現代刀の名工・名匠無鑑査刀匠

上林恒平 山形県出身

無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「上林恒平」の生い立ちや、刀剣に関する功績、そして作刀した刀剣などについてご紹介します。
特定の展覧会や団体・個人において、過去の実績をもとに「審査・鑑査」を必要とせずに作品の出品が認められた刀匠である無鑑査刀匠。刀剣における「無鑑査」は「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」が開催するコンクールにおいて複数以上、特賞を受賞することで認定されるため、刀匠としては最高位に位置付けされます。

上林恒平 (本名:上林勇二)

刀匠「上林恒平」(かんばやしつねひら)は、1949年(昭和24年)に山形県東田川郡で生まれました。1967年(昭和42年)に山形県立鶴岡工業高校を卒業したのち、重要無形文化財保持者である宮入行平(みやいりゆきひら)に師事。

1973年(昭和48年)に文化庁の作刀認証を受け、同年の新作名刀展での努力賞をはじめ、奨励賞・文化庁長官賞・高松宮賞・薫山賞など、数多く獲得。そして、1985年(昭和60年)に36歳で無鑑査刀匠に認定されます。

作風としては五箇伝のうち、軽量ながらも強度が高いことで知られる相州伝を得意とし、師匠の行平と同じく重要無形文化財保持者である柳村仙寿(やなぎむらせんじゅ)から学んだ芸術性の高い刀身彫刻を数多く残しています。

1986年(昭和61年)、山形市大字長谷堂に自身の鍛刀場を開設。高橋恒厳(たかはしつねよし)や「加藤慎平」(かとうしんぺい)ら、次世代の優れた刀匠を輩出。

また、自身も2008年(平成20年)に山形県重要無形文化財に指定されており、2018年(平成30年)に行われた「嘉納治五郎(かのうじごろう)師範 没後80年式典・偲ぶ会」では、式典のために特別に作刀した3振に加え、演舞用3振の合計6振の日本刀を奉納しました。

様々な展示会で恒平作の日本刀を目にすることができる他、本人もイベントで鍛錬の実演を積極的に行うなど、日本刀文化の普及活動に取り組んでいます。

嘉納治五郎師範 没後80年式典・偲ぶ会
「嘉納治五郎師範 没後80年式典・偲ぶ会」が行われ、東建コーポレーションから特別に制作された日本刀が公益財団法人講道館へ献納されました。

上林恒平が作刀した刀剣

大笹穂槍 銘 学古作長谷堂住恒平彫同人(蜻蛉切写し)
大笹穂槍 銘 学古作長谷堂住恒平彫同人(蜻蛉切写し)
学古作長谷堂住恒平彫同人
令和二年六月日
鑑定区分
未鑑定
刃長
43
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 長谷堂住恒平作 平成二十九年三月日
刀 銘 長谷堂住恒平作 平成二十九年三月日
長谷堂住恒平作
平成二十九年
三月日
鑑定区分
未鑑定
刃長
74.3
所蔵・伝来
東建コーポレーション →
公益財団法人
講道館 献納刀
刀 銘 露 上林恒平作
刀 銘 露 上林恒平作
露 上林恒平作
鑑定区分
未鑑定
刃長
-
所蔵・伝来
個人蔵
刀 銘 長谷堂住恒平作 平成三十年四月日
刀 銘 長谷堂住恒平作 平成三十年四月日
長谷堂住恒平作
平成三十年
四月日 優勝
全日本柔道選手権大会
鑑定区分
未鑑定
刃長
71.5
所蔵・伝来
東建コーポレーション →
個人蔵
刀 銘 羽州長谷堂住上林恒平
刀 銘 羽州長谷堂住上林恒平
長谷堂住恒平作
平成三十年
五月四日
嘉納治五郎師範没後八十周年
鑑定区分
未鑑定
刃長
70.9
所蔵・伝来
東建コーポレーション →
公益財団法人
講道館 献納刀
刀 銘 上林恒平作 平成三十年六月吉日
刀 銘 上林恒平作 平成三十年六月吉日
長谷堂住恒平作
平成三十年
六月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
71
所蔵・伝来
個人蔵
刀 銘 長谷堂住恒平作 令和元年七月吉日
刀 銘 長谷堂住恒平作 令和元年七月吉日
長谷堂住恒平作
令和元年
七月吉日
鑑定区分
未鑑定
刃長
-
所蔵・伝来
個人蔵
脇差 銘 長谷堂住恒平作 平成二十九年十二月日
脇差 銘 長谷堂住恒平作 平成二十九年十二月日
長谷堂住恒平作
平成二十九年
十二月日
鑑定区分
未鑑定
刃長
52.9
所蔵・伝来
東建コーポレーション →
公益財団法人
講道館 献納刀
脇差 銘 羽州上林恒平
脇差 銘 羽州上林恒平
長谷堂住恒平作
平成三十年
五月四日
鑑定区分
未鑑定
刃長
55.6
所蔵・伝来
東建コーポレーション →
公益財団法人
講道館 献納刀
脇差 銘 上林恒平 昭和庚申春 吉祥
脇差 銘 上林恒平 昭和庚申春 吉祥
上林恒平
昭和庚申春
吉祥
鑑定区分
未鑑定
刃長
51.6
所蔵・伝来
個人蔵 →
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
短刀 銘 長谷堂住恒平作 平成二十九年十二月日
短刀 銘 長谷堂住恒平作 平成二十九年十二月日
長谷堂住恒平作
平成二十九年
十二月日
鑑定区分
未鑑定
刃長
23.2
所蔵・伝来
東建コーポレーション →
公益財団法人
講道館 献納刀
短刀 銘 羽州上林恒平
短刀 銘 羽州上林恒平
長谷堂住恒平作
平成三十年
五月四日
鑑定区分
未鑑定
刃長
25.8
所蔵・伝来
東建コーポレーション →
公益財団法人
講道館 献納刀

上林恒平

上林恒平(本名:上林勇二)/出身:山形県をSNSでシェアする

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
無鑑査刀匠は、作家の過去における実績に基づき、特定の展覧会などで審査・鑑査を行わずに出品が認められた刀匠のことです。公益財団法人日本美術刀剣保存協会が主催する現代刀職展において複数回、特賞を受賞し、なおかつ人格が高潔であり刀匠としての腕前が認められる者にその称号が与えられるのです。こちらではこの無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「上林恒平」についてご紹介します。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード