宗昌親 (本名:宗正敏)

1958年(昭和33年)に福岡県で生まれた「宗昌親」(そうまさちか 本名:正敏)。宗昌親の実父は、刀匠界で人間国宝に次ぐ名誉とされる無鑑査の認定を受けた刀匠「宗勉」(そうつとむ)です。

宗昌親は、九州大学工学部冶金学科で古刀の制作理論を学び、卒業後は日立金属に入社して「冶金」(やきん:金属を加工して用途に応じた金属材料を製造すること)の研究に従事します。その後退職し、1983年(昭和58年)、25歳のときに父である宗勉に入門して本格的に作刀を学び始めます。

父であり、師匠である宗勉の「刀は地鉄で決まる」という言葉を胸に、刀工として地鉄の探求に励みます。冶金を科学的に研究してきた宗昌親は、豊富な知識を実地で活かせる刀匠として実力を身に付け、1990年(平成2年)に新作刀展覧会に初出品し、その年の新人賞と優秀賞を受賞。刀匠として華々しいデビューを飾りました。

その後、1997年(平成9年)に全日本刀匠会理事長賞の特賞を受賞すると、翌年以降連続して日本美術刀剣保存協会名誉会長賞、同会長賞、文化庁長官賞、高松宮賞などを次々と受賞し、刀匠としての本領を発揮していきます。

そんな優れた作品を生み出し続ける宗昌親の作品の中でも、特に2005年(平成17年)に高松宮賞を受賞した津田越前守助廣(つだえちぜんのかみすけひろ:江戸時代の摂津国の刀匠)の日本刀(刀剣)を写した1振は、最高傑作と評されました。

打ち寄せる大きな波を思わせる刃文が特徴的な「濤乱刃」(とうらんば)の日本刀(刀剣)は、出展作品の中でも群を抜いており、翌年の日本美術刀剣保存協会新作刀展覧会ポスターのメインビジュアルに使用され、近代日本において名実ともに最高峰の刀匠となったのです。

そして、2006年(平成18年)、宗昌親は無鑑査に認定され、父である宗勉と並び2代に亘って、刀匠界に宗の名を刻みました。

古川清行 (本名:古川信夫)

「古川清行」(ふるかわきよゆき 本名:信夫)は、1948年(昭和23年)長野県生まれ。東京理科大学で応用物理学を専攻していましたが、在学中に訪れた信濃美術館の名刀展にて、日本刀(刀剣)に魅せられ刀匠を志します。

1972年(昭和47年)に大学を卒業し、人間国宝である刀匠「宮入昭平」(みやいりあきひら)の弟「宮入清平」(みやいりきよひら)に弟子入り。そして、中世由来の古刀作刀技術を学びます。1978年(昭和53年)に文化庁から作刀承認を受け、1981年(昭和56年)長野県須坂市下八町に鍛刀場を開き独立しました。

古川清行は、鎌倉時代の古刀の再現を目標に作刀に励みます。鎌倉時代には、優れた日本刀(刀剣)が多く残されていますが、製法について記された文献がほとんど残っておらず、現存する古刀から製法や材料を推測する必要がありました。そのため、再現には日本刀(刀剣)に関する幅広い知識と洞察力が求められたのです。

古川清行は理想の1振を求めて作刀研究を重ね、自身が目指す鎌倉時代に作られた名刀の再現に邁進します。研究と鍛錬を重ねた結果、古川清行は刀匠としての高い技術を身に付けていきました。

そして、1987年(昭和62年)の新作名刀展にて寒山賞を受賞すると、以降特賞・優秀賞等を多数受賞し、刀匠としての地位を確固たるものに。古川清行は、「湾れ刃」(のたれば)と言われる波が寄せるような美しい刃文が際立つ相州伝の日本刀(刀剣)を得意としています。

2007年(平成19年)には、刀匠としての功績が認められ、長野県須坂市無形文化財に指定されます。2009年(平成21年)の新作名刀展にて日本美術刀剣保存協会名誉会長賞を受賞すると、刀匠界で人間国宝に次ぐ名誉とされる無鑑査に認定されました。

翌年、無鑑査として初出品した作品が金賞を受賞。この日本刀(刀剣)について古川清行は、「会場で日本刀(刀剣)としての歩みを始めた我が子の晴れ姿を観て、あらためて手が離れたことを感慨深く思った」と振り返り、日本刀(刀剣)を我が子の成長に例え、その愛情を表現します。

その後も作刀活動に邁進した古川清行ですが、2015年(平成27年)に67歳で惜しまれつつも逝去しました。

尾川兼國 (本名:尾川光敏)

「尾川兼國」(おがわかねくに)は初代「尾川兼圀」(おがわかねくに)の次男として1953年(昭和28年)に生まれました。父である尾川兼圀は岐阜県重要無形文化財保持者で、刀匠界では人間国宝に次ぐ名誉である無鑑査に認定された刀匠です。

尾川兼國は、父の仕事を継ぎたいという想いから、1986年(昭和61年)33歳のときに父に弟子入りします。二代目を継承したのちは「兼國」を名乗りました。初代・二代目ともに「かねくに」と読みますが、初代兼圀とは違い、二代目は「國」という漢字を用いています。

尾川親子は、1997年(平成9年)新作刀展にて、ともに特賞を受賞。2009年(平成21年)には尾川兼國も無鑑査認定を受け、現代の刀匠界を語るのに欠かせない親子となりました。

尾川兼國の作品の特徴は、打ち寄せる大きな波を思わせる相州伝の濤乱刃(とうらんば)と呼ばれる刃文。先代も得意とした濤乱刃の技法を受け継ぎ、数々の刀剣を制作しています。2019年(平成31年)には、平成の30年間に優れた作品を作り上げ、刀匠界に大きく貢献した刀匠を表彰する「平成の名刀・名工展」において名工選を受賞。

作刀活動以外にも、2011年(平成23年)には全日本刀匠会理事兼東海地方支部の支部長を務め、日本刀(刀剣)の文化保持と今後の発展に尽力しています。

  • 刀剣奉納鍛錬

    折り返し鍛錬・焼き入れ
    折り返し鍛錬・焼き入れ

    無鑑査刀匠・尾川兼國による刀剣奉納鍛錬(折り返し鍛錬・焼き入れ)の様子を動画でご覧頂けます。

  • 刀剣奉納鍛錬

    刀匠魂

    刀匠魂

    無鑑査刀匠・尾川兼國による刀剣奉納鍛錬と多度大社での奉納式の様子を動画でご覧頂けます。

    動画のロングバージョンはこちら

    • 刀匠魂その1

      その1

    • 刀匠魂その2

      その2

    • 刀匠魂その3

      その3

名古屋駅発 5/19(土)~5/20(日)多度大社「刀剣奉納鍛錬」見学の旅 刀剣コレクションルーム×ホテル多度温泉 宿泊バスツアー名古屋駅発 5/19(土)~5/20(日)多度大社「刀剣奉納鍛錬」見学の旅 刀剣コレクションルーム×ホテル多度温泉 宿泊バスツアー
無鑑査刀匠・尾川兼國による刀剣奉納鍛錬の様子がご覧頂ける宿泊バスツアーが開催されました。

松田次泰 (本名:松田周二)

松田次泰(まつだつぐやす 本名:周二)は、1948年(昭和23年)に北海道で生まれました。大学卒業後、刀匠の道に惹かれた松田次泰は、1974年(昭和49年)、長野県の「高橋次平」(たかはしつぐひら)に入門します。師匠の高橋次平は、人間国宝である刀匠「宮入昭平」(みやいりあきひら)の一番弟子。昔気質の大変厳しい人でした。

最初の4年間はひたすら炭切り(焼入れに必要な炭を均等な大きさに切り分ける作業)に励むという忍耐のいる修行を乗り越え、6年目にして初めて日本刀(刀剣)を作らせてもらうことができたのです。その後、文化庁より作刀許可を受け、1981年(昭和56年)に千葉県に鍛刀場を開設し、刀匠として独立します。

刀匠として歩み始めた松田次泰は、その年の新作刀展にて努力賞を受賞。以後優秀賞を5回受賞するなど刀匠としての評価を高めていきます。一貫して「古備前派」(こびぜんは:備前伝の始まりとなった平安時代末期から鎌倉時代初期の刀匠の総称)の古刀の再現を目標としてきた松田次泰は、1996年(平成8年)鎌倉時代の古刀の再現に見事成功。その1振は、「恐らく800年ぶりにできた鎌倉の技術だろう」と鑑定家に言わしめたほどの逸品で、その年の日本美術刀剣保存協会会長賞を受賞しました。

刀匠としての地位を確立した松田次泰は、1999年(平成11年)英国刀剣会に招聘され、ロンドンにて個展を開催するなど、日本だけでなく世界的にその高い技術が認められていったのです。

2006年(平成18年)、高松宮記念賞を受賞し、2009年(平成21年)にはその功績が認められ、人間国宝に次ぐ名誉である無鑑査に認定されます。他にも製鉄のノウハウのある企業「JFEスチール」(旧川崎製鉄)から援助を受けて、緻密なデータ計測や化学的考察も取り入れた作刀技術の研究に真摯に取り組み、常に最新の科学技術を活用して古刀の再現に精力を注いでいるのです。

その後も、大相撲の横綱・白鵬関の土俵入り太刀の作刀を手掛けるなど、多岐にわたる活躍を重ねた松田次泰は、2015年(平成27年)には千葉県の無形文化財保持者に認定されました。

松葉國正 (本名:松葉一路)

松葉國正(まつばくにまさ 本名:一路)は、1959年(昭和34年)に宮崎県で生まれました。1970年(昭和45年)、11歳の頃から剣道の稽古に励むようになり、以後居合いや空手など、様々な武道を学びます。

自身が居合いの修業に使用する日本刀(刀剣)の作刀を刀匠「小林康宏」(こばやしやすひろ)に依頼したことがきっかけで刀匠を志し、1983年(昭和58年)に、小林康宏に入門して作刀の修業を開始しました。その後、兄弟子「安藤広清」(あんどうひろきよ)のもとでさらに作刀技術を深く学び、1989年(平成元年)に文化庁より作刀承認を得ます。

そして、故郷に戻り宮崎県日向市の自宅に鍛刀場を構えて独立。1990年(平成2年)の新作刀展覧会にて出品した作品が初入選を果たすと、以後毎年出品し、日本美術刀剣保存協会会長賞、薫山賞、寒山賞の他、特賞第一席を4年連続で獲得するなど、刀匠としての実力を存分に発揮していきます。

備前伝の技法を得意としていた松葉國正は、刀匠「備前長船長義」(びぜんおさふねちょうぎ/ながよし)の日本刀(刀剣)の再現に多く取り組み、2014年(平成26年)にはそれまでの実績が評価され、無鑑査に認定されました。

また、松葉國正はヨーロッパの男性から作刀の依頼を受けたことをきっかけに、日本刀(刀剣)の魅力を日本国内だけでなく海外にも広めようと、国際的な販売ルートの開拓に尽力します。松葉國正の作品は諸外国でも高い評価を受けており、現在ではドイツをはじめとするヨーロッパ各国から多数の注文を受けています。

さらに、松葉國正は剣道・合気道・空手などを習得した武道家としても著名です。作刀技術と武道経験を活かして国内外で剣術演舞の披露、日本刀(刀剣)についてのセミナー講師を務めるなど、精力的に活動を続けています。

注目ワード

ページトップへ戻る