法華三郎信房(八代) (本名:高橋昇)

「法華三郎信房(八代)」(ほっけさぶろうのぶふさ 本名:高橋昇)は、1909年(明治42年)に北海道室蘭市で生まれました。

昇は、陸奥仙台藩の「初代仙台国包」(しょだいせんだいくにかね)の流れを汲む「半蔵国包(九代)」(はんぞうくにかね)に師事(仙台藩では[くにかん]と呼ぶ)。当初は「法華三郎信房(七代)」の備前伝の作風を受け継ぎ「景房」(かげふさ)を名乗っていましたが、のちに信房に改名し、1964年(昭和39年)の新作美術刀剣展にて入賞以降、様々な賞を毎年続けて受賞しました。

1966年(昭和41年)に宮城県指定重要無形文化財、1981年(昭和56年)に無鑑査刀匠の認定を受けています。もともと法華家における日本刀(刀剣)の製法は、「初代清房」(しょだいきよふさ)の時代には大和伝をもとにしていましたが、紆余曲折を経て五代目の頃に備前伝に転向していました。

しかし、八代目信房が研究を重ねた末、大和伝保昌派(やまとでんほうしょうは)の作風の復元に成功したのを機に、法華家の大和伝が復活することになったのです。

信房は、2000年(平成12年)10月25日に91歳で死去。その作風は、長男の「法華三郎信房(九代)」とその息子の高橋栄喜に受け継がれており、現在2人は大和伝保昌派の鍛法を継承する、限られた刀匠として広く知られています。

法華三郎信房(八代)が制作した刀剣

刀 銘 法華三郎信房
刀 銘 法華三郎信房
法華三郎信房
(花押)
昭和四十八年
八月日
鑑定区分
未鑑定
刃長
70.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

二唐國俊 (本名:二唐廣)

江戸時代初期より、津軽藩の城下町である弘前(現在の青森県弘前市)は刃物の町として栄え、最盛期には100以上の鍛冶屋が軒を連ねていたと言われます。二唐(にがら)家は、津軽藩の御用鍛治を代々務めたこの地の名門であり、「二唐國俊」(にがらくにとし)はその五代目です。

1906年(明治39年)に先代の刀匠「二唐義信」(にがらよしのぶ)の子として生まれ、1921年(大正10年)より家業である鍛治に従事するようになりました。

1931年(昭和6年)に東北大学附属金属材料研究所所長の「本多光太郎」(ほんだこうたろう)理工学博士のもとで長期講習生として学び、1940年(昭和15年)より刀匠「堀井俊秀」(ほりいとしひで)らの内弟子となり、同年の日本刀展覧会にて金賞を受賞しました。

翌1941年(昭和16年)に「栗原彦三郎」(くりはらひこさぶろう)に入門したのを機に「二唐昭弘」(にがらあきひろ)を名乗り、日本刀展覧会で総裁大名誉賞、内閣総理大臣賞、及び特賞を続けて受賞。1943年(昭和18年)に陸軍軍刀展覧会において最高賞である陸軍大臣賞を受賞したのち、昭弘改め「國俊」(くにとし)を名乗るようになりました。

翌年にも同賞を受賞し、1945年(昭和20年)には、当時の陸軍省の命により京都伏見稲荷大社にて2ヵ月間、鍛刀に従事します。同年8月15日の第二次世界大戦終結とともに二唐國俊は鍛刀を一時中止しましたが、1946年(昭和21年)にアメリカ陸軍(第八軍)のミーラ司令官からの辞令で鍛刀を再開。

1949年(昭和24年)に家業を有限会社に組織変更し、「有限会社二唐刃物鍛造所」を設立しました。数多くの賞を受賞し、1963年(昭和38年)に弘前市無形文化財第一号となった二唐國俊は、1981年(昭和56年)に無鑑査認定を受け、1987年(昭和62年)に81歳で永眠するまで作刀文化の普及に努めました。

なお、江戸時代から戦前まで武器としての日本刀(刀剣)を作り続けた二唐家は、時代の移り変わりとともに家庭用・業務用刃物(特に包丁)の制作に力を入れるようになり、1965年(昭和40年)には鍛造所の営業品目から作刀が外されました。

しかし、その技術は二唐刃物鍛造所の刃物作りに脈々と受け継がれており、同鍛造所の製品は現在、青森県伝統工芸品に認定されています。

吉原義人 (本名:吉原義人)

「吉原義人」(よしはらよしんど)は、1943年(昭和18年)東京都生まれ。幼少期より、弟・荘二(しょうじ)とともに祖父の「吉原國家(初代)」(よしはらくにいえ)から作刀の手ほどきを受け、1965年(昭和40年)に文化庁認定刀匠となりました。

20代の頃から天才刀匠と讃えられ、1982年(昭和57年)に39歳で無鑑査刀匠、2004年(平成16年)に東京都指定無形文化財保持者に認定。人気・実力ともに当代を代表する刀匠のひとりです。

作風としては五箇伝のうち備前伝を得意とし、刃文鎬筋(しのぎすじ)の間に備前伝特有の映りを鮮やかに再現する点が、大きな特徴です。メトロポリタン美術館やボストン美術館がその作品を買い求めるなど海外での評価も高く、自身も海外での鍛刀のデモンストレーションを通じて、国際的な日本刀(刀剣)の普及活動を行なっています。

弟の荘二は、祖父の代から続く國家の名を継いで「吉原國家(三代)」に、長男の「吉原義一」(よしはらよしかず)も若手随一の実力を誇る刀匠として活躍しており、いまや吉原家は刀剣界の名門として広く知られる存在です。

また、門下の大野義光(おおのよしみつ)や久保善博(くぼよしひろ)ら優秀な無鑑査刀匠を輩出するなど、後進の育成に熱心なことでも知られています。

吉原義人が制作した刀剣

太刀 銘 武蔵国住吉原義人作(高松宮賞受賞作)
太刀 銘 武蔵国住吉原義人作(高松宮賞受賞作)
武蔵国住
吉原義人作
家運隆昌
為倉持新一君
昭和丙辰歳
正月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
77.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
太刀 銘 義人・兼圀合作
太刀 銘 義人・兼圀合作
小鍛冶義人
彩刃之濃州武芸
八幡住兼圀作
平成二十年
八月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
79
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

吉原國家(三代) (本名:吉原荘二)

「吉原國家(三代)」(よしはらくにいえ)は「吉原國家(二代)」の次男、「吉原義人」(よしはらよしんど)の弟として、1945年(昭和20年)に東京都で生まれました。

祖父である初代國家の仕事を見て育ち、高校卒業後、本格的に作刀の修行を開始。1965年(昭和40年)に兄の義人とともに文化庁認定刀匠となりました。1966年(昭和41年)に新作名刀展での努力賞受賞を皮切りに、同展で努力賞・奨励賞・特賞を続けて受賞し、1982年(昭和57年)に37歳の若さで無鑑査刀匠に認定。三代目國家を襲名しました。

実兄の吉原義人とともに五箇伝のひとつである備前伝を研究する他、江戸時代に活躍した刀匠「源清麿」(みなもときよまろ)をルーツとする清麿一派などにも魅せられて技を磨き、これまでに3度「伊勢神宮式年遷宮御神宝太刀」(いせじんぐうしきねんせんぐうごしんぽうたち)を作刀しています。

1995年(平成7年)に全日本刀匠会常務理事となり、1999年(平成11年)には靖国神社にて鍛刀実演。2002年(平成14年)に全日本刀匠会副会長、2008年(平成20年)に同会長に就任するとともに、東京都指定無形文化財保持者に認定されました。

さらに、2003年(平成15年)には明治維新直後の侍を描いた映画「ラストサムライ」に刀匠役で出演するなど、様々な形で日本刀(刀剣)の普及・発展に貢献しています。

吉原國家(三代)が制作した刀剣

太刀 銘 武蔵住吉原国家
太刀 銘 武蔵住吉原国家
武蔵住吉原国家
鑑定区分
未鑑定
刃長
79
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
太刀 銘 武蔵国住吉原荘二作之 昭和己未歳二月吉日
太刀 銘 武蔵国住吉原荘二作之 昭和己未歳二月吉日
武蔵国住吉原
荘二作之
昭和己未歳
二月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
78.8
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

月山貞利 (本名:月山清)

「月山貞利」(がっさんさだとし)は、人間国宝「月山貞一」(がっさんさだいち)の3男として、1946年(昭和21年)に大阪府で生まれました。

月山は元々、鎌倉時代から室町時代にかけて多くの日本刀(刀剣)を残した流派です。実用性の高さと、杉の木地に似た地肌を持つ綾杉肌(あやすぎはだ)を特徴とする月山伝(がっさんでん)はこの時代に全国に広まり、五箇伝それぞれの技法を用いた月山の名刀が多く残されています。

貞利のルーツは幕末から続く大阪月山派ですが、明治時代の廃刀令や戦後のGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)による武器製造禁止令により、日本刀(刀剣)を作ることができない危機がたびたび訪れ、貞利の2人の兄は刀匠の仕事を諦めざるを得ませんでした。

しかし、貞利が大阪工業大学在学中の1967年(昭和42年)に父の貞一が無鑑査に認定されたことから、「その技術だけでも残したい」と思い立ち、貞利は月山家を継ぐことを決意。大学卒業後の1969年(昭和44年)に月山家の後継になることを決めました。

同年に文化庁の作刀認証を受け、1975年(昭和50年)に新作名刀展で高松宮賞などを受賞。1982年(昭和57年)に36歳で無鑑査刀匠に認定され、ボストン美術館やニューヨークメトロポリタン美術館でも作品が展示されるなど、海外でも広く知られる存在になっています。

月山貞利が制作した刀剣

刀 銘 月山貞利
刀 銘 月山貞利
大和国住
月山貞利彫同作
(花押)
平成十二二壬午年二月吉祥日
鑑定区分
未鑑定
刃長
72.7
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

注目ワード

ページトップへ戻る