現代刀の名工・名匠無鑑査刀匠

松葉國正 宮崎県出身

無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「松葉國正」の生い立ちや、刀剣に関する功績、そして作刀した刀剣などについてご紹介します。
特定の展覧会や団体・個人において、過去の実績をもとに「審査・鑑査」を必要とせずに作品の出品が認められた刀匠である無鑑査刀匠。刀剣における「無鑑査」は「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」が開催するコンクールにおいて複数以上、特賞を受賞することで認定されるため、刀匠としては最高位に位置付けされます。

松葉國正 (本名:松葉一路)

松葉國正(まつばくにまさ 本名:一路)は、1959年(昭和34年)に宮崎県で生まれました。1970年(昭和45年)、11歳の頃から剣道の稽古に励むようになり、以後居合いや空手など、様々な武道を学びます。

自身が居合いの修業に使用する日本刀の作刀を刀匠「小林康宏」(こばやしやすひろ)に依頼したことがきっかけで刀匠を志し、1983年(昭和58年)に、小林康宏に入門して作刀の修業を開始しました。その後、兄弟子「安藤広清」(あんどうひろきよ)のもとでさらに作刀技術を深く学び、1989年(平成元年)に文化庁より作刀承認を得ます。

そして、故郷に戻り宮崎県日向市の自宅に鍛刀場を構えて独立。1990年(平成2年)の新作刀展覧会にて出品した作品が初入選を果たすと、以後毎年出品し、日本美術刀剣保存協会会長賞、薫山賞、寒山賞の他、特賞第一席を4年連続で獲得するなど、刀匠としての実力を存分に発揮していきます。

備前伝の技法を得意としていた松葉國正は、刀匠「備前長船長義」(びぜんおさふねちょうぎ/ながよし)の刀の再現に多く取り組み、2014年(平成26年)にはそれまでの実績が評価され、無鑑査に認定されました。

また、松葉國正はヨーロッパの男性から作刀の依頼を受けたことをきっかけに、日本刀の魅力を日本国内だけでなく海外にも広めようと、国際的な販売ルートの開拓に尽力します。松葉國正の作品は諸外国でも高い評価を受けており、現在ではドイツをはじめとするヨーロッパ各国から多数の注文を受けています。

さらに、松葉國正は剣道・合気道・空手などを習得した武道家としても著名です。作刀技術と武道経験を活かして国内外で剣術演舞の披露、日本刀についてのセミナー講師を務めるなど、精力的に活動を続けています。

松葉國正が作刀した刀剣

脇差 銘 日向国住國正 平成二十二年春吉日
脇差 銘 日向国住國正 平成二十二年春吉日
日向國住國正作
平成二十二年
春吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
32.4
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀 銘 日州住國正作之 平成十八年春
短刀 銘 日州住國正作之 平成十八年春
日州住國正作之
平成十八年春
鑑定区分
未鑑定
刃長
25.6
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

松葉國正

松葉國正(本名:松葉一路)/出身:宮崎県をSNSでシェアする

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
無鑑査刀匠は、作家の過去における実績に基づき、特定の展覧会などで審査・鑑査を行わずに出品が認められた刀匠のことです。公益財団法人日本美術刀剣保存協会が主催する現代刀職展において複数回、特賞を受賞し、なおかつ人格が高潔であり刀匠としての腕前が認められる者にその称号が与えられるのです。こちらではこの無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「松葉國正」についてご紹介します。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード