貞勝」(がっさんさだかつ)親子に入門。作刀や刀身彫刻の技術を学びました。金市は1936年(昭和11年)に鍛錬場を開設し「貞次」(さだつぐ)を名乗り始めます。

その後、第1回新刀展示会で総理大臣賞を受賞、1944年(昭和19年)熱田神宮大鍛刀場の主任刀匠に任命されるなど、刀匠として全盛期を迎えます。しかし、1945年(昭和20年)に第二次世界大戦が終わると、鍛刀禁止令が施行。多くの刀匠が包丁鍛冶などに転向する中、貞次は戦火を免れた鍛冶場に住み、家財道具を売って生活難をしのぎました。

それでも生活が苦しかったため、心中も考えましたが、自分が死んでしまうと日本刀(刀剣)の伝統技術が廃れてしまうと思いとどまり、一層日本刀(刀剣)の研究に邁進しました。やがて作刀が許可制になり、1951年(昭和26年)の伊勢神宮ご遷宮の際には宝刀を鍛刀。1952年(昭和27年)に無形文化財となり、貞次は再び刀匠界で注目されるようになります。

貞次の作風は、備前伝の「丁子刃文」(ちょうじはもん:日本刀[刀剣]の刃の部分の模様が丁子の実を連ねた形に見える)を得意としていた作刀です。また、刀身彫刻においても非凡な才能を誇り、これらを駆使して多くの名刀を残しました。そして1955年(昭和30年)、それまでの功績が認められ刀匠としては初の重要無形文化財(人間国宝)に認定されています。

高橋貞次が制作した刀剣

脇指 銘 龍泉入道貞次(花押)
脇指 銘 龍泉入道貞次(花押)
彫同作
龍泉入道貞次
(花押)水口義誉還暦之秋
鑑定区分
特別保存刀剣
刃長
40.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押) 昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄
刀 銘 龍泉貞次謹鍛之(花押) 昭和三十五年五月吉日 皇孫殿下御守刀以余鉄
龍泉貞次謹鍛之
(花押)
昭和三十五年
五月吉日
皇孫殿下御守刀以余鉄
鑑定区分
未鑑定
刃長
69.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 精鍛龍王子源貞次作之 大東亜戦下末広利雄所持 昭和十九年八月吉日
刀 銘 精鍛龍王子源貞次作之 大東亜戦下末広利雄所持 昭和十九年八月吉日
精鍛龍王子
源貞次作之
大東亜戦下
末広利雄所持
昭和十九年
八月吉日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
62.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

宮入昭平(行平) (本名:宮入堅一)

「宮入堅一」(みやいりけんいち)は、1913年(大正2年)に鍛冶屋の子として長野県に誕生しました。幼いころから農具などの鍛冶をしていましたが、刀匠への憧れを抱き、1937年(昭和12年)に上京します。上京後、刀匠である「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)の「日本刀鍛錬伝習所」に入所して作刀を開始。1940年(昭和15年)には、新作日本刀展に「昭平」(あきひら)とを切った日本刀(刀剣)を出品し総裁賞を受賞、「宮入昭平」を名乗り始めました。

戦時中は「陸軍造兵廠」(りくぐんぞうへいしょう:日本帝国陸軍の兵器制作所)の指定工(軍から指定された刀匠)として多くの日本刀(刀剣)を作刀しました。しかし、1945年(昭和20年)日本が第二次世界大戦に敗戦すると、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の命令により日本刀(刀剣)の製造が禁止となり、昭平は刀匠として不遇の時代を過ごします。

1950年(昭和25年)に日本刀美術刀剣保存協会からの依頼を受け、第59回伊勢神宮御遷宮において奉納刀を制作、そこから本格的に作刀を再開しました。その後は、1955年(昭和30年)日本美術刀剣保存協会主催の第1回美術審査会で、のちの人間国宝「高橋貞次」(たかはしさだつぐ)と共に特賞を受賞するなど刀匠としての地位を確立していきます。

さらに、真清田神社愛知県一宮市)、靖国神社東京都千代田区)、東郷神社(東京都渋谷区)に日本刀(刀剣)を奉納、第60回、61回の伊勢神宮御遷宮の宝刀を続けて鍛刀するなど精力的に活動。昭平は相州伝を得意とし、志津三郎兼氏や源清麿などの名工の技を研究しました。1963年(昭和38年)にはその優れた技術が認められ、重要無形文化財(人間国宝)認定を受けています。

宮入昭平(行平)が制作した刀剣

大刀 銘 宮入昭平
大刀 銘 宮入昭平
宮入昭平
伊勢神宮御神宝控打之
鑑定区分
保存刀剣
刃長
78.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

注目ワード

ページトップへ戻る