現代刀の名工・名匠無鑑査刀匠

広木弘邦 福岡県出身

無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「広木弘邦」の生い立ちや、刀剣に関する功績、そして作刀した刀剣などについてご紹介します。
特定の展覧会や団体・個人において、過去の実績をもとに「審査・鑑査」を必要とせずに作品の出品が認められた刀匠である無鑑査刀匠。刀剣における「無鑑査」は「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」が開催するコンクールにおいて複数以上、特賞を受賞することで認定されるため、刀匠としては最高位に位置付けされます。

広木弘邦 (本名:広木順一)

広木弘邦(ひろきひろくに 本名:順一)は、刀匠・廣木国広(ひろきくにひろ)の息子として1948年(昭和23年)に福岡県で生まれました。

幼少期より父・国広から作刀指導を受けて育った弘邦は、1965年(昭和40年)、本格的に刀匠を目指すことを決意。石川県の刀匠・隅谷正峯(すみたにまさみね)に入門し、作刀を学びます。1968年(昭和43年)、文化庁より作刀承認を得た弘邦は、19歳の若さで新作名刀展へ初出品を果たし、翌々年には努力賞を受賞。1973年(昭和48年)に独立し、神奈川県厚木市に鍛冶場を開設しました。

その後、弘邦は日本刀及び刀装具の研究家であり、研師(刃物を研ぐ職人)としても活躍する池田末松(いけだすえまつ)の門下に入り、研磨について学びます。

さらに弘邦は、隕鉄(いんてつ:隕石の一種)、靖国鉄(やすくにてつ:日本軍が軍刀の材料として作り出した玉鋼)といった様々な鉄の研究にも取り組み、作刀に関する総合的な知見を深めていったのです。

こうして技術と知識を着実に高めていった弘邦は、作品展にも意欲的に出品し、新作刀展で特賞を8度受賞。1996年(平成8年)には無鑑査に認定され、現代を代表する刀匠としてその名が知られるようになります。

弘邦は、直線的な刃文である直刃(すぐは)を得意とし、備前伝山城伝相州伝などの技法を取り入れました。特に、相州伝の創始者であり鎌倉時代後期の刀匠・新藤五国光(しんとうごくにみつ)作品の写しに定評があり、備中国青江の写しは高い完成度を誇ります。

数々の名刀を生み、今後の活躍が期待されていた弘邦ですが、2013年(平成25年)、65歳で惜しまれつつこの世を去りました。

小刀百人一首小刀百人一首
広木弘邦刀匠が巧みに鏨(たがね)を使い、和歌を小刀に刻んだ百人一首をご紹介します。

広木弘邦が作刀した刀剣

大刀 銘 相模国厚木住廣木弘邦造
大刀 銘 相模国厚木住廣木弘邦造
相模国厚木住
廣木弘邦造
神宮御神宝
御太刀影打
平成二十五年
癸巳年二月日
鑑定区分
保存刀剣
刃長
78.9
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
剣 銘 以隕鉄弘邦造(広木弘邦)平成十年春
剣 銘 以隕鉄弘邦造(広木弘邦)平成十年春
以隕鉄弘邦造
平成十年春
鑑定区分
保存刀剣
刃長
49
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

広木弘邦

広木弘邦(本名:広木順一)/出身:福岡県をSNSでシェアする

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
無鑑査刀匠は、作家の過去における実績に基づき、特定の展覧会などで審査・鑑査を行わずに出品が認められた刀匠のことです。公益財団法人日本美術刀剣保存協会が主催する現代刀職展において複数回、特賞を受賞し、なおかつ人格が高潔であり刀匠としての腕前が認められる者にその称号が与えられるのです。こちらではこの無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「広木弘邦」についてご紹介します。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関する各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード