現代刀の名工・名匠無鑑査刀匠

遠藤光起 新潟県出身

無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「遠藤光起」の生い立ちや、刀剣に関する功績、そして作刀した刀剣などについてご紹介します。
特定の展覧会や団体・個人において、過去の実績をもとに「審査・鑑査」を必要とせずに作品の出品が認められた刀匠である無鑑査刀匠。刀剣における「無鑑査」は「公益財団法人日本美術刀剣保存協会」が開催するコンクールにおいて複数以上、特賞を受賞することで認定されるため、刀匠としては最高位に位置付けされます。

遠藤光起 (本名:遠藤仁作)

刀匠「遠藤光起」(えんどうみつおき 本名:仁作)は、1904年(明治37年)に新潟県で生まれました。小学校を卒業後に鍛冶職人として働き始め、独学で作刀について研究するようになります。

そして1935年(昭和10年)、仁作は上京し、刀匠であり日本刀復興運動の提唱者であった栗原彦三郎(くりはらひこさぶろう)に入門。栗原彦三郎の運営する日本刀鍛錬伝習所で刀匠としての本格的な修行を始めます。

師匠である栗原彦三郎は、仁作の技量を高く評価しており、仁作もその期待に応えるように修練を積んでいきます。数年を経て、仁作は刀匠・遠藤光起として様々な作品展に日本刀を出品するようになり、優秀賞や入選、特賞、日本刀大共進会優秀賞、日本刀展覧会特選4回、誉特選賞2回、金牌、総裁賞など多くの受賞を果たし、刀匠としての評価を高めていきます。

1939年(昭和14年)には、後鳥羽天皇700年祭奉賛会にて日本刀を奉納、1945年(昭和20年)には当時の海軍大将・山本五十六(やまもといそろく)の記念刀を鍛刀します。

その後も、伊勢神宮を始め名だたる神社仏閣に刀剣を奉納し、1981年(昭和56年)には財団法人日本美術刀剣保存協会によって無鑑査に認定されました。

光起の作風は、師匠譲りの備前伝であり、見映えのする美しい姿を特徴としています。また、地鉄が精密で美しく、いずれの作品も完成度が高い見事な仕上がりとなっています。

遠藤光起が作刀した刀剣

刀 銘 越後国光起 昭和二十年五月日
刀 銘 越後国光起 昭和二十年五月日
越後國光起
昭和二十年
五月日
鑑定区分
未鑑定
刃長
66.1
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕
刀 銘 越後国光起 昭和二十年孟夏
刀 銘 越後国光起 昭和二十年孟夏
越後國光起
昭和二十年孟夏
鑑定区分
未鑑定
刃長
68.0
所蔵・伝来
刀剣ワールド財団
〔 東建コーポレーション 〕

遠藤光起

遠藤光起(本名:遠藤仁作)/出身:新潟県をSNSでシェアする

バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」は、美術的に価値の高い刀剣や甲冑に関するコンテンツを公開しています。
無鑑査刀匠は、作家の過去における実績に基づき、特定の展覧会などで審査・鑑査を行わずに出品が認められた刀匠のことです。公益財団法人日本美術刀剣保存協会が主催する現代刀職展において複数回、特賞を受賞し、なおかつ人格が高潔であり刀匠としての腕前が認められる者にその称号が与えられるのです。こちらではこの無鑑査刀匠の称号を持つ刀工「遠藤光起」についてご紹介します。
刀剣の専門サイト・バーチャル刀剣博物館「刀剣ワールド」の掲載内容は、刀剣・甲冑の基礎知識をはじめ、日本刀の歴史や雑学、日本刀にまつわる歴史人や合戦、名刀を生み出した名工達の紹介など盛りだくさん。日本刀に関するSNS、各種アプリゲーム、刀剣・お城川柳、四文字熟語といった楽しむコンテンツも充実。刀剣や鎧兜に関する様々な情報を、あらゆる角度からバーチャルの世界でお楽しみ頂けます。

もっと見る▼
注目ワード
注目ワード